おねがい

January 08 [Sat], 2011, 21:08
無理なことは願ったりしないから、どうか気持ちを真っ暗にするのだけはやめてくれないかしら。

自分と付き合っていくのがつらい。


こんなにすぐ暗くなってどんな活動もできなくなって、迷惑してる。

早く断ち切りたいのに、目の前にある仕事をバリバリこなしていきたいのに、なんだか、気がものすごく重くなってしまう。


今回の原因はそう、友達にやってって言われた恋愛診断。

本当に当たっているなあって思って、これからの人生に一抹どころでない不安を覚えた。

これから健全な人間関係を築いていけないんじゃないかって。

社会からものすごく断絶したところで細々と生きていかなければならないのかって。


でも、独身を貫くんだろうし。その準備はしていると思うわ。

悪くないんじゃないか、そうやって生きていくのも。そういう人だって、いるよ。すべての人が同じような生活をしていたら、今私が勉強してきていることの意味すらなくなってしまう。多様性があるからこそ、種々の問題が発生して、それをどうクリアしていくかが課題なんだから。

間違ってない、とは思わないけど、それでも生きていかなきゃいけないんだ。

お母さん、こんなふうになっちゃって、ごめんね。

ふつうに友達と仲良くなって、ふつうに恋して、ふつうに付き合って、ふつうに結婚するっていう規格から、外れて。お母さんが悪いわけじゃないの。私がふつうになれないの。どこでまちがっちゃったんだろう。でも絶対、おかあさんのせいじゃないよ。本当に、そんなこと、気に揉まないで。わたしがずっと独善的で意味不明な正義感に駆られてきただけなの。どこから湧き出てきたんだろう、忌々しくてどうしようもない。

それでもわたしのこと気にかけてくれた人もいたから、幸せだったんだよ。気づかなかった、何人もの先生が心配してくれてたんだね。わたし、ただのお小言だと思って、反発しちゃったときもあった。ごめんなさい。ありがとう。期待に応えたかった。いえ、期待に応えたい。女性として、は無理かもしれないけど、人間として、人の役に立つとか、社会の役に立つとか、そういう活動を通してわたしをすこしでも応援してくれた人、心配してくれた人、変えてくれた人に報いたい。

女性として欠陥があるとして、またもしかして人間的にも他者との関係をうまく築けないっていう欠落はあるとしても、それでもわたしが努力して何かのためになろうとするのはわたしの自由だし、誰の邪魔にもなってないよね。

そうだ。きっとそう。みんな、孤独を抱えて生きてきてる。わたしはその大きさや重さを、人以上に意識してしまっているだけなのかもしれん。ひとりでへばっちゃって、誰もたすけてくれないよ。自分で起き上がるしかないんだから。体力だけは自信があるんでしょう。もうすこしがんばってみないか。

きっとその先には何かうつくしいものがあって、もうすこしおおきなきもちでわたしは人を受け入れられるんだと思う。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:okayes
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/okayes/index1_0.rdf