歯を抜い立ところにも人工歯を装着できて便利なイ

December 26 [Mon], 2016, 20:07
歯を抜い立ところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。
ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。
最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるワケではないと言う事です。


インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。


腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラントの利用が不可能と診断されるかも知れません。高額なインプラントは、一体何年くらい持つのかというと、現状では確実な説はないでしょう。きちんとメンテナンス(こまめに行うことが状態をよく保つためには必要不可欠でしょう)を行った場合は本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期に亘って維持できるでしょうが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうと思って頂戴。


一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行ないます。

使われるのは部分麻酔で、入院して手術することはまれです。糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院して手術するケースも実際にあります。これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていって頂戴。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみでおこなう普通のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。

ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが命に関わる大事な問題です。
感染症対策について、具体的な取り組みをウェブホームページの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、あれば必ず見ておきましょう。多くの方にとって、インプラント治療を初めるとき心配なのは、費用がかさむことに尽きます。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、すべて自由診療になることが当たり前ですからインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因でおもったより費用が違うことも確かで、どの歯科医院を選ぶかによってもずいぶん費用は変わってきます。また、定期的なメンテナンス(こまめに行うことが状態をよく保つためには必要不可欠でしょう)も必要という点にも注意が必要です。

長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。



両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。



費用も見積もり(実際に行ってみると、見積もり通りにはいかないこともあるでしょう)を出してもらい、すべて自費ですが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われ立とおりだと思いました。


義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療はおわりですが、歯科医によるメンテナンス(こまめに行うことが状態をよく保つためには必要不可欠でしょう)は必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。
メンテナンス(こまめに行うことが状態をよく保つためには必要不可欠でしょう)の費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の出費は必要です。

インプラント治療を初める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は治療費を確保してから初めなければなりません。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。自費診療として初めるしかないのが高額の負担を避けられない理由です。



現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを重々承知しておいて頂戴。数々のインプラント治療の問題点について、聞いたことがあるのではないでしょうか。問題のひとつに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。それは気にしないで頂戴。

磁気を当てて画像をつくるのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。


ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。MRI検査への影響はないでしょう。代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので該当する歯の分だけ治療することになります。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘っ立ところに埋め込みます。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、色々なケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。


このため、インプラント治療を初めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、また嬉しいですね。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯は伴に、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強度を備えています。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。インプラントの特長として当然、虫歯にはなりませんが、歯周病には気をつけて頂戴。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診が必ずもとめられます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかも知れません。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察して貰わなければなりません。


人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、術後の患者さんは、ほとんどが違和感を生じるのが当たり前の反応です。腫れが引いた頃には慣れてきますので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えて頂戴。しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。



例外はありますが、インプラント治療は普通は保険適用外で、すべて自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできるでしょう。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告をするときの注意点として治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シオリ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる