晶(あきら)と青島

November 18 [Fri], 2016, 12:17
株の売買の方法には、現物株以外にも投資方法は様々にあります。



オプションもその中の一つです。

これにはコールという買う権利と売る権利であるプットがあって、おのおのに売買ができ、この四つのパターンを組み合わせることによって、自由に投資戦法の組めるデリバディブ投資です。

とても魅力的な投資法なのですが、十分な知識がいることでもあります。

私はこの間、株を始めたばかりの初心者でございます。
株を買い、ある程度得したら、早々と売るべきなのか、それとも、長く保有した方が利益になるのかがわからなくて、今なお悩んでいます。



長く保有していると、優待によるメリットもありますから、悩ましい部分です。株を所持している場合、自らの資金への利回りを意識してしまうのではと思います。
銀行に預けたとしても利息が大してつかない現在では、債券や定期預金、国債や投資信託に比べ、良い利回りでなくては何のために投資しているのかわかりません。

十分に利回りを意識しながら投資をしていくのが重要なのです。



株のことを知らなかった人にとっては不明なことだらけと認識されているのではないでしょうか。
どこの証券会社を利用して投資を始めればいいのかなど、迷ってしまう人が大部分です。

誰しもが儲けたいと考えて株式投資を始めるわけですが、通算で利益を出せる人はわずかしかいないでしょう。
株式投資はとても魅力の強い投資の手段の一つです。

だけれど、株の売買にはいろいろな危険も持っています。株の主な危険としては、値下がり、流動性、倒産などの危険があります。株式投資は定期預金などとは別で、元本保証がありません。株の初心者は、その危うさを十分に認識して慎重に投資を行うことが重要です。

私は少し前に株を始めたばかりの初心者で、株式初心者用の本を購入し、勉強中です。勉強になる本もあれば、「おやおや?こっちの本と書かれていることが違うきがするな?」と多少疑問をもってしまうような本も読みましたが、良い箇所も悪い箇所も一切を勉強していきたいです。


上昇や下落の幅を時系列にまとめて確認するものとしてチャートを活用する投資家はけっこう多いものです。例えば、長く上髭の伸びた株のローソク足はその後は下がるのではないかと見込まれますし、ローソク足を分析することで、売買のタイミングを判断するのに役立ちます。
株式に資金を投じる世界ではテクニカル指標を使って株の投資をしている方たちが多数存在します。その結果、株式投資の初心者もテクニカル指標についてはおおまかに書籍などで学んでから株式の売買などを始めた方が、勝率が上がると思われます
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rina
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる