里帰りーぃ・・・ いひひ♪ 

2006年08月03日(木) 15時18分
ようやくこの日が来ました。

待ちに待った里帰りですよー

もう7月に入ってからはずっと地元が恋しくて恋しくて・・・

愛しくて悲しくて会いたくて会いたくて綿毛を飛ばしてました。

とにかく早く実家の大きな湯船にゆったりつかりたいオイラです。


まだ上京してから4ヶ月たらずですが。

ちょうど節目(?)ということで、

簡単にこの4ヶ月の出来事を後半でまとめてみようかと。


今めっちゃヒマだし。

ラップ〜第一章〜 

2006年08月02日(水) 2時00分
一ヶ月間メールしている友人がいます。



・・・長!(´□`;)



そして



交互にラップを作ってます。



!!!!


冒頭から自分のアホさ加減を吐露してしまいましたが。

事実です。

かれこれここ一ヶ月前、

高校時代の友人とメールで

虎舞竜のロード13章に対抗して

ラップを13章作ろう。みたいな話になぜかなりまして。

そして今に至り、既に15章に。


虎舞竜越えしました。


なかなかの出来だし、なによりヒマなんで

載せちゃいます。15章全て。



こうやって時間つぶすのも・・い、いいよね?


なんだかピッチピチ18歳の自分に

軽く疑問を抱いてしまいました。

まず第一章から載せようと思ったんですけど

1、2章は友人と私の間でしか分からない内容だったんで

大衆向けの第三章からいきます。





ちなみに奇数の章は私が作って

偶数は友人が作りました。











おひさし 

2006年07月29日(土) 14時20分
久しぶりに書きますよー

とにかく最近忙しかったわけよ。

えーと・・・ほら、課題とかさ。

ね、一応学生だから。

あとはわたくし、ついにバイトも始めちゃったりして。

8月いっぱいは地元にいるつもりだったから

派遣で小金でも稼ごうかー てな感じで。

行ったバイト先(居酒屋)で

なぜか板長さんに気に入られ、

「ここで働きなよ」と

たなぼた式でバイト先が決まりまして。



でも8月は働けないんですよー(帰省で)と言ったら


いいよいいよ、9月になって入ってくれれば。


普通の店ならありえないですよねー


でもこれだけじゃないんです。待遇の良さは。


まかないで海鮮丼食べさせてくれるし

(もちろんタダ)

仕事終わりはビール呑み放題

(ヒマな時は仕事中に呑むことも)

お客さんはみんな優しい

(アスパラ落としても許してくれた)



たまたま派遣で行ったところでスカウトされたうえ、

こんなに良い思いができるなんて

ホント運良すぎです。


彼氏に言われましたよ。


「お前世の中なめてるだろ。」


だからこう返しました。


「私が悪いんじゃない、

私の運の良さが罪なの。」




一昨日でバイトがひとまず終わったんで

あとは地元に帰って遊ぶだけ・・・

と言いたいけど中国語の課題やらなきゃです。

まあ、なにはともあれ夏休みを満喫したいと思います☆








かかかかかかか彼氏が・・・ 

2006年07月10日(月) 23時48分
できた。彼氏が。


あーあーあーあー

姉さん事件です。






彼氏大変だろうなー・・・・

こんな人間的に欠落した子と付き合うなんて。










ラオシー!! 

2006年07月01日(土) 23時10分
いやいや、おやおや、ふむふむ。

しばらく放置してる間いろいろあったりなかったり。

所持金が底をついたり

大学の友人に元ヤンだと疑われたり


(毎年言われることだから慣れたわ。)

早くも中国語の単位が危ないと先生に怒られたり

あ、ちなみに「先生」は中国語で「ラオシー」って言うの。

友達と「ラオシーの奴単位くれればいいのに。授業は出てんだからよー」

なんて暴言を影でこっそり言ってます。

小心者バンザイ。そんなオイラです。



近況報告が全て夢一杯の4月の段階では全く予想もできなかったものですが。

なんとかやってます。

もうとにかく地元帰りたい。

学校生活に慣れたといってもやはり地元の気の合う友人が恋しくなる訳で。

早く夏休みになぁーれーぇ!














サッカー日本代表に物申す!・・・あ、ごめんなさい。←弱気 

2006年06月26日(月) 0時34分
ジーコJAPAN負けちゃいましたね。



予想できてたけどね。



正直、私はサッカー好きじゃないです。

いや、厳密に言うと日本代表が好きじゃない。

   まあ私のイメージですが、

他のスポーツ選手に比べてサッカー選手って、感じ悪くないですか?

下手なくせにプロ意識だけはいっちょまえにある気がする。

サポーター達に特にファンサービスはないし、

じゃあ勝利というプレゼントがあるかと言ったら一勝もしないし、

柳沢なんてため息つかせることしかしないし、

(あのシュートはないよ。)


以前読んだサッカーに関する記事の中に、

まさに私が言いたいことを書いてあるものがありまして。

それはこんな感じの内容でした。


ブラジル(←多分)の選手達は練習後、

サインや写真撮影を求めるサポーター達に気さくに対応する。

どんなに練習で疲れていても。

しかし、一方日本の選手達は、歓声を上げるサポーター達をチラっと見るか、

よくて軽く手を振る程度である。

観覧に来ていた一人の中年女性が残念そうに嘆いていた。

ブラジルのような強国にはなれないが、

ファンを大事にする態度ならすぐにでもマネできる。



本当そうだよね。

サッカーに興味のない私にとったら、サポーター達の熱の入れようは

異端としか思えない。いや、尊敬に値するわけで。

だってさ、よく考えてみてよ。

恋人でも友達でも知り合いでもない人達がスポーツしてる姿を

声を枯らして必死になって応援するなんて、ありえないでしょ?

ギャンブルみたいにお金をかけてるならまだしも、

むしろグッズまで買って。

誤解される前に言っておくけど、サポーターをバカにしてるんじゃないよ。

みんなに応援されるのを当たり前の

ことのように思うなよ、選手達。
と言いたいんです。うん。

だからもっとサポーター達の存在をありがたく思ってあげて。

日本がどこと戦うかすら知らなかった私は無視していいから、

せめて応援してくれてる人達だけでも。



後半もサッカーを語ります。興味ないのに。
















今頃あいつらは・・・ 

2006年06月16日(金) 21時36分
今日学校に行ったら、

数人の友人の雰囲気が違ってました。

普段ジーンズしか穿かない子がスカートを穿き、

平気でスッピン登校する子が化粧をし、

なんだか妙に色めきたってたんです。

その異様な光景に驚いた私は、今日何かあるのかと

尋ねてみました。そしたら・・・

なんと合コンらしい。


なるほどね。

もおみんな分かりやすいにも程があるってくらいはりきってた。

かわいすぎ。普段女としか会わないから仕方ないけど・・・

今ごろ盛り上がってんのかなー

月曜日報告するよう強く言っておいたから、非常に楽しみ。

ちなみに相手は東大生。

すげぇー。

東大生って何話すんだろ。

相対性理論の話とか?




今まで一度も合コンしたことないけど、どんなんなんだろ。

なんかつまらなそうっていうイメージがあるけど。

人生で一度は経験してみたいよね。



じゃあ後半は前回書いた15禁ピンク映画の話の続きでも。





酒とチヂミとパソコンとドンキーコング。 

2006年06月15日(木) 1時41分
今チヂミをつまみに呑んでます。

昨日の今頃は実家から送られてきた

ドンキーコング(ファミコン)に興じていました。

あの〜・・・

誰か戸籍で私の本当の年齢を調べてくれませんか?

絶対18歳じゃない。きっと30くらい。既に適齢期越えてる。

私が尊敬するリリーさんがココリコミラクルタイプで

こんな名言ともいえる発言をしていたそうです。

「若い時に恋愛にのめり込むのは

“ヒマ”か“それしかすることがないから”で

歳を取ったら忙しくなって若い時のような

恋愛ができなくなる」


とな。すでに“若者の恋愛”ができなくなってる私には

なんとも耳の痛い話でした。はぁ〜・・・がんばろっ。


そんな青春を戦線離脱気味の私ですが。

今日は以前書くと言っておきながら話が脱線しまくりで

結局触れることもできなかった“趣味”について話そうかと。





まあその趣味とは15禁のピンク映画鑑賞なんですがね。


よく夜中にwowwowでやってるようなチープなやつ。

あ、もちろん快楽を得る為に見るんじゃないよ、

見てみればわかるけど、とにかくおもろいんだって。

まずシチュエーションがありえない。

裸一貫で敵に立ち向かう、くの一の話とか

風呂の中でヤらなきゃイケない女の話とか

エロけりゃなんでもいい中2男子ですら疑問に思う

無理やりな設定。


更に普通の映画と違い制作費も少ない状態で作ったモノだから

セットもしょぼい。



「なんで?!」とつっこみながらも数々の作品を鑑賞してきた私ですが、

その中で特に心に残った作品を後半で紹介しようかと思います。

他人の恋バナで白米3杯いけるわ。 

2006年06月09日(金) 1時31分
ああ・・・ 眠・・かったはずなのに。目覚めちまったよ。

お風呂入るといつもそうなんだよね。

また眠気が襲ってくるまでブログでもやります。

部屋が散らかっていようが、

授業の予習もたまってようが、私はやります。

決して現実逃避じゃない(と強く願いたい)

なぜこんな時間まで起きているかというと、

友達が珍しく相談があるとのことで、その子のバイト先で

一緒に飲みがてら相談にのってきました。

まあその相談内容ですが、簡単に言えば彼氏の事ですよ。

私も人の子ですから、ちゃんと耳をかたむけましたとも。

なんだか彼氏の束縛がヒドいらしい。(ちなみに遠距離恋愛)

いつ、どこで、何を、誰としてるのかを逐一メールで報告。

他の男と接点をもたないのは当たり前。

返事をすぐ送らないとその子の弟に

「姉ちゃん今何してる?!」とメールを送りつける。などなど・・・

・・・・・・えーと。


怖ぇーーー!!!!

うぜぇーーーー!!!!!



私の意見ですが、束縛は愛していることの証明にはならない。

と、思うのです。その束縛によって、相手の日常に支障をきたすのなら。

現にその子は彼氏とこのまま付き合っていくとすれば、

自分の夢やポリシーも曲げなければいけない可能性大。

付き合って二年になるから、別れたら今までの時間がもったいなく思える。

と彼女は言っていましたがそんなこと言ってたら先には進めない。

大事にすべきなのは「今まで」じゃなくて「これから」だから。

彼と「これから」付き合っていくことを冷静に考えた時、

相手が自分の重荷になるだけならやめたほうがいいと思うのです。


まあ決めるのは本人だからあまり強くは言えないけど

私からはとりあえず「別れろ。」とだけ言っておきました。

後半はそんな最近もっぱら他人の恋バナに口をはさむだけの

存在に成り下がってしまった私のある決意でも。






バカエピソード1。 

2006年06月07日(水) 14時09分
えー・・・

学校サボっちゃいました。

早くも落ちこぼれたわけじゃありませんとも。

でも基本小心者なんで罪悪感でいっぱいですが・・・

明日は絶対行きます。きっと。多分。



昨日は自分の中・高時代を懐かしんでいました。

「いかにして毎日笑って過ごすか」にピンポイントで焦点を合わせて生きていた、そんな時代。

まあ、それは今も私のスローガンではあるわけですが、

バカをやるには、一緒にバカをやれるメンツが必要なわけです。

自分の趣味趣向に合ったメンツが。

そういう意味では大学の友達はちょっと物足りない。・・・ちょっとね。

昨日の記事に書いた植草教授の話もドン引きされたかんなー

高校の友達とは小一時間盛り上がったネタなのに。

いや、別に不満じゃないんだよ。みんないい子だし。

でもこうやって自分とのツボの差異をまざまざと見せ付けられると

ちょっと落ち込むわけで。ええ。

なのでたまに黄金期(中・高時代)に思いをはせてみたりするわけで。

まあ、出てくる出てくるバカエピソードが。

エピソード数の多さにジョージルーカスも白目をむきます。

そのバカっぷりたるや

ジャージャービンクスを彷彿とさせる程。

もうスターウォーズは完結してしまいましたが

もしまた復活する機会があれば

ぜひ何らかの形で私をキャスティングして

危ない危ない。発言に気をつけないとジェダイにやられてしまうわ。


じゃあ後半はそんなバカエピソードと私の変な趣味の話でも。








2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oirano-izumi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる