落ち着いて! 

2006年06月21日(水) 12時16分
予想通りというか、我々も長男の時は同じだったので偉そうなことは言えないが、お教室の営業トークが炸裂していますよ。夏休みの講習の。
「お受験パパ(仮名)さん、夏の講習のお申し込みがまだですけれど?」
「あ、今年は後半だけで結構ですので。」
「でもペーパー対策が・・・」
「いや、家族で海に行くもんで。」
「・・・・・・」
長男の時にいろいろ見てきましたから、知ってるんです。ウロタエてる家庭は、(我が家も含めて)例外なく結果が悪い。一方で、ドッシリ構えていた家庭は例外なく結果が良い。
この『ウロタエ』を解消するために家庭は講座を申し込む。お教室は、この『ウロタエ』に漬け込んでお金に換える。乱暴な言い方をすればこんな感じです。
ウロタエてちゃダメです。良いことひとつもないですよ。お金は毟られる、結果は悪くなる。ドッシリ行きましょうよ。
特にね、旦那さんが面接の時に震え上がってるようなところは絶対にダメです。ガツンと一発かましてやるくらいの方がいい。尊大な態度でなければね。これって社会でも同じですね。
でも、そのためには準備はして置いた方がいいですね。考えた事もないこと答えられないですから。
本屋さんに行けば、過去問売ってますよ。お教室で模擬面接なんて1万円も払っても意味ないですって。お父さんの方がよっぽど社会的に見てまともなんですから。
ハッキリ言えるのは親のゆとりが合否を左右するってことです。子供にも伝染しますからね。
未熟な僕は『落ち着いて』って自分自身にも言い聞かせているところでもあります。

お受験ジャーナリスト? 

2006年06月20日(火) 23時13分
多分、同じ感想をお持ちの方も多いんだろうけれど、自称お受験ジャーナリストの某の話。
女性はこの手の人を許容できるんですか?この人のプロフィール見ましたか?
「ちょっと、それってキャリアになるんですか?」ってことばかり平気で並べてますよね。認定子育てアドバイザーって、事実上受講すればもらえる資格ですよね?この人の親にとって欲しかった資格だなぁ。
全部自称の資格ばっかり。子供には罪はないけれど、この人の子供が同級生だとモメゴト多いだろうな。でも面白いの。この人が書いた本、結構まともなんですよ。つい買っちゃいましたよ。見直しました。
でも読後、こんな考え方の人があのプロフィールのように生きてるのに不自然さを感じましてね。あのサイトも見たことあるでしょう?『○○小学校ママに人気のスイーツ』はぁ?この手の人間が一番迷惑。「どこどこの学校は□□のスーツじゃないとダメらしいわよ。」とか自分の思い付きを伝聞形式で流布して回る。実社会にもいるよね。掻き回すだけ掻き回して責任取らないウワサ好き。
こんな人があの文章を本当に書いたのかなぁ・・・。皆までは言いませんがね。
まぁ、こんなお受験ジャーナリストのお子様がどこにご入学になるかは要注目でしょうね。

インターネットの功罪・お受験版 

2006年06月18日(日) 22時04分
前にも書きましたが、いい加減にお教室の仕組みに気付いたほうが良いですよ。不要とは言いませんが、年間に100万の単位でお金を払うようなことは有り得ない。逆にそれだけ教えてもらわないと受験できないなら、あなたには小学校受験の資質が元々無いことに気付いてください。家庭の教育指針なんて誰かに教えてもらうもののはずが無いでしょう?
足りないものを補うために行くのであって、元来は人に教えてもらう物ではない。
とにかく、インターネットの普及でいわゆるお受験業界の常識からは発想できないサービスが増えてきたのはとても良い兆候。お金と結果は比例しないですよ。何年か前の経験組みに聞いてみてください。

エスポワール
結局はお教室だったんですけれどね、このサイトのコラムやメールマガジンは保存してあります。親がテンパったりしちゃうことありますよね?その時にはこのメールマガジンを紐解きます。何を悩んでいたんだろうって冷静さを取り戻せます。業界のカラクリまで教えてくれるので、ネットの世界では敵が多いようですけれど、ポリシーに好き嫌いはあるでしょうけれど筋は通っています。私は信頼しているサイトです。

小学校受験データサポート
お受験経験者が作ったらしく、痒いところに手が届くサービス。自分専用のページで志望校を選んでおくと、自分用の予定表や志望校同士の条件比較などができる。メール配信も志望校の情報だけに限定してくれるので、ありがたいと感じるはず。特に入試日程表は素晴らしい。条件検索やマップ検索もある。せっかく良いサイトなので、デザインだけは何とかして欲しい。

一年まえ組
良くあるお受験サイトとは違う視点で私立小学校を見せてくれる異色のサイト。「お受験させるか、させないか、子供の進路を考えるサイト」と言う通り、なぜ受験するのかを考えさせてくれる。どんなコネクションなのかわからないが、いろんな小学校の校長先生のインタビューなど充実したコンテンツ。これが学校のスタイルを知る材料としては秀逸!佐々木かをりさんのコラムも勉強になることが多い。

晃華学園 

2006年06月17日(土) 22時42分
女子にはお勧めですね。カトリックでノビノビとしてる小学校はカリタスとここくらいですかね。どちらも共学で男女比も似ていますし、郊外の学校ということで校地も広くて緑豊かで。
中学から上は今非常に注目されていますけれど、小学校からの内部生はついて行けるのでしょうか?それだけは心配ですが、その懸念さえ払拭できるのであれば『女子には』良いですね。
ただ、男子には進学できる中学がない訳で、つまり中学受験が自動的に付いて来る訳です。僕は中学受験はとても良い経験だと思うんですが、私立小学校からの受験には少し問題があると思うのです。
と言うのは、中学受験の実態を知っているからで、最近は4年生から塾に行くことは珍しくないです。近所の公立に通っている子は、学校から帰って塾の宿題を済ませて塾に行けます。けれど私立小学校は多くの場合、家の近所ではないでしょう。統計では平均で50分と言うことですが、学校と家庭の往復時間は高学年になればボディーブローのように効いてきます。その時間のしわ寄せが来るのは例外なく睡眠時間です。特別な受験指導も無い晃華のような学校からの受験はハッキリ言って不利です。
女子校や男子校の小学校が少ないことからも、この時代を共学で過ごすことのメリットが窺い知れますが、女子は共学小学校の恩恵を享受しながら、男子には過酷な受験を強いるのはいかがなものかと。
せめて昔のように暁星に進めるといいんですが。もっとも今の暁星なら願い下げですかね。

東京女学館 

2006年06月16日(金) 22時20分
ねぇ、AO入試合格後辞退した受験者の推薦者をHPで晒しことは知っていますか?痴漢をした先生がいるとか、そんな話とは腐ってる部分の規模が違う話です。いや、現場の先生はまともなのかもしれない。でも理事とか経営側の人、『教育』って何ですか?
それでもこの学校の教育は捨てがたいものがありますか?
僕は何の宗教も持たないですけれどね、合格した小学校がここだけでも絶対に行かせませんね。小学校って勉強もさることながら人格教育の本当に重要な時期ですよ。価値観の基礎は小学校の高学年で、その上に載る人生観やら社会性やらは中学校くらいで身に付くものですけれどね、こんな学校の価値観に半分を支配されたらことですよ。どんな宗教であれ、学校の理念が宗教に裏打ちされている小学校であれば、ちょっと真似ができない。公立とは違う意味で社会悪だ。
家庭でいくら教えても学校で否定されていたら、ぜんぜんプラスにならないし子供も迷うでしょ。
あびる優の窃盗事件も、この学校の倫理観欠如と無関係とは思えない。

インターエデュで 

2006年06月14日(水) 20時35分
掲示板になんでも質問してくる親は、小学校受験に向いていないことを自覚した方がいいですよ。
「○○説明会には何を着ていけばいいですか?」
アホか?何でおまえの服を他人が選らばなあかんねん。井脇ノブ子みたいなピンクのスーツを勧める人が多かったら本当に着ていくのかね。違うんだよね。僕も意地悪過ぎたね。自分はこうだと思ってるんだけれど、これで良いですか?背中を押してください。って話でしょ。
僕はちょっと理由があって、インターエデュには書き込みをしないことに決めているんですが、書き込みをする人たちは今後基本的に肯定する方向でお願いします。ご親切にこうした方が良いとか言わないで下さい。甘やかすと、またアテにしますから。あの掲示板スレが多くて見難いんです。くだらない質問はスルーすべきですよ。無視。
2ちゃんねるを、汚物のように言う人がいますが僕の意見は違いますね。あれほど人間の本音が見えるところはない。言葉は悪いけれど、聞かれた相手が教えてあげたい質問には教えてあげるレス付きますよね。一方で、聞き方が悪いとか、何でも聞くなって反応は袋叩きでしょ。実社会でも本音ではそう思ってるでしょ。でも、『大人な心』が、それを抑えて返事をする。その『大人な心』っていいことなのか悪いことなのか最近自信がないんですよね。
同僚や取引先に対しても、絶対に違うって話しをされたら、薄ら笑いで受け流すのでなく、徹底的に反論したい。
「僕は自民党に投票したくせに所得税増税に文句言うヤツは許さない!」
とかね。あんたの文句はダブルバインドだよって。ズバッと言いたい。みのもんたよりもズバッと言いたい。この国の国民なんてそんなもんさ。雰囲気とかイメージで投票できる能天気な連中だ。
話が逸れたが、2ちゃんねるのように、間違いには切り込んでいくのが本当の愛情なのではないかと言いたいのですわ。
この手の教えてちゃん甘やかすと、何でも聞きますからね。誰か僕の代わりにズバッと言ってくださいよ。

説明会の子連れ論争 

2006年06月13日(火) 21時54分
とある教育掲示板で、学校説明会に未就学児を連れて行くことの可否で大論争になっている。
僕は個人的には周りの迷惑を考えたら自ずと答えは出るでしょうと思う。だからこの論争がこんなに長引くなんて予想してなかった。思い出しましたよ、アグネス論争。
もう30年近く日本で稼いでるはずなのに日本語の下手な不自由なアグネス・チャンが結婚して生まれた子供を職場に連れて来て、自分の仕事中は現場のスタッフに子守をさせてたって話ね。日本の倫理観からしたら、回りに迷惑をかけてまで自分の権利を主張するってのはちょっとね。履き違えてるよね。

でもあれだね、あのサイトの書き込みをしてる人たち意地悪な人が多いんだよね。ひと言言ってやらないと気が済まないって人が多いの。もう人格まで総攻撃ですよ。言論ベトナム戦争。
ところが笑っちゃうのが、自分が質問するときは敬語を必要以上にこねくり回して、中学受験でも確実にバツが付くような奇妙な文章。普段つかってない感が炸裂です。練って書ける文章がこれだけメタメタだと、面接なんて不可能だって素人の僕でも断言できる。過ぎたるは及ばざるが如し。お気を付けあそばせ。

ほとんど詐欺ですよ。 

2006年06月12日(月) 21時23分
今年もお教室の営業トークに十万単位で毟り取られて行くご家庭が津々浦々で見られることでしょう。どうしてお受験フィニッシングスクールとかないのか不思議です。
面接の答えが同じでも、佇まいと言うか雰囲気と言うかそっちをブラッシュアップした方がいんちき直前講座に何十万も払うより絶対に好結果だと思いますけれどね。まぁ、立ち居振る舞いの凛としたお教室の先生なんていないですもんね。
僕はこの2年間、お教室の人間模様を見てきて自信を持って言えることがある。僕も大した人間ではないが、お教室の先生は社会的な評価軸の中では、ぶっちゃけた話『碌なものじゃない』。父親がお教室の先生と接する時間が多ければ、これを喝破する方は多いと思う。社会経験の少ない女性とのコミュニケーションに限定されてこそ成り立ってきた側面が強いと思う。
まずね、先生の話が不可解な時にそれを質問できる人がいない。これは実社会では致命的なダメージを受ける可能性があるから、意味が理解できないまま放置するなんて事はありえない。ある程度の組織にいれば当たり前のことです。でもそれをしない。お教室はそこに漬け込んでくる。
でも実際のところどうです?お教室に行かないと不安なのはいろんな情報を得るためでしょ?まぁ、その情報の中には真実と嘘を経験に裏打ちされたミクスチャーで混ぜて煽ってる訳ですから、その中から有益な情報だけを得られればお教室なんて要らないはずなのにね。
でも、インターネットの普及によって長年続いた悪しき習慣は崩壊しますよ。この話は別の機会にしますが、目の前の先生を冷静に見てください。本当に何の能力もない。ただひとつだけ長けているのは、受験を『第三者的に』冷静に『毎年』見てきた。その経験だけは普通の保護者より多いでしょう。分かり易く言えば、2年ずつ歳が離れた子供を3人持つ母親が全員のお受験に携わった後の到達度と、経験6年のお教室の先生では例外なく前者の方が良く分かってます。合格に近い状態です。
上から下まで塾なんて碌なもんじゃないんですよ。塾の講師募集の広告見たことがありますか?めまいがすると思いますよ。
2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像通りすがり
» インターエデュで (2006年06月21日)
アイコン画像あこ
» インターエデュで (2006年06月20日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ojyuken-papa
読者になる
Yapme!一覧
読者になる