ラボ通信#20:凍結受精卵の融解について

February 01 [Fri], 2013, 14:00
みなさま、こんにちは

今回のラボ通信は『凍結受精卵の融解(ゆうかい)』についてお話させて頂きます
受精卵の凍結に関しては『ラボ通信#19:受精卵の凍結保存について』をご覧ください。

凍結した受精卵は、いつとかすの
子宮内膜が、受精卵を迎えられる準備が整ってからとかします
採卵する周期は卵子が入っている袋(卵胞)を育てるのがメインですが、凍結受精卵を移植する周期(凍結融解胚移植周期)は、内膜を育てることがメインです。そのため、採卵周期よりも注射やお薬の量が少なくなります 内膜に十分厚みが出てきたら、仮想排卵日(Day0)を設定します。例えば、初期胚(Day3)の移植は仮想排卵日から3日後、胚盤胞(Day5)の移植は5日後となります。凍結受精卵は移植する約3時間前にとかして準備をしています

凍結受精卵はどうやってとかすの
胚培養士が特殊な融解液を使ってとかします。受精卵はマイナス196℃の液体窒素中に凍結保存されていますが、そこから37℃の融解液に浸して加温します。そして徐々に溶液を変えながら、凍結時に使用した凍結保護剤を浸透圧を利用して除去し、細胞内に水分を入れていきます(加水)。

加温中の状態です。中央のうっすらみえる丸いものが受精卵です。
スティック上にある加温中の受精卵です。

水分が戻っている途中です。

凍結前の状態に戻りました。
生存率はどのくらい
90%以上です まれに、グレードが悪い受精卵は融解後に生存していない場合がありますが、その確率は低いです。

日本の凍結保存技術は世界トップレベルと言われています。10年間凍結保存していた受精卵を移植して、健常な赤ちゃんを出産されたという報告もあるんですよ

以上が、凍結受精卵の融解についてのお話でした
ご意見・ご質問がございましたら、いつでも胚培養士にお声かけ下さい

  • URL:http://yaplog.jp/ohgimachi2511/archive/380
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:扇町ARTレディースクリニック
読者になる
大阪、梅田で不妊治療、体外受精を中心に治療をすすめているレディースクリニックです。
赤ちゃんが欲しいご夫婦に一日も早くお二人のお子様を抱いて頂けるよう、スタッフ一同、日々学び質の高い医療サービス提供を心がけております。
詳しくは扇町レディースクリニックHPからご覧頂けます
2013年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
Yapme!一覧
読者になる