低分子コラーゲンとは? 

2013年04月16日(火) 11時23分
そもそも低分子というものの意味がよく分からない。
調べてみたら分子というのは分子量の大小の違いによって、
低分子あるいは高分子と区分されることがあるそうだ。

両者の境界はあいまいだが、およそ分子量で103から104を境にして
それ以下の分子を低分子、それ以上の分子を高分子と呼ぶんだそうだ。
化学の授業を受けているようで眠くなりそうだ・・・

一般に言うコラーゲンとは、30万個の分子が集まって粒になっているそうです。
このコラーゲンの分子サイズでは、人間のからだが吸収するには少し大きすぎるとか。

そこで分子量を低くして、人間のからだが吸収しやすいように作られたのが「低分子コラーゲン」
コラーゲンの分子が小さくなったことにより、コラーゲンを体やお肌に効率的に吸収させて
効果をもたらしてくれるらしいというのです。

だとすれば美肌や健康促進を目的としたコラーゲンのドリンクや、
美肌・美白効果、アンチエイジングなどを目的とした
コラーゲン配合の美容液などの化粧品を選ぶ際には、
配合されているコラーゲンの量よりも、
できるだけ低分子で、体やお肌が吸収しやすいコラーゲンを使用して作られている商品を
選ぶようにしたほうがよさそうです。

低いか高いかといわれたら高いほうが良さそうな気もするんですけど
コラーゲンに限っては低いほうを選ぶ。
低分子・・・高分子のほうが優秀そうな感じがするんだけどなぁ。

ちなみに小さければ良いかといえばそうでもないらしく、
大きすぎず、小さすぎずの低分子が良いそうだ。

研究が進んでどんどん改良されていくうちにどのサイズが最適か分かってくるんでしょうね。
出来れば急いでもらえたら(笑)
手遅れになってから商品が出てきてもねぇ・・・

もう一度赤ちゃんのような肌を取り戻すのじゃ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kireiko
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる