任意整理による返済額の見直し

June 07 [Fri], 2013, 10:53
いつの間にか増えてしまった借金。


返しても返しても、残高が減らないとと思ったら、その借金の返済が苦になってきたら、滞り始めてしまったら、そして、金融会社から催促の電話がかかるようになってしまったら、任意整理を考えてみてはいかがでしょうか。



かつて、利息制限法では貸付金利は15〜20%と決められていたのに、出資法で超過した場合の罰則規定があるのは上限金利29.2%を上回る場合であったためこの金利を上回ることは実際にはほとんどありませんでしたが、罰則を受けない20%を上回る金利を取っていた貸し付け業者が多くあったためです。


要するに利息を払いすぎていたということです。


貸付業者と話し合うことで、返済額の見直しをさせることができます。


時によっては返済が完了と言うこともあり得ます。



ただ、任意整理をすると、信用機関のブラックリストに掲載されてしまいます。


そのため新たな借金やローンを5年程度することができなくなってしまいます。


そうすると借金や、新しくクレジットカードなどを作ることも、その間はできなくなるというデメリットもあります。


しかし、借金の額が減るのであれば検討の余地はあると思います。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ohbwj
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる