蜂に刺された時の症状と対処法

June 10 [Mon], 2013, 14:45
これからの季節、BBQやキャンプなど、外で遊ぶ機会が増えますよね。
そこで気を付けたいのが、蜂です。

今回は、蜂に刺された時の症状と対処法をご紹介します。

*症状は、刺された蜂ごとに変わってきますので、注意しましょう。

〜症状〜

・ミツバチの場合

刺された瞬間は痛みを伴いますが、痛みは徐々に治まってきます。
刺された箇所は少し赤くなって、腫れます。

・足長バチの場合

ミツバチに刺された時よりも、強い痛みがあります。
刺された箇所は、大きく赤く腫れ、重症になると、
じんましん・発熱・嘔吐などの症状がみられる場合があります。

・スズメバチの場合

刺された瞬間に激痛が走り、広範囲に赤く腫れます。
重症の場合、発熱・嘔吐・呼吸困難・肝機能障害が起こる場合があります。
アナフィラキシーショックに陥ると、命を落とす危険性も出てきます。

〜応急処置の方法〜

@すぐにその場を離れる
近くに蜂の巣がある場合が多いので、再び襲われる前に、まずはその場を離れましょう。

A安静にして局所を冷やし、様子を見る
一見大丈夫そうに見えても、1時間以内に何らかの症状がでる場合があります。
なので、激しい動きをせず、静かに様子を見ましょう。

B病院へ行く
痛みやかゆみ等、何らかの症状がある時は、
応急処置の後、すぐに病院へ行きましょう。

*よく蜂に刺されたら、アンモニアをかけるという話を聞きますが、これは間違いです!
この方法は、全く効果がない上に、皮膚炎を引き起こすこともあるので、絶対にやめましょう。

コンパス
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:古武道
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/okinawakobudou/index1_0.rdf