続・水槽いじり再開(置き場所編) 

May 09 [Sun], 2010, 4:14
さて、水槽の続きですが、我慢できずに熱帯魚鑑賞水槽も開封。

以前開けた熱帯魚セット(奥)の方は、カルキ抜きしたお水を入れて、循環させて水質を安定させています。
手前が鑑賞セットの方。曲げガラスで小さめ…とはいえ、私にとっては大きい感じ。
さて、ここまで来て問題がもうひとつ。

手前の鑑賞セット、ガラスで出来ている上に入れる水は9〜10リットル。
1リットル=1キロ前後、水槽自体も1キロほどはあるのを考えると、全部そろえた場合総重量は10キロ以上。
相当重い水槽となるのです。そしてこれのおき場所が問題。

画像だと、ボックスの上に置いています。ちなみにこのボックスはドンキで900円くらいで購入。
置く場所には良かったのですが、耐えられる重量が20キロまで。
隣のタンスはというと、耐えられる重量が30キロ。
置けなくはない、のですが…
ネットで調べてみると、
「20センチ程度ならタンスやボードにおいても大丈夫」
とあって安心したのですが・・・
「曲げガラスの水槽は、天板が歪むとその勢いで壊れる可能性が高い」
と見て、不安になり。



ちょっとこれでは不安なのでタンスに移してみましたが、水を入れると結構な重さになり、不安が残ったので、いったん鑑賞セットの水は抜いておき、動作確認だけして空の水槽を置いています。
丈夫な小さい机を買ってそこに置くか、タンスを補強してそこに置くか、で考え中です。
タンスの天板が厚いので駄目なことはなさそうですが、もし外出中に壊れて水漏れした場合のことを考えると、怖いですね。
これ以上収納グッズや机を増やすのも部屋が狭くなって大変なのですが…いろいろ調べて大丈夫そうなら、タンスの上でやることにします。
もしくは、ちょうどいい机が安価で見つかればいいのですが・・・
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:響の人
  • アイコン画像 誕生日:3月16日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
「何もとりえがないじゃないか」と両親に言われて数年間。
オタクの道へと足を進めていますが、まだ腐女子と呼ばれる範囲にいます。オタクになるのって勉強も必要なんですね。
最新コメント