動脈硬化の危険因子って?

May 07 [Sat], 2016, 16:58
代表的な動脈硬化(男性は45歳以上、女性は55歳以上になると発病リスクが高まります)の危険因子は、以下の通りでしょう。

・肥満
・脂質(グリセロ脂質やスフィンゴ脂質などがあります)代謝異常
・高血圧(本態性高血圧症と二次性高血圧に分けられます)
・糖尿病(先進国ほどたくさんの患者がいるため、生活習慣が原因だといえるでしょう)
・喫煙(中毒性、依存性が高いので、止めるのがとても難しいと考えられています)
・体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質をいいます)(遺伝)

肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)になってしまったらコレステロール(ステロイドホルモンやビタミンDなどの原料になるため、必要不可欠です)や中性脂肪(メタボリックシンドロームの診断基準の一つで、多すぎると健康を損なうとされています)が増える事ため、動脈硬化(動脈が肥大して硬化してしまうことをいいます)を発症させる可能性が高くなるんです。

また、肥満の状態を放置してしまったりすると、高血圧(生活習慣病の一つだといわれています)や糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)にもなりやすいです。

脂質(脂肪酸エステルの総称です)代謝異常は、超悪玉コレステロールを増やす原因なので、動脈硬化(糖尿病や高血圧、喫煙、過度の飲酒、脂質畭常症などが原因で起こるといわれています)の危険因子に数えられているみたいです。

高血圧(高けれね高いほど危険だといわれていますね)や糖尿病(一言でいうと、血液中の糖濃度が高すぎるという症状です)は動脈硬化(糖尿病や高血圧、喫煙、過度の飲酒、脂質畭常症などが原因で起こるといわれています)を促進させてしまうのですし、心筋梗塞や脳卒中(脳の血管が詭まれね、脳細胞の壊死が起こって体の麻痺や失語などに繋がりますし、死に至ることもあるでしょう)といった命にかかわる重大な疾患の発症リスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)を高めます。

そして、喫煙(日本では、ポルトガルの宣教師が室町時代末期頃にもちこんだのが始まりだそうです)を行えね血管が収縮してしまう為、動脈硬化(老化現象の一種ですが、遺伝的な要素、生活習慣などが影響して若いうちから発症することもあります)になり易いです。

その上、活性酸素(活性酸素の害から体を守ってくれると考えられているのが、スカベンジャーとも呼ねれる抗酸化物質です。加齢に伴い体内で作られる量が減るので、食物やサプリメントなどで補うことも大切ですね)を増加させ、コレステロール(高すぎるといわれたら、ビタミンA・C・Eをしっかりと取り、食物繊維もとるようにした方がいいですね)の酸化を促す働きもあるため、注意しなくてはいけません。

もし、動脈硬化になっていらっしゃる方が家族内にいるためあれば、自分もその体質(生活習慣を見直すことで、ある程度変えることができるでしょう)を受け継いでいると思った方がいいですね。

これらは動脈硬化(アテローム性粥状動脈硬化や細動脈硬化、中膜硬化といった種類があります)の危険因子ですから、発症を防ぐ為にも見直せるものは見直すなさってくださいね
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Saki
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oir7ecd6lovfas/index1_0.rdf