モルモットのさっちゃん

July 03 [Mon], 2017, 7:15
株式投資初心者に必ず覚えてほしい言葉にキャピタルゲインとインカムゲインがございます。株式で利益を上げるにはこの二個の言葉を覚えておいてください。キャピタルゲインは株式売買で出てくる差益というものです。例えると、1万円で買った株式を2万円で捌けば、1万円の差額がキャピタルゲインになるのです。株に不慣れであるのなら確定申告対策として、源泉徴収ありの特定口座を取引口座にしておくことを推奨します。
手間のかかる確定申告の申告作業やわからないことを調べる時間を短くして、その分を、株取引のための情報をかき集めることに労力を使うことができるからです。

株のことを知らなかった人にとっては理解が難しいことだらけに見えるのではないでしょうか。どのような証券会社を使って資金を投資すればいいのかなど、分からないことが多いです。
みんなが儲けたいと思って株投資を開始するわけですが、すべての取引で利益を出せる人はほとんどいないでしょう。
初めて株をやる人は売るタイミングを逃して後悔することがあります。
誰でも人間は欲があるので、「あと少しだけ高値になったら」なんて思っているうちに、株価が下がってしまいます。確定させて利益を出さなければ利益にはならないことを忘れずにおいて自分なりの売り方を検討してみると上手く利益が出るタイミングになるかもしれません。
株式投資はとても魅力の強い投資の手段の一つです。だけれど、株の売買にはいろいろな危険も持っています。株の大きな危うさとしては、値下がり、流動性、倒産などの危険があります。


株式投資には定期預金などとは異なって、元本が保証されていません。株を始めたばかりの人は、リスクを十分に認識して用心深く投資を行う必要があります。アベノミクスという言葉が流行していたので、私は、知識を持たないまま、株を始めたばかりの素人です。最初は全然得をせず、赤字で苦しんでいたのですが、いまでは経済が良くなったのか、私の手法がうまくなったのか利益があがるようになりました。

株式取引には損失が出るおそれがあります。

ですから、株式投資が初めての場合は、まず投資信託で資産運用をスタートするのも良い選択です。投資信託は投資の専門家が有望な投資先に大きくバランスよく分けて資金を投入するので、安心できる初心者に最適の運用法のひとつと言えるでしょう。

実際に株の空売りをしている株式投資の初心者は少ないのが現実です。気持ちはわかりますが、株式投資を長い間、資産運用のひとつとして続けていこうと意識しているのなら、使えるようにしていおいたほうが良い技術だといえます。

その理由は、空売りについて理解するということは買う側の意識の理解とともに、売る側の気持ちも意識するようになるので、行うことのできる取引の幅が広がってくれるからです。


株をやるのが初めての方が、決算書を読もうと努力しても、書いてある内容が全然わからないと思われます。実は、心配する必要はありません。株式投資では、短い間の売買に決めれば決算書の内容とは関係なく利益を出すことができるからです。株に詳しくないものはその買い方がわからないものでしょう。証券会社社員から具体的な目安を教えてもらったり、株式投資を行っている知人に話しをきくなどして、株式の買い方の相談にのってもらうと良いでしょう。また、デモトレードを使用して、挑戦してみるのも良い方法かもしれません。株をやったことがない方だけでなく、株式投資をする方の大多数はできる限り手数料が格安なネット証券に口座を作るのがよいと考えます。


理由は、株式を売買する時の手数料が安い価格であれば株式投資の売買が随分柔軟に対応できるからです。

株には詳しくない者が基礎知識習得のために推奨されることは、株式投資について書かれた本を読むことで、一定の評価を得ている本を5冊以上読まなければならないと思います。五冊も株式投資についての本を読めば、それらの本を読み終えての共通する部分は株式投資をする上で必須だということがわかるからです。
株式への投資において、時間が確保できるのは大事な要素です。
日本最大の株取引市場である東証が開いている時間は開始は午前9時、終了は午後3時までですので、より良い価格で株を売買するためにはこの時間に時間が自由になることが望ましいです。



この点、主婦の方というのは、初心者ながら有利な立場で、株への出資が可能だと言えるでしょう。



私が持つ株がここ最近、激しく上がり下がりしていますので、儲かりそうな株の銘柄、下がりそうな株の銘柄を己で判断し、売ったり買ったりしています。時々しくじって、マイナスになってしまうこともありますが、今のところ収支はプラスとなっています。



今の状態のまま、プラスで売り抜けられたら嬉しいな、なんて思います。
株式投資を行う場合は、いくら値動きが大きく動くからといっても、ほとんど出来高のない小型株式に資金を入れる事はベストとは言えません。理由を説明すると、普段から出来高が多くない株式は投資した株式を売却したい値で売れないからです。

株を始めたばかりの方でも利益を出せるコツというのは、急がないことです。いつか買おうと思っていた銘柄が高値になっているからといって急いで買い付けに走ると大概は高値掴みということになります。

高騰している理由はなんなのだろうか、銘柄に不釣り合いなほどの高値になっているのではないかと買い付けるときには一度冷静に検討をし直してから行動するようにしましょう。
失敗しないで株投資をする方法などという記事や本を頻繁に見かけます。しかし、絶対に失敗しないことはありません。ただし、ちゃんと勉強して、ルールを考えて投資するなら、成功することもありえるのが株です。失敗することを恐れたり、一度の失敗で諦めないで学んだところに、株の楽しさが待っていると思います。

私は好きな製造業者やブランドの株を所有しています。
配当が年に一回出るのですが、配当で貰ったお金だけではなくて優待で色々なものがもらえるのが魅力です。特に好みのメーカーからもらえると、もっとこのメーカーが大きくなって欲しいなという風に思います。

株の投資の世界ではテクニカル指標を使って株の投資を行っている人たちが数多くいます。



そんなわけで、株式投資の初心者もテクニカル指標については一通り専門書などで学んでから株式の売買などをスタートした方が、勝率が上がるのではないでしょうか。株を保有している場合、自身の資金に対する利回りを意識してしまうのではと思います。

銀行に預けたとしても大して利息がつくことのない現在では、投資信託や定期預金、国債や債券に比べ、良い利回りでなくては投資の意味がまったくありません。きっちりと利回りを意識しながら投資を行うのが重要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シズク
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ohrui2ght3thtg/index1_0.rdf