DVD 先行予約のお知らせ。 

October 01 [Sun], 2017, 12:10
身体の景色vol.10「焼け跡のエレクトラ」がDVDになります。
先行予約を承らせて頂きますのでご案内申し上げます。

「焼け跡のエレクトラ」DVDを、2017.10.1(日) 2,800円にて発売させて頂きます。
尚、本日(2017.6.8)より2017.9.8までにDVDをご予約頂きました方には、2,000円にて販売させて頂きます。
ザムザ阿佐谷での本番をお見逃しの皆様、本番を御覧頂きもう一度あの場面を観たいとお思いの皆様、これを機会にご予約頂ければ幸いに存じます。

以下詳細です。

ーーーーー
【DVD/焼け跡のエレクトラ】

身体の景色は「静寂・簡素・余白」を、また「足・丹田・呼吸」の調和を、それぞれ大切にし作品を作って参りました。
呼吸交わり自然と繋がりゆく目には見えない流れを便宜上「息のドラマ」と呼んでおります。
この豊かさは、速度と数字が至上となった現代、急速に失われつつあり、僕らの仕事は時代と逆行していると言えましょう。
しかし僕は速度と数字が極まったその果てにオソロシイ虚しさを見ます。
僕らの活動が微力ながらもひとつのブレーキとなり、現代を視る新たな眼差しとなることができれば、そんなことを夢想し、稽古に励んで参りました。

「焼け跡のエレクトラ」では旗揚げ以来培って参りました息のドラマを絵筆に、昭和を生きたひとりの少女の記憶と妄想を紡いでおります。
憎悪せずにはいられぬ悲哀、その宿命に、
2000年の時を越え僕らの体内に生き続けるエレクトラの血に、目を凝らしました。
旗揚げ10年の集大成、是非皆々様のお手元にこの一枚を。

ご予約を心よりお待ち申し上げます。
何卒よろしくお願い申し上げます。


【先行予約】
@お名前(漢字/カナ)
A住所
B枚数
以上三点を下記アドレスにお送りくださいませ。
追ってお振込口座等詳細を返信させて頂きます。

karada07●gmail.com
※●に@をお入れ下さい。

☆先行予約は、2017.9.8までとなります。
☆お振込手数料はお客様のご負担となります。
☆このページをツイッター、フェイスブック等でご紹介頂ければ幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。
ーーーーーーーーーーー
身体の景色 Vol.10
『焼け跡のエレクトラ』

昭和二十七年 初秋。
東京郊外で一軒の家屋が全焼した。
焼け跡から、絞殺された母親の遺体と、その娘とみられる少女の遺体が発見された。
母の虐待に耐えかねた娘が火を放ったこの事件の向こうにはもう一つ根深い歪みが横たわる。

娘は、帰還した弟オレステスが母を殺害し自分を救ってくれると信じていた。
居るはずのない弟の帰りを待ちわびながら、
少女の幻は、やがて少女自身をも食い破り現実を越えてゆく。

炎に包まれた四畳半で、焼け焦げた母の死体を静かに見詰める少女の魂。
その記憶と妄想を紡ぐ。


【出演】
大久保美智子(山の手事情社) タカハシ佳 佐藤祐香 古木杏子(劇団キンダースペース)
牧野隆二(SPAC) 橋口久男 森下高志(劇団キンダースペース) オカノイタル

【演奏/唱】
馬渕格 堀暁子 高橋明日香

【スタッフ】
作・演出:身体の景色 
ドラマターグ:田中圭介 
音楽:松田幹&MO 
照明:南香織(LICHT-ER)
演出補:堀暁子 
衣裳:杏子
映像撮影:森田博之

身体の景色:
2007年 プロデュースユニットとして旗揚げ。
2009年 田中圭介(演出家)・松田幹(音楽家)との共同作業を開始。
2012年 2013年 ミリャン国際演劇祭(韓国)招聘。演技賞受賞。
2014年 ソウル シェークスピア フェスティバル招聘。

オカノイタル:
鈴木忠志(演出家)に師事。「ディオニュソス」「リア王」等に出演。14カ国17都市にて公演。
2000年 フリー。原田一樹(演出家)、関美能留(演出家)、竹内登志子(振付家)等の作品に出演。
2007年 身体の景色 旗揚げ。以降構成演出を手掛ける。
2012年 ミリャン国際演劇祭にて演技賞 受賞。

お別れの中で。 

June 26 [Mon], 2017, 12:10
広間。畳。太い柱。
煙草のケムリが立ち籠める中、黒い服を着た大人たちが一様に顔を赤くし喋っている。
僕は大人たちの影にひっそりと隠れ、ひとつ向こうのテーブルにあるカリントウをどうやって取ろうか考えていた。
そのカリントウを取ることができたのか、それを食べたのか、覚えていない。
ただ、大人たちの見上げるほどに大きい背中と、煙草のケムリと、カリントウを覚えている。
40年程前のお葬式後の、記憶。

今月3つの葬儀が重なる。
厳かに、穏やかに、見送る。

死について、
生について、
考える。

一段落し親族との食事。
上記記憶がヨギル。

姪っ子や甥っ子がかしこまって僕の隣に座っている。
僕は僕が見上げていた大人になっていることを知る。

「ゆっくん、何が食べたい?取ってあげるよ」と僕。
「では、あの、唐揚げと、ポテトをお願いします」と照れながらも嬉しそうにゆっくん。

時がゆっくりと流れていることを想像する。
焼け跡のエレクトラでの妹の台詞を思い出す。

妹:「お姉様、時が流れるなんて、まるで嘘のようですね」

2017年06月22日のつぶやき 

June 23 [Fri], 2017, 0:00
  • 時にはこちらのツイートも。「焼け跡のエレクトラ」がDVDになります。料金のお得な先行予約がございます。お気軽にお問合せ下さいませ。詳細はこちらからー。https://t.co/wsejZ17CRf Posted at 07:04 PM
  • 時にはこちらもツイートを。ハムレットマシーン出演者オーディション、エントリーは今月末まで。お気軽にお問合せ下さいませ。詳細はこちらからー。 https://t.co/6bFxew9JOu Posted at 12:27 PM
  • http://twitter.com/karadanokeshiki

2017年06月21日のつぶやき 

June 22 [Thu], 2017, 0:00
  • 雨雨雨。湿った風。雨宿り。オニギリを頬張る。足元が濡れる。しばし迷い、のち、傘を取りに戻る。傘をさす。歩く歩く。雨雨。エクセルシオール。カフェラテ。稽古見学の感想メール再読。言葉にすることの大切さ。班女、面白い。狂気を様式に包みつつもしかし人間臭さ、体臭が溢れる。あぁ人間…。 Posted at 03:11 PM
  • http://twitter.com/karadanokeshiki

2017年06月20日のつぶやき 

June 21 [Wed], 2017, 0:00
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:karada no keshiki
読者になる
2007年に旗揚げされた演劇のプロデュースユニット。2009年からはオカノイタル(俳優)、田中圭介(演出家)、松田幹(音楽家)との共同作業を開始。独自の“時間”と“空間”の切り取り、身体を軸とした再構成を展開。2012年 ミリャン国際演劇祭(韓国)にて演技賞を受賞。2014年 ソウル シェークスピア フェスティバルへ招聘。
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる