自家感作性皮膚炎

November 23 [Sat], 2013, 17:53
また今年もこの季節がやってきた。
毎年、冬になるとかゆかゆ病が発生する。
足を中心に、何だかかゆいなーというところを無意識に掻いていると
小さなぶつぶつが出てきて、そのうち強烈なかゆみを伴った湿疹に
変化する。
このかゆさと言ったら、蚊に刺された時のかゆみのピークの10倍
という感じ。
しかも、掻けば掻くほど広がっていき、そのうち体の違うところにも
現れる。

発症は7〜8年前だろうか。
くるぶしの上あたりを蚊に刺されて、かゆくて掻いていたら、
いつまでも治らなくて、腕にもブツブツが出現し、
眠れないほど激しいかゆみに悩まされた。

「とびひ」かと思ったが、皮膚科で診てもらったら、
単なる「湿疹」と言われ、ステロイド剤を貰っただけだった。
納得いかなかったが、ステロイド剤が効いて治まったので
とりあえず良しとした。

だがそれから毎年これが発生するようになり、5年ほど前の
一番酷いときは手足だけでなく背中や腰にも湿疹ができ、
もう気が狂いそうなほどのかゆさだった。

その頃に、新聞記事の特集で「自家感作性皮膚炎」という病名を知り、
自分のはこれじゃないか?と思って調べてみると、原因も症状もぴったり。
まさにこの病気だった。

この病気の対処法は、とにかく掻かないこと。
そしてステロイドを塗れば、治る。

俺の湿疹がいつまでも治らず体のあちこちに次々発生するのは、
掻くことで皮膚炎が悪化し、そこから自分でアレルギー物質を作り出し、
そのアレルギー物質が付いた手で体の違うところを触ると、そこにまた
皮膚炎ができる。
という仕組みらしい。
これだ。
ようやくこのやっかいな皮膚病の全貌が分かった。
実際掻かずにいると、悪化はしない。
薬を塗れば、数日で湿疹は消えていく。
これでしのぎ、春になって気温が上がると発生しなくなるので
とりあえずは対処できている。
でも冬になるとまた発生するのだ。
一生こんな感じなのかな?
まあいいけど。
猟犬
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ogawanko
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ogyawanko/index1_0.rdf