抗リウマチ薬の服用の仕方

March 22 [Fri], 2013, 11:37
「リウマトレックス」の副作用を防ぐための薬剤には、赤血球が生成されるために必要なビタミンであり、貧血治療にも使われる薬剤「フォリアミン」と言う薬を2日後に服用します。

一般的にはこれらの服用を続けて、4週間後に、病院に行くというスタイルがとられます。
薬は抗リウマチ薬と一緒に、それまで使っていた痛み止めも処方され毎日、朝、夕と服用しています。

リウマトレックスを服用するにあたっては肺炎の副作用についての説明はきちんと受けました。医師からは服用後、高熱が出たり、空せきが止まらなかったりした場合は、肺炎の疑いもあるので受診するよう注意をされます。

副作用の説明はしっかりと患者側は認識しておかなければなりません。
聞いてなかったでは済まないことも出てきます。

薬の副作用についての説明は納得できるまで聞いておくことをお勧めします。
次は《抗リウマチ薬のSH基剤》と言う薬です。

〜・免疫異常を起こす原因である、免疫複合体をばらばらにする
 ・タンパク質の免疫グロブリンを減らしと、T細胞の働きをセーブすることが出来る

「副作用」…かゆみが出たり、タンパク尿が出たりすることがある
ります。

リウマチの診断について
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:runn
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oirksuygas56/index1_0.rdf