2015珍道中記3 暑くてクタクタのバルセロナN パッションですよパッション!・・・・・えっ?

November 07 [Sat], 2015, 8:43
まず始めに一言「間違った〜!」

サグラダ・ファミリアの入場券は数種類あって混まずに入れる事前のネット購入が大多数だそうです。もちろん行列が嫌いなおじやん一家も日本からネット予約して行きました。

その入場券予約で大失敗を既にしてしまっていたのです。その英語のサイト!で売られているチケットは数種類ありますが日本人が利用するのは主に『入場のみ』と『入場+塔に登る』の二種類です。
高いところ大好きなおじやん一家は迷うことなく塔に登る方を選択したのですが、ここから大きな間違いをしてしまったのです。

旅行雑誌やテレビの旅番組でサグラダ・ファミリアを紹介すると必ず上に登って塔から塔へと渡る橋の上からのリポートをお届けしたりしていますが、その塔の見学にはなんと二種類あったのです。メジャーで派手な正面にある『生誕の門側 Nstivity facade』と裏手にあるよく言えばモダンだけどぶっちゃけ地味な『受難の門側 Passion facade』です。テレビで紹介されているのはほぼ100%正面の生誕の門です。その塔に登って渡る橋の上からの絶景が有名なのですが生誕の門と受難の門を予約サイトで選択するさいに英語の苦手なおじやんパパはとんでもない間違い連想ゲームをしてしまったのです。

『生誕の門』 → 「明るくて幸せそうな響き」 → 「Passion facade パッションって情熱って意味だよな?」 → 「情熱ってなんて明るい響き!こっちが正面だ〜

んが!・・・違いました!裏手の受難の門側でした。なんで?なんで?情熱!のパッションなのになんで受難?なぜなんだ〜!
あまりにもショックなので「この予約サイトおかしいんじゃない?」とPassionの英訳を調べてみました。すると・・・
・情熱、熱愛、情欲、熱情、激情、熱中、熱狂・・・・・・・そして最後に「キリストの苦難」
え?!そんなのあるの?英語の授業で習ってないぞ〜!って言うか英語は大嫌いだったけどね
間違えたの自分なのにますます英語が嫌いになったおじやんパパでした。

本当はこの中央の長〜い橋のはずだったのに〜!


工事中が多い受難の門側の橋で渡れるのはこんだけ・・・。
って言うかこの長さで橋?総延長1メートルくらいかな


すでに日本出発前からこの間違いには気が付いていたのですが子供たちには「空いててゆっくり見物できる方にしたからね!」と言い張りました。
そして実際に塔に登るエレベーターの前に行くと長蛇の列・・・ではなくて並んでいるのは10人以下聖堂内の大群が信じられないような人数です!それを数人ずつエレベーターガールならぬエレベーターお兄さんが操作して上まで運んでくれました。そして人気のない塔の上でゆったりとした見物が始まったのでした



ヤプログ!PR
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:おじやん
  • 性別:男性
  • 血液型:B型
  • 現住所:新潟県
  • 職業:会社員
  • 趣味:
    ・海外旅行-ヨーロッパ大好き
読者になる
旅行から帰ってきて二ヶ月過ぎました。あ~旅行行きたい〜。もう禁断症状が出てきました
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる