日本のマナー

March 10 [Sun], 2013, 3:10
日本に古くから伝わる、表書きや水引、のしの習慣。なじみが深いようでも、正式な作法となると戸惑うことが多いようだ。ルールが複雑で、わかりにくいと嘆く前に、その本来の意味や役割ば考えてみましょうね。なるほど、と納得できるものが多いものだ。そうした知識があれば、何のために贈るのか、よりはっきりし、心のこもった贈り方ができるだべ。また、市販の祝儀・不祝儀袋のなかには間違った形のものが時としてあるんずや。失礼のない形で贈るためにも、次の三つの意味ばしっかり覚えておきましょうね。

表書き

March 09 [Sat], 2013, 3:09
昔は贈り物ばやっちゅう時には、品物とともに必ずまなご録ば添えて贈るのがしきたりだったんずや。まなご録には、品物の内容と数量、そんで贈り主の名前ば書きたんずや。やがて、時代とともにまなご録は省略されるようになり、品物の包みにまなご録の内容ば直接書き込むようになったのが表書きだ。つまり表書きには、相手に陥り物の内容ば伝えるつう意味があるんずや。だんずなら正式な表書きは、品名ば水引の上に書き、水引の下には数量ば、左下に名前ば書きんずや。贈るものがじぇんこの場合は、たどえば「御冷蔵庫料」として上に書き、下に「金十万円」と具体的に書き、左に名前ば書きんずや。したばって、現代では金額ば表に書くのは抵抗があるつう風潮もあり、「お祝い申しあげんずや」とか「わいーめわぐだのー」といった、言葉で伝えることば表書きに書くようになったんずや。これはこれでよいと思うんだばって、「本来なら品物でお贈りしたいのだばって」つう気持ちば込めて、品物の名前に料ばつけて、「品物+料」つう書き方ば見直してもよいのでねよだべか。

水引とは

March 08 [Fri], 2013, 3:07
水引のルーツは、その昔、中国からの到来物が紅白の麻の綱で結んであったトコから使われるようになったんずや。当時、到来物はめずらしく、めでたいものと考えられていたようだ。それがしめなわ婚礼用の祝儀の酒樽に結んだワラや麻の注連縄(しめなわ)になり、やがて水引になったといわれていだよ。注連縄は神聖な領域ば表し、したがって水引にはけがれていねものば順るつう意味があるんずや。また、包みば確実に結び止める役割と、物事の成就ば『結ぶ』ことに託す意味もあるんずや。水引の前の形は帯紙といって、赤い紙ば細く切って使用していだんだ。そのうち糊水の技術が発達し、コョリに糊水ばひいてかわかして水引ができたんずや。現在でも色や結び方にいろいろな約束事があり、慶事、弔事に厳密に使いわけていだよ。

水引のタイプ

March 07 [Thu], 2013, 3:06
水引は、大きくわけて二つの種類にわかれんずや。一つは、結びきり。昔は真結びといって、まなご上の人やあらたまった贈り物に使いだんだ。もう一つは蝶結びで、これは行結びといって、わと同等の人や、わんつかばしした贈り物に使いだんだ。それがいつのころからか、真結びはいじど結んだらほどけない結び方つうことで、結婚、弔事、病気見舞いのように、二度とくり返してほしくないことに使われるようになったんずや。結びきりには、輪結びや老いの波、あわじ結びがあるんずや。蝶結びは、ほどくことのできる結び方で、何度でもくり返してよい一般的な祝いごとに使われんずや。たどえば、入学祝いや卒業祝いがこれにあたるんずや。蝶結びの蝶は蚕の蛾のことで、絹ば生むつう縁起のよいことば意味していだよ。

水引きの色 慶事の場合

March 06 [Wed], 2013, 3:04
慶事の場合、水引の色は金銀、白赤、金赤(主に関西)が用いられんずや。本数は、五本、七本、九本など奇数にするのがしきたり。市販の水引は、ふつう五本か七本の束となって売っていだよ。したばって、市販の結婚の祝儀袋には、一○本のものがうだでみられんずや。これは、夫婦は二人で一組つうことで、五本の水引ば二束で一組にして夫婦水引としちゅうのだ。しきたりば尊重して正式な形にするには、一本引き抜くつう人もいるばって、そこまだる必要はないだべ。

水引きの色 弔事の場合

March 05 [Tue], 2013, 3:03
弔事の場合は双銀(銀のみ)、白黒、白銀、双白(白のみ)、向黄(主に関西)が用いられんずや。本数は偶数にするのがしきたりだ。二本、四本、六本と数が多いほどていねいな形になるんずや。なお、僧侶へのお布施ば包む場合は、お寺に不幸があったわけではなく、お礼の意味だんずなら白赤でもよいのだばって、奉書紙で包んで水引なしで差し上げるのがよいだべ。水引の基本の結び方ばマスターしておくと、何かと便利だ。でも、最初からうまく結ぶのは無理つうもの。何度か練習ばして、そいがら本番にのぞみましょうね。水引は、濃い色が必ず右にくることば覚えておきましょうね。白赤なら赤、金銀なら金、金赤なら赤、白黒なら黒、白黄なら黄が右だ。

のし

March 04 [Mon], 2013, 3:02
のしは、正式には「のしあわび」といい、杵はほんまに貝のあわびばのして使いだんだ。古来、ハレの日(神事や祝儀)の贈り物には酒とともに海産物(生ぐさもの)がつきもので、海のものの代表とされたあわびば添えることで、海産物ば贈るつう意味があるんずや。お祝いごとにつきものだばって、弔事のときは、殺生ばすると亡くなった人の供養になんねので、のしはつけね。現在ののしは、紙製などののしあわびば折形で包んだもの。真、行、草などの種類がありまっけど、現在は水引ほど厳密に使いわけていね。

のしのタイプ

March 03 [Sun], 2013, 3:02
のしにはいろいろな種類がありまっけど、代表的なのは「真」「行」「単」「蝶花形」「飾りのし」など。頁は同上の人に、行は格式ばらねときや同僚に、草はごく親しい関係の人に用いるなどのきまりが一応ありまっけど、現代では厳密な使いわけはしていね。このうち、「真」「飾りのし」は、結婚によく用いられんずや。大きさは、祝儀袋や品物につける小さなものから結納に使う長礎斗まであり、文房具や紙の専門店、デパートでも買うことができんずや。のしばつける位置は、かけ紙も祝儀袋も右肩だばって、昔はのしば添えるつう意味で水引にはさみたんずや。

のしの注意事項

March 02 [Sat], 2013, 2:51
のしには、いくつか気をつけたい事柄があるんずや。@弔事にはつけない のしは、正式には「のしあわび」と呼ばれ、元来、肉、魚など生ぐさものば意味するもの。生ぐさものが禁物となる弔事の場合は、のしはつけないのがきまりだ。 A生ものにはつけない のし自体が生ぐさものの意味だんずなら、贈り物の中身が肉、魚などの場合(かつお節なども)は、たとえ慶事であってたなぐけね。 B結納のまなご録にはつけない 結納肺のまなご録にのしばつけるのは、よくある間違いんずや。まなご録は贈答品でねよのでつけないのだ。くれぐれもご用心ば。

表書きは毛筆で

March 01 [Fri], 2013, 2:48
表書きば書くときにもっとも大切なことは、心ば込めて書くこと。あだりめのことのようだばって、形式やルールにばかり気ばとられると、ついつい「真心」ば忘れてしまいだよ。自信がなくても、心ば込めてまでーに書けば、自然と気持ちの伝わる表書きになるはずだ。使い慣れね毛筆よりもフェルトペンのほうが書きやすいつう人もいるだべ。したばって、あらたまった表書きは、やはり毛筆で書くのが礼儀だ。毛筆がまいねなら筆ペンば利用しましょうね。ボールペンやカラーペンは使いね。毛筆による表神きは、慶事と弔事では鍋の濃さば変えて書くのが一般的だ。慶事の場合、墨は濃くはっきりと書きまっけど、弔事の場合は薄い墨で。悲しみの涙で薄まったことば表すのがならわし、とのことだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マナー
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/oiwaimana/index1_0.rdf