特に冬場は注意!!精子検体のお持込みについて

November 18 [Fri], 2016, 14:30
みなさま、こんにちは いよいよ寒さが増してきましたね。今回は、冬場には特に注意していただきたい、精子検体のお持込みについてお話させていただきます

寒い日には、お持込みされた検体カップがとても冷たくなっていることがあります。顕微鏡下で観察すると、ほとんどの場合、前回の検査値と比較して運動率が低下しています。思いの外、元気な場合もありますが、ほとんど動いていない状態の方が多いです。

精子は外気温の影響を強く受けます。暑さ寒さにとても弱いです

状態が悪いと、治療方法の変更を余儀なくされたり(体外受精予定が顕微授精に変更になる)、治療自体が中止になったりする場合があります。

それを防ぐには、できるだけ体温に近い温度を保つために、採取後の精子検体カップは寒い室内で放置などせずに、速やかにタオルで包み、外気に触れないようにカバンの中に入れるか、コートの中にいれて抱えるようにして、クリニックにお持込ください。

ただし、カイロ等で保温はしないでください。熱にも弱いので逆効果です。

当院では採精室もご利用いただけます(別途費用あり)。ご本人に受診歴がある場合はインターネット予約も可能です。ただし、インターネット予約の場合は、後日確認のためにご連絡させて頂く場合がございます。ご了承ください。



ご質問がございましたら、いつでも胚培養士・臨床検査技師にお声かけください

  • URL:http://yaplog.jp/ohgimachi2511/archive/645
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:扇町ARTレディースクリニック
読者になる
大阪、梅田で不妊治療、体外受精を中心に治療をすすめているレディースクリニックです。
赤ちゃんが欲しいご夫婦に一日も早くお二人のお子様を抱いて頂けるよう、スタッフ一同、日々学び質の高い医療サービス提供を心がけております。
詳しくは扇町レディースクリニックHPからご覧頂けます
2016年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる