移動のしくみ 

2005年12月13日(火) 15時15分
移動のしくみはいろいろ
全ての方向に移動することもできる

こんなサイトも参考になるかも
ブロックで作ったものもある
NHKロボコン2001
中学生のサイト
こちらはテクニックを紹介


市販されているものもある

ひねもすとブロック 

2005年12月10日(土) 9時33分
「ひねもす」とコラボレーション

ひねもすも紙なのでこんな感じでとめられます。

離れたところに回転を伝える 

2005年12月10日(土) 9時16分
とある本にはいろいろなテクニックが載っています。
それをそのまま使っても良いでしょうが、自分なりにアレンジすることも楽しいですよ。

そんでもってちょっとアレンジしてみました。

これはモーターからはなれた場所に回転を伝える方法のいくつかです。
他にも素材があるので、チャレンジしてみては?

ゴム素材を使って

ユニバーサルジョイントを使って


それなりの構造で

こんな感じでつないでいる

あとはとある本に書いてある通りにギアなどは組み合わせています。

※他にもいろいろあると思うのでどれが最適なのかを実験してみよう!

タイヤの付け方で動きを作る 

2005年12月10日(土) 9時09分
タイヤの付け方を工夫して
歩くモデルを作ってみましょう。

材料は特別ありません。


まずはこんなところにつけてみると・・・

左右に体を揺らしながら歩きます。


さらにこんなところにつけてみると・・・
前後左右に動きまーす。かなりリアル!!!


ただし、その場で回転させることはできませんが、カーブはできマース。
AモーターをとめてCモーターを動かすと左にカーブしますよ。
結構いけてるー!!!

※付け方や付ける場所はいろいろあるので、試してみよう!
 楽しいダンスができるかも!

動かすしくみまとめ 

2005年12月08日(木) 22時13分
12月8日アップ分について少々まとめ。

足が動いているように見せる方法と紹介していますが、
もちろん「例えば足が・・・」ということです。

ですから、
「車輪が回る→それを利用して他も動かすことができる」
ということですから、足に限った話ではありません。
例)手を上下に動かしながら走る


さらには車輪の数だけ動かすことができるので、
例)4輪タイプなら4つを同時に動かすことができる。
  足2本+首+尻尾
  腕2本+足2本
  前羽2枚+後羽2枚
例)6輪タイプなら6つを同時に動かすことができる。
  足2本+腕2本+首+尻尾

まずはいろいろと挑戦してみてください。

ただ、これだけ忘れないでください。
同時に複数の動きをさせるということはそれだけのパワーが必要になります。
もし、パワーが小さいようならボディーを軽くすることが必要になります。

最も簡単な足 

2005年12月08日(木) 22時08分
車輪に足を付ける方法が最も簡単!

@材料はこれだけ。


A上がって

B下がって


※これは2足歩行でも4足歩行でも大丈夫!

羽ばたく 

2005年12月08日(木) 15時15分
今度は羽に応用してみよう!

こんな感じで


上げて

下げて


※こんな感じで走りながら○○するということは結構簡単らしい。
 ちなみにこれらはすべて「てこのしくみ」を利用しているんだ!
 すごい!と思ったら、自分でも調べてみよう!
 図書館の工作の本などもヒントになるよ!!!

 

2005年12月08日(木) 15時11分
1つで2つの動きを作る

足で使ったテクニックを応用してみよう。

まずは首から。
今回は黒い軸ではなくて、やわらかいビニール素材を使いました。
こちらは自由度が高いので、制作しやすいかも。
※上げて

※下げて


首の部分はこんな感じ


※他にも応用できるので挑戦してみよう!

足A 

2005年12月08日(木) 15時07分
1つで2つの動きを作る
@しくみ

A実物


※下の部分。

※全体の骨格


※いろいろ工夫してみよう!

足@ 

2005年12月08日(木) 15時00分
1つで2つの動きを作る
@しくみ

A実物


※下の部分。ただ、つないだだけです。

※上のほうもこんな感じです。


※つなぎ方は他にもあります。
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:okachan
読者になる
Yapme!一覧
読者になる