内橋和久のセイヨウミツバチ

April 25 [Tue], 2017, 7:46
胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、約1週間ちゃんとお薬を飲めば、原則、9割近くの人の自覚症状は消失しますが、さりとて食道粘膜のダメージや炎症が治癒したわけではないので気を付けましょう。
「肝臓の機能の低下」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)など3つの数値によって知ることができますが、ここ数年肝臓の機能が低下している人が明らかに増加傾向にあるとの報告がありました。
真正細菌のひとつである結核菌は、人間が「咳」をすることによって内気の中に排出され、空中でふわふわとしているのを違う誰かが吸い込むことにより感染していきます。
もう歯の表面を保護しているエナメル質を脆くさせるまでに悪くなってしまった歯周病は、原則炎症自体が落ち着いたとしても、失ったエナメル質が元の量に再建されるようなことはないのです。
不整脈である期外収縮は、病気でなくても見られることがあるのでさほど深刻なトラブルではありませんが、発作が何度も継続して出る場合は危ない状態です。
酒類に含まれるアルコールを分解する力があるナイアシンは、ゆううつな宿酔に大変有効です。ゆううつな宿酔の因子だといわれる酢酸アルデヒドという化学物質の無毒化にも力を発揮します。
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を持つ精液や血液の他、腟分泌液、母乳、唾液等の様々な体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜部分等に触れた場合、HIVに感染する可能性が大きくなるのです。
WHOは、UV-A波の極端な浴び過ぎが皮ふ病をもたらす可能性が高いとして、18歳以下の若者が肌を黒くする日サロ(日焼けサロン)を使用する活動の禁止を強く喚起しています。
平成17年2月以降特保(特定保健用食品)の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」とのフレーズの印字が食品メーカーの義務となっている。
加齢が原因の耳の遠さでは段階を経て聴力が落ちますが、一般的に60歳くらいまでは聴力の悪さをしっかりと認識できないものです。
ピリドキシン(ビタミンB6)は、アミノ酸(Amino acid)をクレブス回路と呼ばれるエネルギーを活用するのに必要な重要な回路に組み込ませるため、輪をかけてクラッキングすることを促す機能もあります。
鍼を気になる所に刺す、という直接的な無数の刺激が、神経細胞を活性させ、神経インパルスと呼ばれる要は電気信号伝達を発生させると考えられているようです。
食中毒を引き起こすことのあるブドウ球菌(ブドウキュウキン、staphylococcus)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、大別すると毒の極めてきつい黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と一方は毒力があまり無いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種に分けることができるのです。
ライブの開催される場所やクラブなどに備えられている大型スピーカーのすぐ横で爆音を浴び続けて耳が聞こえづらくなる症状を「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と言うことをご存知でしょうか?
一見すると「ストレス」というものは、「溜めてはいけない」「排除すべきもの」ものとされていますが、実を言えば、私たちヒトは色々なストレスを抱えるからこそ、活動していくことが可能になっています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウカ
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/oitkk7t3ohc5et/index1_0.rdf