脱毛サロンの収益構造について

August 28 [Wed], 2013, 18:38
最近脱毛サロンが安くなったと思いませんか。数年前は、何十万円.もっとする人は100何十万円も支払って脱毛していました。

ただこの数年で状況変わってきており.多くの脱毛サロンで激安で脱毛する事が出来るようになりました。例えば、ミュゼの両わき脱毛のキャンペーンか代表的ですね。わずか数百円で、生涯同じ部位を脱毛する事が出来ます。ですから、自分が納得するまで何度でも脱毛することができる。というわけですね。

これは、非常に画期的なことで、今まで脱毛できなかった方たちを積極的に脱毛出来るようになった出来事と思います。

逆に言うとなぜこのような価格で脱毛をすることができるのかという疑問もわいてくることと思います。

これによりいくつかの説があります。単純に考えると、キャンペーンで人を集めておいてその次の本コースで利益を回収してるという説。一番手堅いと思います。ただエステサロンとしては、悩ましいこと一つあります。それは、勧誘ができないことです。後々の本コースで申し込みをあてにしている場合、それが見込めないとなるとなかなか収益構造を作り上げることが難しくなります。

ですから、脱毛サロンがとしても本コース以外での収益の回収を考えていかなければなりません。

それの目立ったパターンとしては、ミュゼのケースがあります。本コースではなく、ミュゼか製造している化粧品を販売するというパターンです。

要するに、脱毛でも肌ケアだけではなく、化粧品でも肌ケアをして行こうとという意味ですね。脱毛した後は肌がれやすい、という側面もありますから、別に悪い事ではないと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mikichamu
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/okekenon/index1_0.rdf