第13回待ち時間調査結果報告

October 27 [Fri], 2017, 11:00
第13回待ち時間調査結果を報告させて頂きます
調査期間:2017年8月1日(火)〜2017年8月7日(月)
調査人数:175名

一般的に、病院を受診する際の「待ち時間」が長いことが、患者様の不満要素となっています。
当院では定期的に待ち時間調査を行い、患者様が実際にかかっている待ち時間の把握とその改善に取り組んでおります。




クリニック全体の平均医院滞在時間は83分でした。
こちらは、再診でお越しの患者様、卵胞診察でお越しの患者様、そのほか採血の患者様などあらゆる受診目的で来られた患者様のデータが含まれております。



曜日別の医院滞在時間で比較しますと、土曜日と水曜日、木曜日、金曜日が
待ち時間が比較的長く発生しておりました。
土曜日はご夫婦で来院される患者様も多くいらっしゃいますので、処置や検査の説明などに時間を要しているのも待ち時間発生の要因の一つではないかと考えます。

木曜日に関しては、午前中のみの診療時間となっております。
患者様の受診時間が集中したり、また今回に関しては手術予定時刻が大幅におくれたことが要因となり待ち時間が一部の患者様の滞在時間が長く発生したことが要因です。
「この日のこの時間しか受診できない」というご要望にお応えした結果、他の予約の患者様のお待ち時間を増やすことに繋がりましたので受診時間や受診内容を考慮してご予約を取らせていただくことが重要だと考えます。

当院では年に1度、患者満足度調査を実施しており、
その結果多くの患者様が、「医院滞在時間90分以内」が理想と回答されております。
そこで医院全体で目標を掲げ、各部署で滞在時間を短縮できる方法などを提案し取り組んで参りました



全体の滞在時間を調査すると前回同様60%の患者様は90分以内にお帰りいただいておりました。


上図は、診療毎の平均滞在時間となってますので、ご受診の際の参考にしてくださいね

<こうのとり初診>
不妊治療をご希望の初回受診です。
医師による問診、診察、診察後の説明、看護師からの説明に約1時間15分は必要です。
ご来院時にご記入頂く問診票の記入時間やご主人様の採血、検査、検査結果待ち時間がある場合に滞在時間は影響を受けます。

<一般初診>
健診目的の方を始め、子宮内膜症、子宮筋腫等の手術相談など内容によって滞在時間は変動します。

<再診>
検査結果内容によっては、次回受診以降に必要な検査の説明など複雑なお話に時間を要する場合があります。
また、複雑な相談内容や治療段階におけるステップアップの相談のご希望が重なると診察開始時間が遅れ滞在時間が長くなる傾向があります。皆様にわかりやすく、ご納得頂ける説明をめざしておりますが、全体的な待ち時間を短縮するためにスライドを視聴して検査内容をご理解頂く工夫や、配布資料の充実を試みております。
医師と相談後、説明のスライドを見て頂きその後、看護師と相談されたり治療のコーディネートをご希望の場合はさらに待ち時間が延長する傾向があります。

<卵胞チェックのための超音波検査>
卵巣で卵の袋(卵胞)が育っているかのチェックを必要とする日が限定されるため、予約枠を超えて予約をお受けすることになりますので、待ち時間が発生することが多々あります。卵胞チェック後に注射、採血、看護師からの説明がある場合には滞在時間が長くなる傾向があります。

<人工授精>
ご主人様の精子検体の処理時間に1時間ほど時間が必要となります。
また、ご主人様が採精室のご使用を希望された場合には採取に要する時間に影響され滞在時間が長引く傾向があります。

<子宮鏡(日帰り手術)>
子宮鏡下子宮内膜ポリープ切除術、子宮鏡下粘膜下筋腫摘出術、子宮鏡下卵管通水術など、静脈麻酔下で行われる手術を指します。処置そのものは10分〜15分で終了しますが、手術開始前の準備時間と術後の安静時間も滞在時間に含みます。麻酔からの覚醒状態、安静時間が1時間〜2時間と個人差があり滞在時間に影響します。

今回の調査では、目標の滞在時間90分以内を60%の割合で達成しておりました。
前回とほぼ同様の結果となったことを分析の視点から考察すると、子宮鏡手術のように最低3時間は院内に滞在する手術、最低1時間、長ければ2時間の精子調整のための滞在時間を必要とする人工授精の滞在時間が含まれているため、全体の滞在時間を拡大している可能性もあると考えます。
調査する項目についても、次回からは考慮して調査を行いたいと思います。

4月から新たな診療体制の取り組みとして、予約料制度を導入しております。
円滑に診療を進めるため予約枠を調整し、また当日の予約・受診キャンセルの減少を図るなどスムーズに診療が進むよう取り組んで参ります。
また4月から始動しておりますオンライン診療アプリ「クリニクス」を活用した新たな診療システムも定着してまいりました。
クリニックに来院されなくても、スマートフォンやパソコンを使用し、自宅や職場から医師と面談することが可能です
来院までの通院時間や診察待ち時間を考慮すると大幅に待ち時間を軽減することができる為、多くの患者様に高い評価をいただいております
これらの便利なアプリを皆様にご利用頂くことによって、患者様の貴重なお時間を来院受診のために費やされることなく時間を有効に使って頂けます。また院内が混み合うことを予防でき、ご来院頂いている患者様の待ち時間もさらに減らすことができます。ぜひ積極的にご活用ください

これからも、医療サービスの質を維持しながら、スタッフが一丸となり、皆さまの医院滞在時間や待ち時間が短縮できるよう努めて参ります。
ご意見やご要望などございましたら、お気軽にお声掛け下さい
今後とも扇町ARTレディースクリニックを、よろしくお願い致します
  • URL:http://yaplog.jp/ohgimachi2511/archive/680
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:扇町ARTレディースクリニック
読者になる
大阪、梅田で不妊治療、体外受精を中心に治療をすすめているレディースクリニックです。
赤ちゃんが欲しいご夫婦に一日も早くお二人のお子様を抱いて頂けるよう、スタッフ一同、日々学び質の高い医療サービス提供を心がけております。
詳しくは扇町ARTレディースクリニックHPからご覧頂けます
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる