クオリティオブライフとスカルプケア

August 18 [Sun], 2013, 18:57

よく美容の雑誌や本には、顔が小さくなる、肌がきれいになる、ダイエットできるし、デトックスされる、免疫力アップなど、リンパ液の流れを整えればあれもこれも思い通り!という明るい謳い文句が並んでいる。

ドライスキンによるかゆみの誘因の大半は、老化による角質の細胞間脂質と皮脂の量の減衰や、洗顔料などの頻繁な洗浄に縁る皮膚のバリヤー機能の衰退によって出現します。

ネイルケア(nail care)は、手足の爪や甘皮などの手入れを指す言葉。ヘルスケア、美容、医者による医療行為、生活の質(クオリティオブライフ)の保全といった多くの活躍の場が存在し、既にネイルケアは確立された分野となっているようだ。

肌の美白指向は、1990年辺りからあっという間に女子高生などに広まったガングロなど、不自然なまでに黒く日焼けする渋谷系ギャル文化への対抗とも取れるメッセージ性が含まれているのだ。

美容外科(Cosmetic Surgery)が欠損や損壊のない健康な身体に外科的施術をおこなう美意識重視の行為であるのに、やはり安全性への意識が充分ではなかったことが大きな原因だと言われている。



ホワイトニング化粧品であることを容器パッケージなどでアピールするには、まず薬事法を取り仕切っている厚生労働省に許可されている美白の有効成分(よくあるのはアルブチン、コウジ酸の2成分)を使う必要があるそうだ。

美容外科医による施術を受けることについて、恥という感情を持つ患者さんも割と多いため、施術を受けた人たちの名誉及びプライバシーに損害を与えないように工夫が特に重要とされている。

ほっぺたや顔のたるみは老けて見えてしまう主因です。皮膚のハリや表情筋の老化が弛みをもたらしますが、実のところ普段おこなっているちょっとした癖も誘因に。

美容誌でリンパの滞留の代表であるかのように取り上げられている「むくみ」には大きく2種類に分けると、身体の中に隠れている病気によるむくみと、特に健康に問題のない人でも現れるむくみがあるそうだ。

美容外科というものは、要するに外科学の中の一つで、医療がメインの形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作る、surgery…外科)とは違うものである。また、整形外科とも早とちりされがちであるがこれも分野違いである。



顔などの弛みは不要な老廃物や余った脂肪が集まることで促されます。リンパ液の循環が滞ってくると色々な老廃物が溜まり、浮腫が発生したり、余分な脂肪が溜まりやすくなり、弛みへと繋がります。

医学界がQOL(生活の質)を重視する空気に包まれており、物づくりに代表される経済の熟達と医療市場の急速な拡大により、容貌を自分好みに変化させられる美容外科はここ数年最も人気のある医療分野だと言われている。

男女問わず浸透してきた頭皮ケアは別名スカルプケア(scalp care)とも名付けられているお手入れ方法です。頭皮は髪の悩みの代表である「脱毛」「薄毛」などに深く繋がると供に、顔の弛みなどにも悪影響を及ぼします。

なんとかできないものかと対策を考えてやみくもにマッサージしてしまう人もいるようですが、目の下の皮膚は薄いので、こするように強く力を入れるだけの乱暴なマッサージであれば良い効果は期待できません。

中でも22時〜深夜2時までの240分の間はお肌のゴールデンタイムと言われており、肌の生まれ変わりが一層促されます。この夜10時から深夜2時の間に眠ることが一番有効な美容術だといえるでしょう。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:HitA
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/okcalinl/index1_0.rdf