のぞみんだけど竹森

August 04 [Thu], 2016, 18:08
国家資格を有した正看になるためには、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが必須になります。卒業できなければ、試験の受験資格がありません。


ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、これらの学校に入学する事を目標にした予備校も人気があるのです。もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、通信で学べる学校も存在しますから、興味があれば調べてみてください。
もし転職される場合には、介護士であっても当然、履歴書が要りますが、その際、注意点があります。



何に気を付けるべきかと言いますと、履歴書に書くことの中でも特に志望動機をいかに書くかです。


志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、研鑽に励みたいという理由や過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったような前向きな印象を受ける内容が適すると思います。


一般的に異性から好かれる要素の多い介護士でも、なぜ結婚できない介護士が多いのでしょうか。調べてみると、介護士をしている女性の結婚年齢については早婚と晩婚の差が開いている事が判明しました。



挙げられる理由としては日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、地位を上げるために結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。


新しい介護士として、初めて介護施設で働くことになった際に、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、大体希望を叶えてくれる場合もあり、また、人事担当者の考え次第で決定に至ることもあります。

人員配置については、介護施設側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、そこに配属になる事が多いのです。
ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。

ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。
社会が高齢化していることもあり、この何年か特に介護的な処置を必要とする人々が増えてます。


ということは、介護士に関してももっと多くの人手が必要とされているのですが、現在、介護機関はどこでも人手不足のようです。

しかし、人材が不足している、ということはつまり、人材を求める介護施設がそれだけたくさんあるということでもあって、転職を希望している介護士にとっては、転職先を見つけやすい等の助かる点もあります。

やり甲斐という観点から見てみますと、介護士の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。でも、その一方で困難もまた様々なのです。



することは多く、責任は重く、勤務時間の問題もあります。
24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。ハードさを充分納得しつつ、介護士のお仕事を目指そうとする人が大勢いるというのは、難点を補って余りある意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。日夜、介護施設で働く介護士は休日がどのようになっているのか気になりますよね。

実際には勤めている現場で違っています。

3交代勤務の場合、シフトのスケジュールに沿って勤務しますから、休日勤務や平日休みになることが珍しくありません。一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、人によっては都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。



医師の仕事と介護士の仕事の間の、この二つの異なる点といえばなんでしょう。明らかな違いといえば、医師は患者さんの診察と治療、予防のためのアドバイス、適切な薬を出すことが主な業務とされます。
それに対して、介護士は、医師の指導の下、医師が行う診療の補助を行い、心身ともに患者のケアするのが主な業務です。



多くの介護士は介護施設で働いていますが、介護施設といっても比較的大きな総合介護施設から地域の町医者まで様々にあります。あるいは、介護施設や保育園などに常駐する介護士もいます。


会社によって給料が変わるもので、当然ながら、介護士の場合も同じでしょう。地域の診療所と総合介護施設とでは、やはり年収にも差が出てきます。これらの事を考慮すると、平均的な介護士の年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。

介護士にとって当然のことですが、やめてしまいたくなることも少なからずあることと思います。

仕事上のミスや、時には患者さんからの言葉にショックを受けたりすることもあります。

そうはいっても、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいと感じることももちろんあります。先輩からの励ましや優しい言葉など、日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。

昼夜を問わず介護施設で働き患者の状態を見る必要のある介護士は夜勤が必須の職業です。
夜勤といっても、どのような時間帯になるのか気になりますよね。それは、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。



普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。

対する3交代勤務の夜勤では時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。就職先として考えている介護施設が2交代と3交代のどちらの勤務形態なのか前もって知っておいた方が良いでしょう。普通、介護士としてキャリアを積んでいくと昇進し、階級が上がることがあります。例えば、婦長といったら一般的にも分かりやすい役職だと思います。しかし、他にも役職があるのです。
いまは、学生やパートの介護士が多くなっていますので、正介護士であればそれだけで役職が上がっているといえるでしょう。

もちろん、役付きになればそれだけ給与が優遇されることは間違いありません。



一般的に、介護士という職業は収入の面で恵まれている印象を受けます。
現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など大変な仕事ですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて平均的に高水準を維持できることが分かっています。

また、景気や経済に左右されにくいことも、介護士の安定性に一役買っています。これらの高給や安定性を重視するならば魅力のある職業だと言えます。正職員やパート、派遣といったように、介護士の働き方も色々ではありますが、大半の介護士は介護施設で働いています。


もちろん、その他のところでも、実は介護士がその資格を活かせる職場は多々ありまして、例えば、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。
こうした職場で介護士として腕を振るう人も実際とても多いのです。
どうしても介護施設でなければ働けない、ということは全くなくやる気があれば、仕事する場は多いので、自身の生活が変わっていくのに合わせて最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。


介護士の職業は、別名「白衣の天使」ということからも大体の場合には、職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。


ですが、介護士がどのように働いているかを考慮してみると、もちろん待遇はそれなりですが、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている介護士というのも少なからず存在しているのです。
たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、介護士が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。近年、日本においてはインドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、「外国人介護士候補生」というものの受け入れを推進しています。
しかしながら、介護士国家試験の勉強をして3年間のうちに合格し、晴れて介護士、とならなかった場合には母国へ帰国することになります。



介護施設などで就労や研修を行いながら、日本語を学習し、それに加えて、国家試験に受かり介護士となるために勉強までしなければならないということで、とても大変だというのが現状です。入院設備のある介護施設に介護士として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、介護士の中でも小さな子を持つ場合には大きな不安要素となり得ます。


ある程度の年齢までなら24時間保育を行っている保育所の利用や院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、小学校入学を機に、一気に対応してくれる預け先が少なくなってしまうということが問題として浮上します。

そのため、介護士の中でもパートの勤務に変えていくという方も多数存在するようです。介護士として、初めての介護施設勤務を始めた新人であったり、他の介護施設から転職してきた介護士の場合、労働に見合うだけの残業手当が払ってもらえないことがあるようです。ただ働きで残業をさせるのは、雇用された人の経験やスキルは関係なく労働基準法に反した行為です。

残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、労働した時間分はきっちり、働いた人に支給されるべきでしょう。いつも忙しく、様々な業務に携わる介護士という職業ですが、職場においての有用性、必要性は高く、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。病棟のある介護施設では当然、24時間体制ですから、そこで働く介護士も24時間不在の時間があってはなりません。
なので、業務は日勤と夜勤という形に交代制を採っています。

夜勤のある仕事ではどうしても、生活リズムを上手にコントロールできなければ睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。離職率が高い職業として介護士が有名ですが、結果的に転職率が高いと言えます。こうした流れを受けて、介護士専用の転職サイトが増えています。
このような転職サイトを活用すれば、手間なく自分の希望する条件の求人を探せますから、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の介護士にぜひ利用してもらいたいです。それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを参考にしてみるのが良いでしょう。
一般的に、介護士が持つ悩みに多いものと言えば、職場での人間関係の難しさや夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。



介護士には女性も多いので、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところも実は多いのです。


また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。


自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、もっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのも間違いではありません。夜勤でどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤のみという条件で転職するのも間違いではありません。でも、注意点ですが、勤務時間が少なくなったり夜勤手当がなくなりますから、夜勤で働いていた頃に比べて結果的に給料が減ることがあります。
例え年収が下がったとしても、転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。介護士の場合は安定していると思われることが多く、「ローンを組みたい」という時でも往々にして、簡単に審査に通りがちです。
とは言え、介護士であっても、非常勤で働いていて収入が不安定だという時には必ずしもそうであるとは言えません。
ローンを組むことが容易なのは正規の職員として雇用されている介護士のように、安定している場合なので、たとえ介護士でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。

介護施設での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。



特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。また、病棟勤務と違い、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。夜勤もありません。


勤務中に忙しい思いをするのかどうかは、介護施設によりますが、人気の医師のところなどでは、待合室に患者があふれるようなことにもなって、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。
外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかは介護施設や、診療科によっても違います。多くの介護士が持つ悩みといったら、不規則な休みでしょう。
カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日に簡単に友人と会えなかったり、予定を合わせる事が困難になるというケースが多いようです。
他にも、そもそも人手が足りずに忙しくて休みが取れないケースもあります。規則正しい勤務時間がいいのなら、日勤で働ける介護施設に勤めれば良いので、この機会に、将来を考えた上で転職するのも間違いではありません。今どきの交代制勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として介護士があります。職場が外来であれば、交代制になるとは限らないのですが、入院病棟に必要な人数を多く割り振りますから、まだ経験が浅ければ、必然的にシフト勤務になると思います。
実際に、私の妻も介護士としてシフトに入っていましたから、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって大変だった思い出があります。シフトを組んだ交代制勤務などで介護士の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。
入院中の患者さんについての状態を全て理解して、責任を持って申し送りをする介護士に、言い忘れなく伝えておかなくてはいけません。



簡単な伝言で済むレベルのものもありますが、症状に対する重要な処置の方法などに関しては重い責任の仕事だと言えます。


介護士試験合格に向けて学ぶ場所として大学あるいは専門学校があり、介護士を目指す場合、どちらかに入ることとなります。


大学の特徴を挙げると、最先端の介護について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点と介護以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。そして、専門学校の場合は、実習が多くあり、早い段階でより実用的な内容について学ぶことで、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。

その他、学費に関しても大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。

知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、介護士の間で通じるそうした用語にエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。


実は、食事休憩をとりますよ、と仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ちどこでもよく通用します。



ではこのエッセンというのは何かといえば、英語だとイート、つまり食べるという動詞で、ドイツ語だということです。
一昔前、介護の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、それが今まで細々と生き残って今でも便利な言葉として、介護士の皆さんに使われています。
患者に安心して治療を受けてもらうためにも、介護士はその外見に問題がないのか気を付けておくことが大切です。

メイクをする女性の場合、色味の強いアイシャドウや口紅は避けて、広い世代に好印象になるナチュラルメイクにしておくのが一番良いでしょう。素顔の時ともまた違っているので、患者に与える印象も良くなるでしょう。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kanon
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oiha1doywcflho/index1_0.rdf