緑化技術の向上

October 30 [Tue], 2012, 15:50
昨日の夕食はポトフとパスタにしました。パスタだけでは炭水化物で栄養が偏ってしまうために、野菜たっぷりのポトフで栄養補給です。寒い季節やちょっとしたおやつにポトフはヘルシーでいいですね。私は野菜がトロトロになるまで煮込む方が大好きです。さてさて、久しぶりの快晴です。外は寒いですが、日当たりの良い大阪事務所はポカポカでほんわかとします。昨日の雨のせいか今日はあまり乾燥していません。しかし、関東に住んでいる知り合いに聞くと、ものすごく乾燥しているそうです。乾燥するこの季節、気を付けなければいけないのが火事です。消防局からもよくお知らせが届きます。少し前、といってもそんなに前ではありませんが、家の周りにお花などの植物を植えいることは当たり前だったと聞きました。ただ植えるのことが目的ではなく、防風・防火のためです。海辺にある住宅街の周りに防風のための木が並んでいる光景は見た覚えがあったので、なんとなく知っていましたが、防火の効果もあるとは驚きです。植物はすぐ燃えてしまう印象があります。壁面緑化は効果あり植物に火が移って家の延焼までの時間を稼ぐことにより、さらには植物の所で延焼が食い止められることもあるそうです。かなり意外です。とはいうものの、都心部だと植物を植えるスペースを確保することが難しいです。でも、いざ近くで火事が起こったらと考えると寒気が走ります。そんな時のために壁面緑化です!トーケンの壁面緑化には延焼を防ぐ2つの大きなメリットがあります。まず、基盤として使用している保水セラミックスパネルが燃えにくい材質であることです。これはまず燃えることがありません。そして、コケを使っているという点です。コケには水分が十分に行きわたっているので、一瞬にしてボワッと燃えることはありません。基盤とコケ、常に水分たっぷりな状態になっています。このトーケンの壁面緑化を室内に設置した場合、室内の湿度アップで美肌効果も期待できます。空調が常に効いているオフィスなどではかなり良い仕事をします。自然にお肌が綺麗になり、感動します。ごめんなさい。随分脱線していまいました。今は様々な機関で植物の耐火性能試験というものが行われ、火災に対する取り組みが強化されています。私のように、植物って余計燃えやすくなるのでは?という考えをお持ちの方は、この文章を読んでいて意外だったと思います。建物の命、ご自身の命、あなたの周りの大切な家族の命を守るため、ぜひお手伝いさせて頂きたく思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リーダー
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ohdohd/index1_0.rdf