畑中でケアーン・テリア

June 17 [Fri], 2016, 17:49
肥満対策は、得に妊娠中万全を期してやっておかないと不都合が生じたりもします。胎児の発育のためには、たくさん栄養をとったほうがいいと考える人もいますが、妊娠中は体重がふえすぎてもいいことはありません。セルフコントロールをないがしろにして体重が増加しすぎると、腰痛や高血圧、妊娠中毒症などの可能性が高くなってしまいます。妊娠中に肥満になると母体にも、お腹の赤ちゃんにもよくありませんが、そのほかにも妊娠中の肥満は妊娠線がふえる要因になったりもします。妊娠中に体重がオーバー気味の人は、産婦人科の先生から食事をセーブしたり、運動をするように指導されることもあるようです。ダイエットを意識して、肥満対策を心がけなが妊娠中を過ごしている女性もいます。極端なダイエットは母体にとって悪影響です。妊娠中のダイエットでは、日々の食べ物に注意し食べ過ぎを防ぐなどが中心になります。カロリー摂取量や、栄養の偏りに注意をすることや、体をほどほどに動かすこと、健康にいい生活習慣を維持することが大事です。和食中心のメニューにして、塩分をとりすぎないように心がけ、野菜をしっかり食べるようにしましょう。肉料理より、魚料理を多くしたり、鍋ものにして野菜をたくさん食べられる工夫をしてみるなども、効果があるといいます。妊娠中にダイエットしなければならない時には、決して無理をせず、体調の変化に気をつけながら、慎重にすすめることが大切です。妊娠中の食事は、カロリーが多すぎないように注意をしながら、バランスよく栄養を補給していきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Hiyori
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ohafnesetuiter/index1_0.rdf