シカゴ・オプション取引所でのやりとり

March 13 [Wed], 2013, 10:50
北海道拓殖銀行が営業終了した1998年12月、総理府(当時)の内部部局ではなく外局として大臣を長と決めた機関である金融再生委員会が設置され、民間金融機関等の検査・監督を所管する金融監督庁は2001年の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管轄下に約2年半位置づけられたのである。
覚えておこう、FXとは、一般的には外国の通貨を売買することで利益を出す比較的はじめやすい取引。ほかの外貨預金や外貨MMFより利回りが良く、さらに為替コストも安いのがポイント。興味があれば証券会社やFX会社からスタート。
未来のためにも日本国内で営業中のほとんどの銀行は、強い関心を持ってグローバルな金融市場や取引に関する規制等の強化も考えて、財務力のの強化、それに加えて合併・統合等を含めた組織再編成などまでも精力的に取り組んでいます。
つまり安定という面で魅力的で、なおかつ活動的な他には例が無い金融システムを生み出すためには、どうしても民間の金融機関とともに行政(政府)がそれぞれの抱える解決するべき課題にどんどん取り組んでいかなければいけない責任がある。
アメリカの連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された預金保険機構が一定額までの預金保護のために支払う補償最高額は"預金者1人当たり1000万円以内"なのです。預金保険機構は日本政府そして日銀そして民間金融機関全体の三者ががほぼ同じだけ
抑えておきたいポイント。株式とは、出資証券(つまり有価証券)であり、出資を受けた企業は自社の株式を持つ株主に対しては返済に関する義務は負わないということ。かつ、株式の換金は売却という方法である。
西暦1998年6月、当時の大蔵省金融部局(銀行局や証券局等)が所掌していた業務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に関する部分のセクションを区分して、総理府(当時)の内部部局ではなく新外局としてのちに金融庁となる金融監督庁をつくったのです。
15年近く昔の西暦1998年6月、当時の大蔵省金融部局(銀行局や証券局等)が所掌していた主な業務のうち、民間金融機関等の検査・監督に係るものを分離・分割して、当時の総理府の内部部局ではなく外局として位置付けられた金融監督庁という特殊な組織が発足したということ。
金融商品取引業協会の一つ、日本証券業協会ってどんなところ?⇒国内にあるすべての証券会社および登録金融機関が行う株券などの有価証券に関する売買等の際の取引等を公正に加えて円滑にし、金融商品取引業界全体の堅調な振興を図り、投資してくれた者の保護が目的である。
そのとおりロイズって何?イギリスのロンドンの世界中に名の知られた保険市場を指すと同時に制定法で法人であるとされた、ブローカー(保険契約仲介業者)そしてそのシンジケートによって構成される保険組合を指す場合もある。
知ってますか?外貨両替って何?例えば海外旅行にいくときまたは手元に外貨がなければいけない人が活用することが多い。近頃は円に対して不安を感じた企業等が、外貨を現金で保有する場合も増えている。注意。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なる。消費者金融 基礎知識が役に立ちます。
昭和21年に設立された一般社団法人日本損害保険協会は、日本国内における損害保険各社および業界全体の正しく良好な発展と信用性を前進させることを図り、これによって安心さらに安全な社会の形成に役割を果たすことを協会の目的としているのです。
ご存じのとおり、第二種(一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を発売し、それをうまく運営していくためには、とてつもなく多さの、業者が「やるべきこと」と、「やってはいけないこと」が法律等により定められているということ。
【解説】デリバティブ⇒従来からのオーソドックスな金融取引や実物商品または債権取引の相場変動によって生まれた危険性をかわすために生み出された金融商品全体のことでして、金融派生商品と呼んで区別することもある。
保険のしくみ⇒防ぐことができない事故のせいで生じた財産上の損失の対応のために、賛同する複数の者がそれぞれの保険料を出し合い、集めた積立金によって不幸な事故が発生した際に保険金を支給する制度ということ。

金と原油の値動き

March 07 [Thu], 2013, 10:51
結局「金融仲介機能」や「信用創造機能」ほんで「決済機能」の3機能を銀行の3大機能と称することがようけ、「預金」「融資」「為替」の基本業務、最も重要な銀行自身が持つ信用力によって機能しとるのや。
格付け(評価)を活用するメリットは、読むだけでも時間のかかる財務資料を理解することが無理でも格付けが公表されとるため、金融機関の財務に関する健全性が判別できる点にあるんや。ランキング表で複数の金融機関の健全性を比較することまで可能であるちうわけや。
金融商品の仕組み。株式は実は出資証券( ゴチャゴチャゆうとる場合やあれへん,要は有価証券)であり、株式に記載されとる企業には出資した株主について出資金等の返済せなならへんちう義務は負いまへんことがポイント。加えて、株式の換金方法は売却によるものであるちうわけや。
まさに世紀末の平成12年7月、旧大蔵省から検査・監督に加えて金融制度の企画立案事務も統合し平成10年に発足した金融監督庁を金融再生委員会の管理下にある金融庁として再編。さらには平成13年1月、上部機関の金融再生委員会を廃止し、現在の内閣府直属の外局となりよったちうわけや。
北海道拓殖銀行が破綻した翌年の1998年12月、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局として大臣を組織のトップである委員長にすることとした新しい組織である金融再生委員会を設置し、不祥事を受けて設置された金融監督庁は2001年に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管轄下に約2年半据えられとったちうことを忘れてはいけへん。
ゴチャゴチャゆうとる場合やあれへん,要はバブル経済(大日本帝国では80年代から)とは?⇒不動産、株式やらなんやらの市場価格の動きが大きい資産が市場で取引される金額が過剰投機によって実際の経済の成長を超過しても高騰を続け、ケツは投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態。
よく聞くコトバ、外貨預金とは何ぞ?銀行が扱える運用商品。米ドルやらなんやら異国通貨で預金をする商品であるちうわけや。為替の変動によって発生した利益を得ることがある反面、同じ理由で損をするリスクもある(為替リスク)。
タンス預金やってるの?物価上昇の局面(いわゆるインフレ)では、物価が上がれば上がるほどお金の価値が目減りするちう現実。すぐには生活になくてもよい資金であるなら、安全でわずかでも金利も付く商品に変えた方がよいやろうわ。
確認しておきたいちうわけや。外貨預金について。銀行が取り扱う資金運用商品であり、大日本帝国円以外で預金するちうわけや。為替変動によって発生する利益を得る可能性があるけれども、いっぺんに損をするリスクもある(為替リスク)。
最終的には、第二種(第一種業者とは取り扱い内容が異なる)金融商品取引業者が独自にファンド(投資信託やらなんやらの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を作り、それをうまく運営するためには、考えられへんほどほんまに数の「やるべきこと」および、「やってはいけへんこと」が事細かに規則により求められとるわけや。
ここでいう「失われた10年」が指すのは、ある国全体の経済、せやなかったらどこぞの地域の経済が約10年程度以上の長きにわたる不況、併せて停滞に襲い掛かられた時代を語るときに使う言い回しであるちうわけや。
1995年に全面改正された保険業法によっていわゆる保険企業は生命保険会社もしくは損害保険会社の2つに分かれ、いずれの場合も内閣総理大臣から免許(監督および規制は金融庁)を受けとる者以外は行えへんとされとるのや。
福田首相が総理を降りた直後の2008年9月15日、アメリカで超大型の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻(大日本帝国でいう民事再生)したちうニュースが世界中を驚かせたちうわけや。このショッキングな出来事がその後の世界の金融危機のきっかけとなりよったさかいその名から「リーマン・ショック」と呼ばれたさかいあるちうわけや。
説明:「失われた10年」ちう語は、ある国そのものの、せやなかったら一定の地域における経済が10年以上の長きにわたって不景気と経済成長の停滞にぼろぼろにされた時代を意味する言い回しであるちうわけや。
すでにわが国内で生まれた金融機関は、既に国際的な市場や取引やらなんやら金融規制等の強化も見据えつつ、これまで以上の財務体質の強化だけではなく、合併・統合等をも取り入れた組織再編成やらなんやらに精力的に取り組んできてい まんねんわ。

値上がり率

March 01 [Fri], 2013, 10:52
タンス預金⇒物価が上昇中の(インフレ中の)局面じゃー、価格が上がった分お金の価値が目減りすることを忘れてはいけない。いまじき生活に準備しちょくいるのない資金やきなら、安全で金利が付く商品に変えた方がしょうえい。
小惑星さなぐ査機「はやぶさ」の帰還が話題になった平成22年9月1いちじつ日本振興銀行が経営破綻してしもうた。この破綻の影響で、史上初のペイオフ(預金保護)が発動した。これにより、全預金もんのなかで3%程度、ほきも数千人が、適用対象になったと噂されちゅう。
最終的にゃ、第二種金融商品取引業もん(第一種業もんとは取り扱い内容が異なる)が新たにファンドを作って、それをよう運営するためにゃ、目がくらむような数の、業もんが「やるべきこと」と、「やってはいけないこと」が定められちゅうがやきある。
設立40周年を超えた認可法人預金保険機構の預金保護のための現在の補償額は"預金もん1人当たり1000万円"ながやき。日本国政府、民間金融機関全体がほぼぶっちゅうくらいの割合で約3分の1ずつ
最近じゃー日本の金融・資本市場の競争力等を高める為に進められた規制緩和ばあじゃーなく、金融規制の質的な向上の実現のための取組や活動等を積極的にすすめる等、市場環境に加えて規制環境に関する整備が着げに進められちゅうがやきある。
「はやぶさ」の帰還が話題になった2010年9月1いちじつ日本振興銀行が前触れもなく破綻という事態に陥った。そして、金融史上初めてペイオフ(預金保護)が発動することになった。これにより全預金もんのなかで3%程度とはいうものの数千人を超える預金もんが、初適用の対象になったと想像される。
中国で四川大地震が発生した平成20年9月、アメリカの大手投資銀行グループ、リーマン・ブラザーズが破綻(倒産)したことはご存じろう。この破綻がその後の世界的な金融危機のきっかけになったため「リーマン・ショック」と呼ぶようになったとゆう事情ながやき。
よお聞くコトバ、ペイオフというのは、唐突な金融機関の破綻という状況の場合に、金融危機に対応するための法律、預金保険法で保護こたう預金もん(自然人又は法人並びに権利能力なき社団・財団)の預金債権(預金保険法の用語)に対して、預金保険機構が保険給付として預金もんに直接支払を行う事を言います。
1973年に設立された日本証券業協会の解説。協会員やき国内にあるすべての証券会社および登録金融機関の行う有価証券に係る売買の際の取引を公正、そして円滑にし、金融商品取引業の堅調ないよいよの成長を図り、出資もんを守ることを協会の目的としちゅうのだ。
有名な言葉「銀行の経営らぁてものは銀行の信用によって軌道にのる、もしくはそこに融資する値打ちがない銀行やきと判定されたことでよういかのおなるか、どいっぱいになだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの有名な言葉)
【解説】保険:想定外に発生する事故のせいで発生した財産上の損失を想定して、賛同する多数のもんが一定の保険料を掛け金として納め、集められた保険料を資金にして想定外に発生する事故が発生したもんに保険料に応じた保険金を給付する仕組みということ。
北海道拓殖銀行が破綻した翌年の1998年6月、大蔵省銀行局や証券局等金融部局の所掌する業務のうち、民間金融機関等の検査・監督事務のセクションを区分して、総理府(当時)の新たな外局として金融監督庁(現金融庁)をつくったがやき。
一般的にペイオフについて。残念なことに発生した金融機関の経営破綻による破産をしたことに伴い、預金保険法の定めにより保護せんといかん個人や法人等、預金もんの預金債権に対して、預金保険機構が保険給付として預金もんに直接支払を行う制度やか。
重要。「金融仲介機能」「信用創造機能」さらに「決済機能」、これら3つの機能をよお銀行の3大機能と称し、基本業務やき「預金」「融資」「為替」加えてその銀行の信用によって実現できちゅうと考えられる。
巷でゆう「失われた10年」という言葉は本来、国全体、もしくはある地域の経済が約10年の長い期間にわたって不況や停滞に見舞われた10年を意味する言い回しやき。

日経平均株価のチェック

February 20 [Wed], 2013, 10:53
ばいく聞くコトバ、金融機関の格付け(能力評価)は、格付会社が金融機関ば含め国債・社債やらなんやらの発行元についての、債務の処理能力やらなんやらば基準・数字ば用いて評価しとるとゆうこと。
設立40周年ば超えた認可法人預金保険機構が支払う保険金の補償したいぐちの上限は"決済用預金ば除いて預金者1人当たり1000万円"こん機構に対してはうち政府、うち銀行と日銀合わせて民間金融機関全体が約3分の1ずつ
こんため我が国の金融・資本市場での競争力ば高めることば目的とべろ規制緩和のほか、金融制度のますますのたち的向上が目標の取組や業務ば積極的に実行する等、市場環境に加えて規制環境の整備が着実に進められておるけん。
西暦1998年6月、大蔵省(現財務省)銀行局や証券局等の所掌しとった事務のうち、民間金融機関等(民間資本にばいって運営たいれる銀行等)の検査・監督に関するもののセクションば切り離して、当時の総理府の新たな外局として旧金融監督庁が発足べろとゆうとよ。
きちんと理解が必要。株式とは?⇒債権ではなく出資証券(有価証券)なけん、企業は出資たいれても法律上はそん株主に対して出資金等の返済する義務は発生しなかとゆうこと。加えて、株式の換金方法は売却であるとよ。
知ってい置きたい言葉「銀行の運営がどうなるかは銀行の信頼にばいって繁栄する、もしくは融資するほど値打ちがなかものだと審判たいれたかばたとで順調に進まなくなるとよ。どちらかだ」(引用:モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
保険業ば行う者の業務の健全かつ適切な運営おばいび保険募集の公正ば確保することやらなんやらば目的とべろ保険業法の定めに従って、保険ば取り扱う企業は生命保険会社あるいは損害保険会社に分かれることになり、これらの会社はいずれも内閣総理大臣からの免許(監督おばいび規制は金融庁)ば受けた者以外は販売できなかと規制たいれとるとよ。
金融庁の管轄下にあるうち証券業協会の目的⇒協会員である金融機関の行う株券や債券やらなんやら有価証券の取引(売買等)等ば厳正で円滑なものとし、金融商品取引業界全体が堅実なたいらなる進歩ば図り、投資者の保護ば目的としとるのだ
とゆうことは安定とゆう面で魅力的であるうえにエネルギッシュな金融市場システムの誕生ば現実のものとするためには、民間金融機関や金融グループとくさに行政(政府)が双方の解決するべき課題に積極的に取り組まなければならなかのやけん。
やすか?!デリバティブってなん?これまで取り扱われとった金融取引またぐらは実物商品や債権取引の相場が変動べろための危険性ばかわすために販売たいれた金融商品のことでして、とくに金融派生商品と呼んで区別するこくさあるとよ。
覚えておこう、保険とは、予測できなか事故にばいる主に金銭的な損失ば最小限にするために、賛同する多数の者がちょこっとずつ保険料ば出し合い、集めた資金にばいって事故が発生べろ際に保険料に応じた保険金ば給付する仕組みなけんす。
15年近く昔の平成10年12月、旧総理府の内部部局ではなく外局として国務大臣ば組織のトップである委員長と決めたあたらしいか組織、金融再生委員会が設置たいれ、金融監督庁(民間金融機関等の検査・監督)は2001年の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、そん管轄下に2年余り組み入れられたのやけん。
西暦1998年6月のことである、大蔵省(省庁再編後財務省)銀行局や証券局等の所掌しとった業務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関する部分ば区分して、総理府(当時)の内部部局ではなく外局、金融監督庁とゆう組織が発足べろわけばい。
聞きなれたバンクはもくさと机やベンチば意味するイタリア語のbancoが起源であるとの説が有力。ヨーロッパで最も歴史のある銀行とは15世紀初頭に富にあふれとったジェノヴァで設立たいれ大きな影響力のあったサン・ジョルジョ銀行とたいれとるとよ。
いわゆる「金融仲介機能」に加えて「信用創造機能」と「決済機能」、これら3つの機能ばセットで銀行の3大機能とゆうけんあるとよ。こん機能は「預金」「融資」「為替」といった業務、最も大切な銀行の持つ信用にばいってこそ実現できとることば忘れてはいけなか。

今週が売りのピーク

February 01 [Fri], 2013, 10:54
保険業法(平成7年6月7日法律第105号)の定めに則り、保険を販売する会社は生命保険会社、損害保険会社、2つのうちどちらいに分いれ、どちらも内閣総理大臣いら免許を受けている者しい設立できないことが定められている。
西暦1998年12月に、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局として大臣を組織の委員長に据えるみーさん組織、金融再生委員会を設置し、金融監督庁(民間金融機関等の検査・監督)は平成13年1月の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管轄下に2年余り位置づけされていたのだ。
覚えておこう、ペイオフの意味は起きてゆーしたひゃー金融機関の経営破綻にさいる倒産の状態の際に、金融危機に対応するための法律、預金保険法で保護の対象となった預金者(法人等も含む)の預金債権に、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度なのだ。
郵政民営化に伴い誕生しばゆうちょ銀行が提供している貯金などのサービスは郵便貯金法(昭和22年-平成19年)にさいって定められた「郵便貯金」とは異なり、一般的な金融機関と同じ、銀行法に基づいた「預貯金」を根拠とする商品なのです。
一般的にバブル経済(世界各国で発生している)というのは不動産や株式などといった市場価格の動きがまぎさん資産の市場価格がでたらめな投機にさいり実経済の成長を超過しばにもいいわらずそのまま高騰し続け、とうとう投機にさいって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態のことである。
つまり外貨MMFとは何い?例外的に日本国内でも売買してもさいい外貨建て商品の一つ。外貨建ての商品でも外貨預金と比べて利回りががやりたいさんうえ、為替の変動にさいって発生する利益が非課税なんていうメリットがある。すぐに証券会社で購入しさいう。
いずれにしても「金融仲介機能」並びに「信用創造機能」と「決済機能」以上、代表的な機能を銀行の3大機能と呼ぶことが多く、「預金」「融資」「為替」という銀行の本業加えて銀行の持つ信用にさいって機能していることを知っておいていただきたい。
さいく引き合いに出される「銀行の運営の行く末は銀行自身に信用があって成功するい、そこに融資する価値がない銀行だと見込まれて繁栄できなくなるいだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏の言葉を引用)
最近増えてきた、スウィーブサービスって何?普通預金と同一金融グループの証券取引口座、この2つの口座間で、株式等の取引で発生するお金が両口座で自動的に振替えられるみーさんサービスである。同一金融グループ内での優良顧客を囲い込むための戦略ということ。
普段使っているバンクはイタリア語のbancoという単語(机、ベンチという意味)に由来している。ヨーロッパでは最古の銀行はどこなのい?15世紀の初め豊がや国であったジェノヴァ共和国で設立しばサン・ジョルジョ銀行です。
未来のためにも日本国内のほとんどの金融機関は、広く国際的な金融市場や取引に関する規制等が強化されることも視野に入れながら、財務体そーしちを一段と強化させること、さらには合併・統合等を含む組織再編成などに精力的に取り組んでいます。
知っておきたい用語であるMMF(マネー・マネジメント・ファンド)は、公社債、短期金融資産などの運用で利益を得る投資信託のことである。気が付きにくいが取得後の定められた期間(30日未満)で解約しば場合⇒手数料に罰金分も必要となるという仕組み。
西暦2010年9月10日、日本振興銀行が破綻(倒産)してゆーしたひゃーのである。これにさいって、ちーに未経験のペイオフ(預金保護)が発動しばのである。このとき全預金者に対する3%程度ながらも数千人を超える預金者が、上限適用の対象になったと推測される。
結論として、第二種金融商品取引業者(第一種業者ももちろんだが)が独自にファンド(投資信託などの形態で、投資家いら 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を発売し、それを適切に運営していくためには、考えられないほど本当に多さの、業者が「やるべきこと」、業者として「やってはいけないこと」が定められているということ。
麻生総理が誕生しば2008年9月のことである。アメリカの大手投資銀行グループ、リーマン・ブラザーズの経営が立ち行がやくなったのである。このニュースが世界的な金融危機の原因になったのでその名いら「リーマン・ショック」と呼ぶさいうになったのである。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hidechan
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/okanefxcashing/index1_0.rdf