【 更新情報 】

スポンサード リンク

漢方で頭痛を改善、体質改善

漢方で頭痛を改善するには。

体質改善を漢方で根本的に行うのが本来の、自然な回復方法だと思います。

日本人の3人に一人が偏頭痛などの頭痛もちだといわれています。
ご自分の頭痛を肩こり症だからとか忙しいからと言っていると、
ただの頭痛のようでも脳内関係の恐ろしい病気の場合もあるのであまりひどい頭痛や長く続く場合は、
まずかかりつけのお医者さんに診てもらう事が大切です。
かんぽうで改善することはかのうです。

脳腫瘍やくも膜下出血などのうたがいもあります。
これが予防的な医療になります。
ずきずきあるいは重く痛む頭痛は
通常慢性頭痛で、緊張型頭痛、偏頭痛と群発頭痛に分けられます。
さて、頭痛によく使われる漢方薬には、
前出の緊張型頭痛野方には釣藤散が肩こりや目の疲れも一緒に改善してくれますので便利です。
また、手足の冷え性がある方で特に胃の調子が悪い方にはゴシュユトウなどがあります。
皆さん一人一人の体質や症状に合わせて他にカンポウゴレイサンなどがあります。

漢方は本来それぞれの個人の体質を先生が見極め処方する物なので、
まずは漢方の先生に自分の体質を診てもらい
処方を受けるかどうか決めるのが
自分の体のためになり養生になることとおもいます。

便秘を漢方でやさしく治したい。改善したい。

漢方で便秘を治すのは、
中国や日本だけでなくヨーロッパのハーブでもよく知られています。

べんぴで悩んでいる方はおおぜいいらっしゃいます。
女性におおく見られますが、男性にも増えているようです。
かんぽうでべんぴを治せれば、体の負担も軽減できます。
では便秘とはどんな状態の時に本当の便秘といえるのでしょうか。

かかりつけのお医者さんに教えてもらったところ、
2〜3日に一度排便があるようなら、それはベンピではないそうです。
少し安心した方もいらっしゃるとおもいます。

大変なかたは、一週間から10日もお通じがなく、
おなかはパンパンになり日常生活がつらく気分の悪いものになってしまうのです。
便秘には、慢性の便秘と一過性の便秘があります。

特定の病気ではないが慢性になってしまった便秘は長く続くと、
かたい排便のため痔になりやすくなるので注意が必要です。
そしてその慢性が毒素を輩出してニキビや吹き出物ができたり、
肥満になったり理由のない不快感や体調不良につながるのでご本人はつらい日々になるのです。

漢方では、多くの種類の漢方薬が出回っています。
「大王甘草湯、潤腸湯」などがよく聞かれる名前です。
漢方の先生に相談して処方してもらいましょう。

ご自分での予防、改善法はよく言われる「食物繊維」を多く含む食事を、
三食きちっととり腹部が動くような軽い体操を毎日続けましょう。
べんぴにも運動が一番のようです。

私の秘訣は、時間をきめて毎日、便意がなくても同じ時間にトイレに行くようにしています。

漢方でアレルギー性鼻炎、花粉症を改善し治したい。

漢方は、アレルギー性鼻炎とか花粉症に効果があるのでしょうか。

まずアレルギー性鼻炎や花粉症ででる
くしゃみ、鼻ずまり、鼻水には大きく分けて一年中症状の出る通年性といわれるものと、
特定の季節だけあるいは機構の時に出る季節性の症状があります。
どちらもかんぽうで治るのです。

通年性の代表は、
ハウスダストやダニによるアレルギーがよく知られています。
また、季節性では、季節の違いはありますが花粉症が一般的です。

予防法としては、
通年性の場合「ハウスダスト、ダニ」はこまめに室内を清掃して清潔をたもつことからはじめて、
ハウスダストが付着しやすい布地のインテリアをこまめに洗たくしておくことと、
基本的に布地性の家具を最小限にする努力も大切です。(布地のソファー、チェア、じゅうたんなど)

また、花粉症の場合は外出するときの直接体の粘液に花粉が付着しないように
メガネやマスクをして出かける注意はかんじんです。
そして帰宅時の対策がとても大切です。外出から帰ったら、
まずコートについている花粉は玄関の外で払い入室します。

そしてうがいや眼鼻の洗浄も効果があります。
ここからが本来の漢方の出番です。
漢方の先生に相談して、
体の特質にあった適切な処方をしていただき間をあけづに続けることが大切です。
一般的には書籍などでカンポウ「小青竜湯」などがありますが、
漢方の先生に症状をよく話して処方してもらうのがベストです。

自分の努力と、漢方の力があなたの自然治癒力を高めるのだとおもいます。
P R