吉成が山室

August 09 [Wed], 2017, 13:58
昨今、看護師不足の傾向にあると考えられています。看護師資格を持っているけれども、看護師として働いていない人も多くいます。


では、看護師不足の原因はなんでしょう。それは、最終的には、看護師の離職率というものが、はるかに高いということに起因していると言えます。それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤看護師の場合、およそ11パーセントもあります。



女性の方が多数を占めている職場ですから、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。看護職の人が職場を移る際も、面接試験が大切なポイントです。


面接者の評価が良くなければ、ナースは人手不足といえど不合格になる可能性があります。当然のことながら、待遇が良い勤務先は志願者数も多く競争率があがりますので、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして面接試験に行くようにしてください。

TPOに配慮した品のある服を選んで、本番では明るくはっきり話すことが肝心です。看護師として働きながら金銭面で余裕がほしいと思った際に行う副業に掛け持ちの仕事があります。仕事が休みの日を利用してパートなどで働く看護師は毎年増加する傾向がみられます。

副業のメリットは、暇な時間を効率的に使うことが出来て、関係のない仕事をすることで息抜きにもなる事です。


日々、看護師の激務に追われて働き続けていくと、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。
そうなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと考え始めるようなことがあっても、不思議ではありません。


全体的に見て、比較的忙しくない病棟として知られているのは、人命にかかわらないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などでしょう。しかしながら、医療機関の種類や、どんな症状の患者さんが多くいるのかなどによっても、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。看護師の業務内容には、どんな業務があるのでしょうか。朝の間に、昨日の夜勤の担当者より、患者さんの状態を聞き、引き継ぎを行います。これは、夜勤から日勤の交代において必ずする「申し送り」です。それが完了すると、入院中の患者さんのバイタル測定を行い、必要に応じて清拭や入浴介助を行います。



いままでは男性が看護師をしている場合に限って、士という文字を使用していました。しかし、今は男でも女でも、看護師という仕事に従事している人ならば、師を付加するように変更されています。



看護師と看護士の二つを使用していると、曖昧で分かり辛いので、一つに変更されたのだと思います。看護師としての技能を高めたいと望むのであれば、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。



万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というようなシンプルな仕事でもないため、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。
人によっては、看護師としてのレベルをもっと上げたい、として転職を希望する場合があります。救急や最先端の医療を行なう大きな病院などでさらに能力をアップさせたいと願う、チャレンジ精神からきた動機です。看護師というものは普通の仕事とは違うと思われやすいですが、他職種と同じように、労働組合のようなものがなければちゃんとした雇用条件で働けず、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。

職業柄、ストライキをすることも看護師にとっては困難で、雇用する側が、きちんとした配慮を行うことが最も大切です。



看護師の仕事は、入院病棟と外来で、それに、病院の大きさ次第で、違ってくるのですが、ご病気の方やケガ人の看護やお世話が主となるでしょう。



心細くなりがちな患者のみなさんに、安心して治療や看護を受けるためにも、看護師は必要です。いつ働くか休むかをコントロールしやすく、したい仕事をかなり自由に選択可能、というのが看護師という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。



働く期間も様々で、単発、短期、長期の仕事もむろんあります。

なにしろ、自分の条件に合わせて選ぶと良いですから、看護師の仕事を探しているのであれば派遣で働いてみることも一応考えてみながら仕事を探すと、選択肢がとても増えます。日本全国の病院や様々な医療機関の現場では、長い期間ずっと看護師が不足している状況が続いています。そのため、就職、転職に関して人材として重要な看護師は、明確な売り手市場だということができます。看護師資格を取得していれば、自分の希望条件や適正に合った職場を比較的容易に選ぶことができます。看護士の募集はいくらでもありますが、希望通りの求人がなかなか無い状況です。

看護資格をお持ちの方で就職できさえすればいいと思う方は少ないでしょう。なるべく給料が高くて職場環境が良く、夜勤がないという条件で働きたいと思っている方がほとんどです。
希望に添った形で転職するには、情報の収集を怠ってはいけません。看護師というのは、大変なこともたくさんある仕事ですが、一生働きやすい仕事であるともされています。

例えば、妊娠で一度休みを取った場合でも、復職しやすい職業です。高度な専門性が子育てが一段落してからの復帰がしやすいことに結びついているといえるのです。
一生、就職先に困ることがないといわれる一方で、離職の割合が高い仕事でもあります。看護士の自己PRは、実際何が原因で看護師を志向するようになったのかを取り入れるとイメージアップにつながります。転職の時の志望動機は、これまでの経験で得た技術を活かしたい、より多くの人の役に立つ技術を体得したいなど、前向きな印象を持たれるようにしてください。
前に勤めていた職場に対する誹謗は言葉にしないようにすることが大事です。



看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される看護師は求人が途切れるようなことはありません。ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、その際に気を付けてさえいれば、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。

幸い、ネット上を少し見てみると転職や求人を看護師に特化したサイトがかなりの数があるのです。なので、そういったところを利用して最適の仕事先を見つけてください。看護師の数が少ないという医療機関も少ないことはないので、もう一度、就職することはいいことでしょう。

ただし、殊の外仕事をしていた時期から経過していると少々不安ですね。


再就職サイトをちゃんと使って相談にのってもらえるような組織を使うのがいいでしょう。看護師は愛煙家があまり居ないというイメージですが、いかにもその通りで、一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。病気の患者と接する職業上、煙草の臭いを漂わせまいと意識的に禁煙している人が多い状況だと見て取れます。全国の看護師の一年間の収入は平均してみると437万円ほどです。しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員として従事しているため、平均年収は593万円ほどになります。


公務員看護師は給与上昇率も民間病院より上で、福利厚生もしっかりしています。
準看護師だと、看護師よりも年収が平均約70万円低いです。看護師の勤務は交代制ですが、それ故に、申し送りというものが必要になります。
要するに業務報告なのですが、担当患者さんの状態についてや、業務を行なう上で必要な事柄を口頭で直接、次の人に報告説明する決まりです患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に話す努力が必要です。あまり時間をかけず、要領よくこなすということも大事なことになります。
私の友達の中に看護師がおりまして、高い給料をもらえていると羨ましいなどといわれるのです。でも、看護師の業務内容は、夜間の業務も行うことがあり、生活サイクルが一定にできませんし、職場の環境も、女性が占めているという特殊なところであるため、ストレスとか悩みはいつもあるでしょう。そんなことを考えると高いといわれる給料も当然でしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユヅキ
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oiertesm0wdscm/index1_0.rdf