加齢印象を

May 20 [Mon], 2013, 10:55
加齢印象を強くする主要な理由のひとつが、歯に付着している”蓄積くすみ”です。歯の表には、目には見えないデコボコがあり、暮らしの中で茶色がかった着色や煙草の脂汚れが溜まりやすくなります。
明治の終わり頃、外国帰りの女たちが、洋風の髪、洋服、洋風に使う化粧品・美顔術などを紹介すると、これらを新しく言い表す言葉として、美容がけわいという言葉に代わって扱われ始めた。
美白(ホワイトニング)という美容法は2000年の少し前に美容家・鈴木その子の活躍とともに流行したのは記憶に新しいが、1990年代前半にはメラニンの沈着による黒ずみ対策のことばとして使われていたようだ。
歯の美容ケアが必須と思っている女性は増加しているが、実生活でおこなっている人はそんなに多くはない。その理由の中で最も多いのが、「自分だけではどのようにケアしたらよいのかよく分からないから」ということだ。
美容とは、化粧、整髪、服飾などの方法によって容貌を更に美しく装うために形作ることを指す言葉。実のところ江戸時代には化粧(けわい)と一緒の意味を持つ言葉として使われていたらしい。
昔で言う蓄膿症
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ojaifa
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ojaifa/index1_0.rdf