がんばれ高校生! 

February 29 [Fri], 2008, 17:05
今日も高校の練習に行ってきました
今日は生徒達、いつもより気持ちが入っててラリーもねばります
あと1歩!!のところは必ず追いついてきます
週末に試合があるとやっぱり気合いが入ってくるんだな〜、でもこの調子をあと数日持続させるのが難しいかな〜なんて思っていたら、なんと明日出発、明後日は団体戦があるそうです
お〜〜〜だったらこの調子でガンガンいっちゃえ〜〜〜

彼女達には、とにかく今持ってる力を全部出し切って来い!と話しました
今回の大会は県の新人戦です
自分の力量を知り、来年の夏に花を咲かすことができるように「かがやけ!乙女たち!」

フゴッペ温泉 

February 17 [Sun], 2008, 5:12
サウナが良かった〜!(^^)

ラクダイ魔女 

February 12 [Tue], 2008, 20:34
頭に鉢巻をし、パソコンの画面を睨みつけ冷や汗を書きながら、じっと動かない童話作家のアリンがいる。原稿を取りに来ている編集の人がいらつきながら待っている。時折、腕時計を見たり、頭を抱え貧乏ゆすりをしたりする。

「先生、占め切りなんですよ。今日が!」
「知ってるわ」
「知ってたら、仕上げておいてもらわないと」
「そんなこと言われたって…」

売れっ子童話作家として沢山の読者が連載を待っているって言うのに、まったく何も浮かばない。これを、スランプって言うのだろう。

ソファーに腰掛け壁にかかった絵を見た。
それは、魔法使いの小人達が、魔法を練習しているところを人間に見付かってしまうと言う、自分の書いた童話の挿絵だった。

「魔法使いかー、魔法使いだったらスランプも何も無しで、魔法で童話も書いちゃうんだろうなぁー」

そう思った瞬間、あたりに白いモヤがかかり、何もかもが止まってしまった。
カリンは気が動転していた。
「何、何、何が起こったの?」

その時、誰かがカリンの頭をデコボコした木の根っこの杖でポカリと叩いた。
その叩き方は、愛しげに優しくポカリと叩き、カリンはそれほど痛さは感じなかった。
どこから、叩かれたのか、キョロキョロと見回すと、自分の顔の前に電話帳ほどの大きさのお爺さんが飛んでいた。

「あんた誰?」

小さなお爺さんは、三角の帽子に真っ白な髭が胸より下まで生えて、高僧の着るローブをまとっている。見覚えがあるようなないような。

「あっ」と、壁の絵を見た。そこに描かれている魔法使いの小人達の先生。自分の書いた童話の登場人物の魔法使いの老人、その人だ。

「夢でもみているんだろうか?」
カリンは頬っぺたをつねってみた。
「痛たたたーー」
「まだ、分からんのか!」
「え?」
「お前が、魔法の国から人間界に来て童話作家をしていると聞いて様子を見に来たんだ」
「???」
「記憶がないのか?ホレ!お前の記憶だ。受け取れ!」と、老人が木の根っこでできた杖をふると、その杖の先から、シャボン玉がフワフワと浮いて、カリンの方へやってくる。

「何、このシャボン玉…」
シャボン玉は、フワフワとカリンの顔の周りを行ったり来たりしているうちにパチンと割れた。

「あっ、わたしったら……」
「思い出したかね。カリン」
「プサン先生!!」

カリンは、何もかもを思い出した。
自分が魔法の修行が嫌になって、人間界で童話作家として、気楽に暮したいと人間になったことまで、全部思い出したのでした。

「相変わらずだな」

先生にそう言われると恥ずかしくて穴があったら入りたくなる。
あれもダメ、これもダメって、何もかもがダメで、魔法の修行が大変だからって、逃げ出して人間になったんだった。

「本当にダメな奴」
と、杖で頭をコンコンと突っつかれた。
プサン先生の叩き方は、ダメな子ほど可愛いと言う叩き方で、愛情が溢れていた。

「先生、どうしようー、童話作家ってのも大変だし、魔法の修行も辛いし…」
「シャボン玉にでもなってみるか?フワフワと漂っていればいいだけじゃからな」
と、カリンが「いやっ」と、言うより前にプサン先生は杖を一振りした。

カリンは、一瞬のうちにフワフワと浮かぶシャボン玉に変えられてしまった。
虹色の綺麗な模様が、キラキラと輝くシャボン玉。
でも、割れてしまったら死んでしまう。
シャボン玉と言えども、ほんとうに大変。
落ち無い様に、気も抜けない。フワフワ浮いているだけってのも、疲れる。

「先生、助けてーー、割れたら死んじゃうわ」
「世の中楽な事なんか何も無いんだじゃよ。犬も猫もネズミでさえ大変なんじゃ。星も星なりに大変なんじゃよ」
先生は、また木の根っこの杖を一振りすると、シャボン玉は元のカリンの姿に戻された。

「あぁー、元に戻って良かった」
「魔法使いに戻る気にはならんかね?」
「あわわわ、人間界で童話を頑張って書きます」
そう言うと、プサン先生はニッコリと笑ってウンウンと頷く。
それは、優しく、愛しい者を見る笑顔だった。
カリンはそのまま何かに包まれるように目をつぶった。

「先生、先生、起きてくださいよ」と、言うのはさっきまで待っていた編集の人だ。
「あれ、寝ちゃったみたい。ゴメンして」
きっと、編集の人が怒鳴りちらすものと思って、うつむきながら、編集の人を見上げた。
ところが、編集の人は怒鳴るどころか、ニコニコ顔で、カリンに言う。

「先生、なかなかこの魔法使いのお話面白いですよ」
「えっ?」
カリンは夢を見ながら、童話を一編書き終えていたようだった。
「ちょっと、それ貸して」と、編集の人が持っていたプリントアウトした原稿を奪いとり読み返した。

「これって、わたしの事…」
と、カリンは心の中で叫んでいた。
顔はもう真っ赤になって恥ずかしくてしかたがない。
原稿をビリビリに破り捨てたくなった。
でも、そうされる前に編集の人がその原稿を奪い返していた。

「ダメですよ。この原稿は編集部に持って帰るんですから」と、さっさと帰っていった。
残されたカリンはもう死んでしまいたいくらい恥ずかしかった。
「あの童話が出版されたら、わたしの恥がみんなに知らされてしまうわ」
頭を抱えるカリンであった。

魔法使いだった時の記憶が戻って魔法が使えるようになっても、やっぱり、ラクダイ魔女はラクダイ魔女でした。
「プサン先生!助けてーー」

ラクダイ魔女カリンの叫び声がコダマするだけでした。

今朝の猫たち(+・`д・。)b 

February 01 [Fri], 2008, 23:36
今朝は寒かった〜 外気温何度だっただろ?



めっちゃ寒かったです〜。  昨日の晩御飯 いも煮で、丁度2人分残ってたから



カレーうどんにして食べました♪




そろそろ冬支度(早くねぇ〜)しないとね。




今日の私の気分はこんな感じ




でわでわ、病院に行ってから仕事に行きます〜。



皆さんも体調管理大丈夫??

スコップ積むのを忘れていた。 

January 19 [Sat], 2008, 8:53
トランクルームの片付いている画像見ていたら、ふと思い出してしまった。



'''[金魚組]▼д▼)ノ  オイオイオ・・・・スコップ積んでいないじゃないか!'''



そうなんです。冬場雪国の中を闊歩しているkonsの車には、約半年、スコップ(それも普通の大きさのやつ)を常備しているのです。青森に行くときは、忘れないで積み込みしないと。。



後、冬用の装備として、牽引ロープはしっかり積まれています。

変な夢 

January 11 [Fri], 2008, 17:25
昨日はカラオケに行く約束をしていた。彼はメンバーではない。彼以外の男性4人と行くが、メンバーは私が入社以来の固定メンバーなので、気心のしれた人たち。場所が彼の乗る駅の近くだったので、ひょっとしたら会えるかなと思ったけど、彼は昨日は早めに帰宅。もっとも、別な打ち合わせがあったので、既に顔は何回か見ていた。
私の夢を見たと言う。だいたい変な夢ばかりだ。昨日の夢は私がいろんな人からキスを迫られるというもの。そんなことあるわけないのにな。でも、私もたまには彼の夢が見たいな。
今日は一緒に出席する飲み会。早めに終わってくれた会えないかなって私は期待しているんだけど、彼は全く考えていない。

見とれてしまいました。 

January 03 [Thu], 2008, 5:02
久々に天使の空見ました(*^_^*)

あまりにも綺麗すぎなので

釣りは中断!!

空を眺めながらオニギリを食べました。

ヨコハマで「沖縄時間」? 

December 18 [Tue], 2007, 8:01
先週末は横浜までイベントをみにお出かけ。
ひさしぶりに行ったなぁ。
っても、ばたばたと会場に駆けつけて、街に出たという感じでは全然ありませんでしたけども。



帰りは友達と、思ったより早い時間に終わったし、くつろいで余韻にも浸りたいし、せっかく明日はお休みだし
…と、ちょっと飲み&ご飯へ。
そのつもりもなかったので、とくにこれという思いつきもなく、
横浜駅の地下街で沖縄料理の居酒屋さんに。



あんまり沖縄のごはんを食べつけない自分のため、友達に適当にみつくろってもらいつつ…



なかなか、美味しかったのでした。
私でも好みそうなものを選んでもらったしね。
らふてーとかすーちかとかじーまみー豆腐とか、豚肉にピーナッツと、いかにも好み。
そーめんちゃんぷるーは、かつおだしでもたっぷりとって、自分でもつくってみましょう。
(作り方よくしらないけど。)



でもー、「沖縄のチヂミみたいなもの」←名前忘れた
は、納得いかなかったよ。
生焼けみたいなかんじだし、紅しょうがの味しかしないし。
これがこういうもので正しいのか、いまいち判然としないまま
粉の重さだけが、胃にもったりときたのでした。



それにしても、
軽く、といってる割にはさらにタコライスなんかも頼んでいて、
(なんだか酒をかけて、火をつけるパフォーマンスをやってくれました。ちょっとびっくり。)
炭水化物たくさんで、相変わらず、お腹いっぱいになって
ぱたぱたと帰りの電車へと走ったのでした〜



 
ここ。店の名前もわかんなかったけど(見てない)、ぐるなびにありました。

吉澤ひとみ、モー娘。辞めようとしていた…小学生に秘話語る 

December 12 [Wed], 2007, 6:49
いろいろありますね。

<SANSPO.COMより>
元モーニング娘。のリーダー、吉澤ひとみ(22)が16日、東京都世田谷区立花見堂小学校で、日本サッカー協会の教育プロジェクト「夢の教室」の教師として教壇に。5、6年生45人を前に「アイドルになじめず、グループでは自分の個性が出せなかった」とモー娘。を辞めようとした秘話などを交え、夢を持って頑張ることの大切さを熱弁。「子供たちが最後まで聴いてくれて、何かを感じてくれていたようなので、うれしい」。

今国会での政治資金規正法改正案成立へ 与野党間で国対会議開く(民主党ホームページ) 

December 07 [Fri], 2007, 2:28
今国会での政治資金規正法改正案成立へ 与野党間で国対会議開く

 山岡賢次国会対策委員長は1日午後、政治資金規正法改正案の内容を与野党で議論する「政治資金の問題に関する国会対策委員長会議」の第1回会議に臨み、会議終了後に国会内で会見した。
 
 会見の冒頭、山岡委員長は「再三協議会でないと申し上げているにもかかわらず、間違ってか、それとも意図的にか協議会と書かれるマスコミの方がいるが、あくまでも国対委員長会議である」と前置き。会議の席上でも、民主党は協議機関を設置したり、(水面下での)協議は行わないが、国対においては門戸を開き、どんな話し合いにも応じる用意があると改めて表明。同会議もその一環として呼びかけたことを各党に改めて確認した。

 山岡委員長はまた、民主党は党単独で政治資金規正法改正案を提出するべく法案づくりを進め、作成した案について与野党を回ってその内容を示してきたと、これまでの経緯を説明。民主党案に関する質疑応答の機会を各政党間で共有する機会として、同会議が開かれたことを明らかにした。

 第1回目となる今回の会議では「今国会中に結論を得る」ことで一致。5日に行われる第2回会議において民主党案に関する質疑応答を行うとともに、自民・公明両党案についても議論。共産・社民案についても提出を求め、議論していくこととなった。また、記者団からの問いに山岡委員長は「結論を得る」とは「法案の成立を目指す」ということだと明言した。

 なお、会議には実務担当者として、党政治推進改革本部(本部長・岡田克也副代表)事務局長の野田佳彦衆議院議員はじめ、尾立源幸参議院議員が同席した。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ojdlst45
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像たむら
» スコップ積むのを忘れていた。 (2008年01月26日)
アイコン画像ネオニート
» 変な夢 (2008年01月20日)
Yapme!一覧
読者になる