渡部が坪田

January 03 [Tue], 2017, 10:59
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
今では、どこで手術を受けても大して痛くないのが普通です。
切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めは頓服として処方されますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。
まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
さて、そこでインプラントですが、これは金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用の問題も大きいと思います。
保険適用のケースはほとんどなく、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって一概に費用を決められませんし、どの歯科医院を選ぶかによっても相当差が開きます。
また、定期的なメンテナンスも必要ということも覚えておきましょう。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはインプラントにして良かった点の一つです。
上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れるのではと心配する必要はありません。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強度を備えています。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
気になるインプラント手術の内容とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの卓越した技術を欠かすことは出来ません。
そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということです。
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な感じを保てるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。
費用や期間より、見た目重視の方にとって最適な治療と言えます。
様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探して、問い合わせてみましょう。
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院することはめったにありません。
糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院して手術するケースも実際にあります。
このような難しい治療を行う場合、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療にかなりの危険が伴います。
ただし、これらの既往症があってもインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ冠のような形の義歯をつくり、クラウンという義歯をはめられます。
しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ノア
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/oieaotcrlfevts/index1_0.rdf