パートナーの挙動がおかしく不倫が疑わ

January 26 [Thu], 2017, 16:28

パートナーの挙動がおかしく、不倫が疑われるときは、証拠を捜したほウガイいでしょう。浮気の証拠としてもっとも有効性が高いのは、他人から見ても不倫だなと分かるような写真です。


シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、裁判や損害賠償金の要求に役たつような裏付け資料を手に入れるのは不用意なトラブルに発展しかねませんので、その道のプロである探偵を利用することも考えておくと良さそうです。興信所、探偵社というものの中には悪質でいい加減なところもあったりしますから、評判をよく調べ、信頼ベースで選んだほうが良いですね。





また、不倫の追跡調査等でも、確実な裏付けを優先すると、所要時間はやや流動的になります。




曖昧な部分でも上限下限はありますから、料金や所要時間について、よくよく確認した上で契約するようにしましょう。




未成年の子がいて離婚する場合、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気していた方の親は子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。




でもそれは、絶対的なものではないのです。基本的に親権というのは、生活をともにしているかどうかやどれくらい育児に関心を持ち、かかわっていたかなどを考慮します。つまりは、子が健やかに育つのに適した状況かどうかを重視して判定するのです。





浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、平均では一週間以内です。


とはいっても、これはあくまで一般的なケースです。





浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあり得ます。



逆に、怪しい日が特定済みの場合は、一日で調査が終わるなんてこともあります。





いざ浮気調査を探偵に依頼するとなると、尾行や聞き込みなどの調査によって得た情報をクライアントに報告する探偵業というのは違法なのではと不安に思う人も少なくありません。


ご心配なく。探偵業法を遵守していれば違法ではありません。




2000年代中頃にこの法律が制定される前は、探偵の業務に関する全国共通の規定というものがなく、違法な詐欺まがいの業者との多彩な被害から個人を保護するために施行されました。



さまざま見ていくと、浮気相手と別れた理由で一番多いのは、当然かもしれませんが、配偶者への暴露です。



ただ、一般人が自力で不倫の証拠を押さえるというのはそう簡単なことではありません。



探偵や探偵社などノウハウのあるところに相談し、調査してもらうほうが失敗もなく、気苦労も少なくてすむでしょう。





その替り、浮気の匂いを察知するあたりまでは、あくまでも自分自身でやらなければいけないのです。



携帯電話の通話履歴から浮気の証拠がつかめます。



理由は携帯が浮気相手に連絡する手段として使うのが当たり前だからです。最近はメール、LINEで連絡をことも多くなっ立とはいえ、好意を持つ相手の声を聞きたいと思うことは安易に予想できます。ですから電話をする可能性も否定できないのです。


浮気がばれると、慰謝料の支払いが発生することもあります。


向こうが証拠を押さえていたら、本当に潔白でもない限り、逃れることはできません。慰謝料の額は実際、500万位のこともあれば、100万にも満たない金額など、千差万別です。



自分に払える額でなさそうだったら、分割期間の変更や減額を頼んでみることもできます。大手以外にも多くの探偵業者がありますから、探すのに迷ったら、人気や評価を参考にしてみてください。ネットで検索してみると探偵社の評価や得意分野等がわかるでしょう。土地に密着した業種でもあるため、居住地周辺で好評価を得ている探偵を見つけて、話をすれば、少なくとも悪い仕事はしないはずですし、不倫の証拠蒐集も期待出来るはずです。自ら動くより、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。



探偵に依頼する方が、浮気の証拠を確実につか向ことが出来ます。素人が調査をしてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。


でも、パートナーに詰め寄っても「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、有利な条件での離婚はできないでしょう。そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。調査が終わり、探偵探偵事務所が発行する報告書は、掲さい事項はだいだい同じでも形式が定められている訳ではありません。それなら皆様同じかというと、裁判や調停といった場で使われるなら、どんなものでも証拠採用されるとは限りませんから、信頼できるデータに基づいた調査報告書でないと意味がなくなってしまいます。



あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、依頼する業者を選別しておけば安心です。



一般的に不倫で結婚した人は幸せを感じにくいと言われています。あながち嘘ではないでしょう。



持と持と我が身のために、ある家庭から平穏、幸福、配偶者を奪い取ったりしたら、めでたく結婚し立ところで、出会いのきっかけなんて言えませんし、知られた時点で最後だろうなと覚悟して暮らし、ばれるといけないので旧友も呼べません。



一度不倫を経験してしまうと、いつまた不倫に発展するかと思うとストレスは相当なものでしょう。


不倫というのは一生つづけられるものではありません。



パートナーに浮気の事実をつきとめられ、家族、親族、同僚などからそっぽをむかれたり、慰謝料請求や財産分与で金銭的にボロボロになることも考えなければなりません。あるいは双方離婚してくっつく例もない訳ではありません。どういうルートを辿ろうと、めでたしめでたしと言えるエンディングは、期待するだけ無駄です。



不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。離婚しなくても慰謝料を請求することが出来ますが、金額は少なくなってしまいます。




また、不倫相手の方が配偶者との肉体関係を認めないときには根拠が必要です。


どの人からみても明らかな浮気の証拠が必要です。興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、相応の支出は覚悟しておきましょう。



探偵業務にかかる費用は、不倫の調査などで20万前後(期間5日)はかかるとみておけばミスありません。



調査内容や所要日数などはコストに反映されますが、どんな調査でも概ね5、60万程度と考えておけば充分だと思います。




http://maskarade2013.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:しょうた
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oilglyhsxy7200/index1_0.rdf