ラボ通信#13:顕微授精時の紡錘体観察について

August 03 [Fri], 2012, 12:00
みなさま、こんにちは

今回のラボ通信は『顕微授精時の紡錘体観察』についてお話させて頂きます。

当院では去年の6月より紡錘体可視化システム(IX-ROBOpolar;ロボポーラー)を導入しております。これは、卵子の紡錘体(染色体の分裂に関わる;通常の顕微鏡では観察できない)を避けて、より安全に顕微授精を行うことができるシステムです

通常紡錘体は下の写真のように、第1極体と呼ばれる“でべそ”の近くにあります。

12時にある白いものが紡錘体、そのすぐ上には第1極体

そのため従来の顕微授精法では下の写真のように、紡錘体が第1極体の真下にあると想定して、第1極体を12時(または6時)の方向に固定し、3時の方向から針を刺して精子を注入しています。

12時にある丸いものが第1極体

しかし、約30%の卵子では、下の写真のように紡錘体が第1極体から30度以上離れている場合があります。

2時方向にある丸いものが第1極体、11時方向にある白いものが紡錘体

上の写真の卵子の場合、紡錘体を観察せずに3時の方向から針を刺してしまうと、紡錘体を損傷する恐れがあります 紡錘体に傷が付くと、受精しなかったり、受精しても育たなかったりといったことが考えられます。

下の写真のように紡錘体を12時方向に合わせて、3時から針を刺せば、紡錘体を確実に避けて、安全な顕微授精を行うことが可能です。

9時方向にある丸いものが第1極体、12時方向にある白いものが紡錘体

以上が、紡錘体観察についてのお話でした
ご質問がありましたら、いつでも胚培養士にお声かけください



  • URL:http://yaplog.jp/ohgimachi2511/archive/283
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:扇町ARTレディースクリニック
読者になる
大阪、梅田で不妊治療、体外受精を中心に治療をすすめているレディースクリニックです。
赤ちゃんが欲しいご夫婦に一日も早くお二人のお子様を抱いて頂けるよう、スタッフ一同、日々学び質の高い医療サービス提供を心がけております。
詳しくは扇町レディースクリニックHPからご覧頂けます
2012年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる