今、あなたがセレブになるための二大稼ぎ方 

August 18 [Mon], 2008, 15:01
アフィリエイト



Webサイトやメールマガジン、ブログを通して企業サイトへ通じるリンクを張り、訪問者がそのリンクを経由して当該企業のサイトで会員登録、商品を購入、資料請求したり、または広告をクリックすると、リンク元サイトの主催者(サイト管理者)に報酬が支払われるという広告手法です。

そのリンクはアフィリエイト用リンクを集めているアフィリエイトサイトから取得でき、報酬もここを通じて支払われます。
 


こんな感じで簡単に説明してみましたが、日々お小遣い程度にサイトの中で美容品などを宣伝する程度のもの >>>月数千円〜2、3万 から、

継続的に行いサイトの質を高めて、売れやすい、あるいは報酬がいいものを宣伝する人 >>>月10万〜 

本格的に高い報酬のもの(情報商材や口座開設など)を宣伝し、
さらに独自に売上方法を生み出したり入手したりして >>>月100万〜

稼いでいる人も現実にいます。



具体的には、いかにしてサイト訪問者を増やしたり、サイトを有名にしたり、購買意欲をいかき立たせるたたきだせるかが重要ということです。

それはパソコンの知識やテクニックよりも、そのためのどんな情報を手に入れて、それにそってがんばるかのほうがよほど重要なのです。

その意味では、パソコン初心者でも基本の動作(コピー&貼り付けやメール送受信)が分かる程度で、月100万〜目指すことも集中と継続しだいで可能なのです。

そういった情報も含め、ネットで稼ぐための情報を、詐欺に近いものから(こういうのが多いんですが・・・)、大変参考になる優良情報まで下記サイトで私独自の判断で評価しておりますので、ご気軽にご訪問ください。

9割は無料の情報を公開しております!!
     
        >>>さあ、ここに入ってまず稼ぎ方を見てみましょう!!



   
            ↓         ↓         ↓
           
              なんかやる気わかないな...        

            ↓         ↓         ↓
 

FX



今、FX(外国為替証拠金取引)でひそかに稼いでいる主婦がけっこう増えているようです...


外貨預金の場合は、たとえば100万円を×▽銀行の口座に預けますと、100万円分のドルを買う事が出来ます。つまり、日本にいながらドルの口座を持ち、値動きの変動を待つのですね。
そうして、1ドル110円だったものが、無事、1ドル111円になりましたら、そこでドルを売ります。こうして差額の1ドル分(1%程度)の利益が生まれるという仕組みです。



一方でFXの場合はまずB証券に5万円を預けます。すると、その5万円は担保として別に保管され、あなたには○○証券から「100万円の取引を行う権利」が与えられるのです。そうして、100万円の範囲内で、円とドルの売買を行う事が出来ます。    


つまり、外貨預金の貯蓄性は無いのですが投資法として非常に気軽に始められるシステムなのです。


なんだか難しそうですね^_^;
私も一応FXについての情報商材を読んだことがあるのですが、意外と基本知識が少なく手もできるようで、一番のコツはグラフの動きをしっかり注目することのようです。
  

もっと詳しく知って片手間で稼いでみたい!! という方はまず↓のサイトで資料請求(無料)したり、口座の比較などを行ってみるといいでしょう。
はじめは新しく口座を作るみたいな感覚で5〜10万円程度預けるのが妥当でしょう。
やめたければ、すぐに引き出せばいいわけですからw

まずは資料請求&口座比較でFXを知りましょう♪

外為どっとコム    

短期売買の鉄則    >>>著名人が書いたもので、有料ですが大変勉強になりました!!


↓にいくらかFX口座の開設サイト(ほとんど無料)もありますので、現在の資産の一部を2倍、4倍、OO倍・・ と増やすのにチャレンジしてみては?  
ただしもちろん慎重にやってくださいね。
損する可能性がある時はやらない」で、コツコツと増やすのがいいみたいです。

さあ、口座の開設です♪   一つにつき約10分!

FXプライム    >>>有名どころ

外貨ダイレクト

FROM EAST

FX ZERO



 
他で出回っているネットで稼ぐ情報は、>>>コチラ で勝手に評価させていただいております。
               ぜひご訪問ください⌒m(__)m
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:媒介的監査師#129号
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる