DESTINY 

2010年03月26日(金) 23時34分
千葉に来てから、約1週間経ちました。

初めての料理・掃除・買物。
初めの3日間くらいはびびりながら動いてましたが
もう周辺の地理も覚えたし
どこで何買うのがお得なのか
だいたいわかってきました。

思い通りホームシックにかかることもなく
火事を起こすことなく、無事平穏な生活を送ることができています。

今日は来週から始まる会社にそなえて
弁当用のおかずを作って冷凍してみました。
といっても、ピーマンの肉詰めとハンバーグだけですが。
料理全くできないままこちらに来てしまったので
人生オワタ\(^o^)/と思っていましたが
意外と美味しくできました。美味しすぎてびっくりした。
ちゃんと測って料理を作ると失敗しないんだね!
勉強になりました。

さて、私がいま置かれている状況は
少なくとも就職活動前には全く思いつかなかった結果であり
全ての小さな偶然の重なりで、今の状況へと繋がっているわけであります。

さらに遡って、高校時代の私からすると
今の状況なんて「決してあり得ない事」と言いきっても間違いはないくらい
こんな未来にたどり着くとは思ってませんでした。

ブログのタイトルの once in a blue moon.
意味は極めてまれなこと・決してあり得ないことなど
珍しいことに対してつかわれるようです。

この言葉を初めて知ったのは
98年にフジテレビでやってた「WITH LOVE」というドラマです。
竹ノ内豊、田中美里さんが主演の今でいうネット恋愛をテーマにしたドラマです。
このドラマはリアルタイムで見ていてすごく好きなドラマでした。
当時小学生だった私にはネットで誰かと知り合い恋に落ちるなんて
どういう意味なのかを理解しないままみていましたが
偶然が偶然を呼ぶ、素敵な恋愛なんだなーと思って見てました。
今見直しても、当時の魅力が色褪せないまま
どんな結末が待っているのか知っているうえで見ているのに
はらはらどきどきして、大変でした。

Once in a blue moon.は、二人を繋ぐ重要な場面で出てくる
竹ノ内豊演じる音楽プロデューサーが作曲した音楽です。

「極めてまれなこと」を演奏しているときに
「極めてまれな偶然」に気づくのです。

そして、ドラマの主題歌が
MY LITTLE LOVERのDESTINY。
全てが完璧なドラマだったと思います。

思えばこのドラマをみていたからこそ、
幽霊は信じないのに運命は信じるという
無駄に乙女チックな性格になってしまったのかもしれません。

今自分が置かれている状況も全てが偶然ではなく
運命だったんじゃないかな、とふとした時に思います。

もうすぐ社会人です。
多分、想像しているよりも辛いことがたくさんあると覚悟しているつもりです。
でも、自分が今たっている場所そのものが
Once in a blue moon.なんだと、胸に刻み込んで
日々、頑張りたいと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さちこ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
好きな音楽
L'Arc-en-Ciel
坂本龍一
X JAPAN
筋肉少女隊
ナイトメア
浜崎あゆみ
ハロプロ関係
中森明菜
山口百恵
Janne Da Arc

好きな言葉
弱肉強食

好きな食べ物
もも
カレーライス
ちんみ
2010年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる