ヒゴンヌと外川

January 28 [Thu], 2016, 23:48

人材紹介の会社を通して満足する転職が出来た人も増えています。


自分だけで転職活動を進めるのは、気持ちの面で辛いと思うことも多いです。転職活動が長引くと、どう進めて行ったら良いのか、分からなくなることもあります。


人材紹介会社のサービスを頼れば、自分にマッチする求人情報を教えてくれたり、有効なアドバイスをくれることが期待できます。



転職の際に、次の仕事を慎重に選ぶためには、それなりに時間を必要とするでしょう。


仕事しながら次の就職先を探すとなると、転職活動に割くことのできる時間というのは少なくなるでしょう。





そこで、ぜひ活用したいのが転職情報を集めたサイトです。



転職サイトでは会員登録することによってキャリアコンサルタントという呼び名のサポートスタッフも、協力して仕事探しをサポートしてくれるのです。


転職理由は書類選考や面接の中で大変重要です。相手が納得する理由がないと低い評価になってしまうでしょう。


しかし、転職にいたった理由を聞かれてもどう答えたらいいかわからない人も多いと思います。


大半の人が履歴書に記入する際や面接で答える際に、この転職理由が苦労の元となります。





職業を変えたいと思ったときにより有利になれる資格として、社会保険労務士や公認会計士が良いとされます。


これまで築いてきた経験を使った転職活動を考えている人にもおすすめしたい資格です。




社会保険労務士という資格を持っていると、総務、人事関連の仕事に就職しやすくなりますし、公認会計士の資格を持っていれば財務関係の仕事に就職しやすくなります。


違う仕事に転職するのは困難であるというイメージが強いですが、本当のところはどうなのでしょうか?結論をいうなら、異なる業種に転職するのは簡単ではありません。



経験者と未経験者が同時に採用試験を受けに来た場合、経験者を採用するのが一般的でしょう。ただ、絶対に不可能というわけではありませんので、努力の程度によっては違う業種の会社に就職できることもあります。転職するための活動は今の職に就いている間に行い、転職先が決まってから辞職するのが理想です。退職後の方が時間の余裕がありますし、間を置かずに働き始められますが、すぐに転職先が決まらない事例もあります。職の無い期間が半年を超えてしまうと、就職先が減少していきますから、転職先のことを考えずに今の仕事を辞めないことをお勧めします。転職したいと思った場合、まずは非常に身近な存在の家族に相談する人が多いでしょう。所帯を持つ人なら、家族の誰にも伝えないままで職を変わるということは止めた方が無難です。


家族に無断で転職すると、これが原因で離婚し、家庭崩壊に至る可能性も出てくることになります。


余裕のない状況で転職活動をしてしまうと、目先のことにとらわれて、労働条件が悪くても採用されそうな仕事を選んでしまうこともあるでしょう。その結果として、これまでの仕事よりも収入が悪くなることもよくあります。これだと、一体何のために職を変えたのかわかりませんね。所得を増やしたいと思っているのなら、ゆっくり時間をかけて、仕事を探す必要があります。




転職の理由が年収アップだという方も多くおられることでしょう。



確かに、職場を変えることで年収の増加を期待できる可能性があります。でも、反対に年収の減少を招いてしまう可能性も考えられることを十分考えておきましょう。





年収のアップを成功させるためには、いかに落ち着いて高報酬の仕事を探せるかが重要となります。転職をする際に求められる資格は、専門職の他は、そんなに多くないようですが、持っている資格が有利に働くという点では、やっぱり、国家資格が有利でしょう。


また、建築や土木系では建築士のように「業務独占資格」と言われるような、その資格を所有していないと実際に働けないという仕事も多いため、狙いやすいかもしれません。どのような転職する理由がふさわしいかというと、第一に、どうしても転職しようと思った理由を振り返ってください。




考えた通りに話す必要はないので、深く考えずに、紙に書きましょう。そうしたら、今度はなるべくよいイメージを与えるように言葉の使い方を変更してください。転職理由の部分が長いと言い訳しているように受け取られるので、長くなりすぎないようにしましょう。


面接での身だしなみに関しては注意すべきことを忘れずにいましょう。




清潔感のある着こなしで面接を受けるのが大切です。緊張するだろうと思いますが、じっくりとシミュレーションしておき、面接本番に備えるようにしてください。面接で問われることは大体決められていますので、前もって答えを用意しておくことが大切です。




退職の原因が労働時間の長さである場合には「より効率の良い仕事の仕方を重視したい」、やりがいを感じる仕事と思えずに辞めた時は「環境を変え、新しい自分を発見したい」と表現すると悪い印象は受けないでしょう。


たとえ転職理由がネガティブなものも言い方によっては、ポジティブに感じるようにすることもできます。履歴書記載の注意は、150文字から200文字程度で書くようにしましょう。



通常、転職する時、有利だと思われている資格に中小企業診断士という資格があります。中小企業診断士の資格を取得することで、経営に関する知識を証明することができるので、会社にとって自分は貴重は戦力であると認めてもらうことができます。法律を熟知する行政書士やお金に関する知識が豊富なファイナンシャルプランナーも、転職するとき、大いに助けとなるでしょう。不動産業界で転職先をみつけたいと思っているのであれば、第一に宅建主任者資格を取られることが先決です。




宅建主任者資格保持者でないと、就職がむずかしい企業もあるようです。



どのような仕事をするかによって必要な資格が変わりますから、転職を決める前に業種に見合った資格を取っておくことも良い方法だといえるかもしれません。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sakurako
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oiymlcaesraluw/index1_0.rdf