みぃちゃんの三森

February 27 [Sat], 2016, 18:53
看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長時間の勤務となっているので、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。国の指針により月に8回までと定められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。働いている病院の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、疲れが抜けにくかったりするのも、離職する看護師が多い理由の一つかもしれません。看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊であり、就職先によっても違います。仕事場においては一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回しているという病院が大半です。2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制を取り入れている病院が多いです。しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方が人気があります。看護師の資格を取るには、何通りかのパターンがあります。看護師免許を取得するには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。試験を受けるためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護を学ぶことが必要だというわけです。看護士を目指す理由は実際に、どのようなことをきっかけにして看護師を志望するようになったのかを入れたら印象が良くなるはずです。転職の場合、その理由はこれまでに蓄えたスキルを有効活用したいより誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。以前の職場への批判などは口にしないほうがいいです。看護師の資格を取るための国家試験は、年に1度開催されます。看護師不足が問題となっている日本のためには喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率はおよそ90%と非常に高い水準を保ち続けています。看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格可能な国家試験です。修学旅行やツアーなどについていって、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする看護師もいます。結婚して子持ちの人は土日に休めたり、夜勤がないという職場を望んでいるものです。病院以外の場所で働くのであれば、その職場に適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。看護師の転職を成功させるには、将来のことを考慮して迅速に行動を起こす必要があります。それに、どのような条件を重視するのかを決めておくことをお勧めします。将来の自分の姿を明確にして、そのビジョンに合致した転職先の情報を少しずつ収集してください。給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も考慮しておきましよう。看護師の勤めているところといえば、病院だと思うのがオーソドックスでしょう。しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院の他にも色々とあります。保健所では、保健師と連携し、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の職務です。また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。高齢化が進み、福祉施設でも看護師のニーズは増加傾向にあるのです。それに、大手の会社になると看護師は医務室にもいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを実施しています。こういった場合には、この会社の正社員として入社することもあることでしょう。産業看護師は従業員の健康が保てるように保健指導とかうつ病防止のためのメンタルケアもします。産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、ハローワークなどで見つけるのはほとんど不可能です。興味を持った人は看護師専用の転職HPを利用してください。転職サイトでは産業看護師の募集も頻繁に載っているでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuki
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ohligqlbdtrtne/index1_0.rdf