雨の随想

September 27 [Fri], 2013, 20:36
時には、外の下で雨にぬれる心は晴れています;また時には、外の晴は心はおりて雨にぬれます。世界のたくさんのものは対比の中であなたに味わわせます。心の晴の時、晴も雨です;心の雨の時に、雨も晴です。でも、どのようなストーリに関わらず、雨が降って忘れ難いことに会いますと。雨は1種の非常に不思議なことがあります:それは1種の情緒に充満することができて、1種の雰囲気を浸潤して、1種の記憶を彫り刻みます。当然で、時には同じくどしゃ降りの成の1種の災難。春の風と砂ぼこり、夏の湿っぽい閉じこもること、秋の乾燥している、すべて人々に祈って雨が降ることを待ち望ませます。1度の雨はさらに空気の清新なたくさんを使用して、大通りの明るいたくさん、春雨は油のように貴くて、雨の喉が渇いていることに対して農民があるだけでなくを待ち望みます。雨がある時も月がない太陽がなくて、人々が多くて逆らうと思いません。もしかすると寒くない雨の季節の気候があるため、太陽の一方で涼しいちょっとの間を譲ってもよいです。雨の夜に別に1回の月夜のない趣があります。時には人を譲るから李商隠を思い出さないで何当共剪西窓燭、話の巴山の夜の雨の時の有名な詩句。小雨の中で漫歩して、更に1回の貴重な満足することがあります。雨量がそっと叩いて広い大の羽根の時にポプラあるいはアオギリの木の上ざくざくという音を打つことをそれでは聞いていて、あのような潤いがある心の底のすばらしさまで(へ)、たとえリチャードですとしても .クライドのしなやかなピアノの下で流れだす《秋の内緒話》の類のさっぱりしていて上品なメロディーも比較しにくいです。大自然の入神のわざの類の自然、本当に比類がありません。1対の恋人は路地の中で歩いて、あの情景は一番普通です。しかし雨の日の手のマジックの類のまた多くなったひとつのコロンビアブルーの小さい傘、ベージュのウインドブレーカーに手元(体)に多くなって、あの効果はまたはっきり異なります。一目で眺めて、雨の中の若さは1枚が読む図画に耐えるのです。北方で、1年365日の中に、たくさんではないだ雨の日があります。そこでもし一日会うならば、詩あるいはのようです雨のようです詩がある雨があって、好奇心があると感じます。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/oilerobi/index1_0.rdf