ナチスの恐ろしいレニングラード包囲戦を振り返ろう。現在と当時の街の様子が一…
2012.01.26 [Thu] 00:03

ナチスの恐ろしいレニングラード包囲戦を振り返ろう。現在と当時の街の様子が一度に見てとれる写真たち(ギズモード・ジャパン)
セルゲイと界大戦時については、内容の事を知ってみたい。

【PR】 ちょっと現金が必要だけど持ち合わせがないなど困ったらショッピング枠 換金!クレジットカードのキャッシング枠が無くても、ショッピング枠の現金化で現金をお手元に。カード枠で現金化 - カード現金化 口コミ来店不要で利用の出来る、お財布のピンチに強い味方!
ショッピング枠 現金化[注]記事の著作権は配信元に帰属します。以下より引用。


言葉を失います。

写真家セルゲイ・ラレンコフ(Sergey Larenkov)さんが自身の新しい作品を公開しました。彼は、一枚の写真上に同じ街の第二次世界大戦時と現在の様子をPhotoshopで加工したものを並べる、というユニークな作風で知られています。そんな彼の新作はナチスによる「レニングラード包囲戦」にフォーカスがあてられています。
【写真付き記事】
ここでレニングラード包囲戦について少し説明しておきたいと思います。

レニングラード包囲戦は、ナチス軍が1941年9月8日から1944年1月18日までの872日もの間、レニングラード(現サンクトペテルブルク)を包囲し、それによって150万人ものソ連軍とレニングラード市民が犠牲になったと言われている悲惨極まりない戦闘でした。
そんな大勢の犠牲者を出していたソ連軍は1943年1月12日に決死の反攻作戦(Operation Iskra)を決行します。そして1月18日には、完全に周囲からシ…
続きを読む
[広告]クレジットの現金化|全国どこからでもお申込み・面倒な手続き無し・即日現金をお振り込み!カード換金早急にお金が必要な時にはカードの換金 - カードの現金化