舞台タンブリングvol.3

August 24 [Fri], 2012, 16:10
811観に行ってきましたドラマ版、舞台版とまったく観てなかったのでぶっつけ本番のvol3でしたが、とても楽しかったです。
メインのキャストはほぼテニミュでお馴染みといった感じです。
あとヒロイン役にモー娘。
の子ガキさん。
バーのマスター役にアリtoキリギリスの石井ちゃん。
役名うろ覚えなんで役者名でいきます。
感想※東京凱旋行かれる方にはネタバレあります。
トモドラマ版だっけなからの続投です。
ナイーブな役合うなというか声を張るイメージではなかったです。
トラウマとの葛藤が見所かな。
ところでDDATE入りしたけど大丈夫かなって思うくらい本人もナイーブそうです。
ばーちょん新体操部の部長役この人の演技好きだなあ。
よく動くしよくしゃべる。
最終的な役柄の決断はてめーふざけとんのかって感じだけど、大体の人はこの人と同じ道を行くんじゃなかろうか。
木戸後輩役大体ばーちょんに突っ込みしてたな。
部長とのつながりが一番濃かった人なので、部長の退学後が見所でしたね。
ばーちょんに向かってあんたも一緒に演技したかったろざま俺も一緒に飛びたかったってボソって言ったときが号泣ポイント。
春川トモが前居た大学の新体操部の後輩。
タンブリング中に怪我をして一生演技が出来ない脚に。
トモのトラウマ。
結局、新体操から離れられなくてトレーナーになる。
春川目当てで観に来たのにタンブリングの最初の演技で離脱だし、踊ってたのもOPくらいであれれーって思っゆらゆら帆船 韓国人 出会いたけど結局舞台自体が面白かったのでokok痛ってえええ足が足がっっていうセリフがトモのトラウマシーンとして3回くらい使われていて最後ちょっと笑っちゃった春川の痛がりようが垂ェかりトシとるいるい新入部員役。
トシが関西弁のヤンキーでるいるいがチャラ男。
二人共運動酔oすさまじいからな。
この二人には和みました。
るいるいの汗がものすごくて首元からキラッキラしとった。
しそん新入部員役。
怖くてバック転も出来なかったけど、トモの助言を素直に聞いたらやったー飛べたってなる。
かわいい。
ふわふわ。
かわいい。
ヒデさん途中途中鏡を開いて髪を整える。
どっかの雑誌のインタビューのヒデさん役柄がちょっとナルシストなんですけど僕と似てるですよねわかります。
女子新体操部にすごく人気。
イケ声。
汗がすごくて鼻と顎から滴り落ちてる。
ガキさん女子新体操部の部長役ちいちゃいのにツンデレヒデさん限定で自分にも他人にも厳しい人でかわいかった石井ちゃんゲストのことを下調べしてきててすげーなって思った。
ゲスト菅田くん初めて生でみたフィリップ。
頭が爆発してて、舞台上でもふわっふわでふらふらしててトモも石井ちゃんも苦笑してたけど面白かった。
新体操のみなさんライバル役でプロの新体操の方がタンブリングの演技するんですが、これがまた凄いんです。
カッコイイの一言に尽きる。
座席が最前列だったんでよく観れたんですが、スッと着地した時に衝撃が座席の方まで伝わるんですよね。
大技を決めたときの衝撃は感無量です。
メインキャストの演技も然り。
大阪千秋楽で木戸くんが演技中怪我をして離脱しました。
足を骨折ということで、タンブリングという題材的に演技は続行不可能ということで凱旋も降板になりましたね。
東京凱旋前に予定されていたロックミュージカルブチーチの方も降板となり、代役としてたーわんが起用されました。
木戸くんとたーわん、かつてテニミュで同じ遠山金太郎役を演じていました。
二人とも顔や演技も系統が違うので、二人の金太郎もまた違った印象で面白かった記憶があります。
日番谷くんはどちらかといえばクールな印象の木戸くんの方が合ってるかも。
でも今回たーわんが来てくれたことがちょっとうれしいんです。
スタッフの誰かが選んでくれたのかもしれないね。
ブリミュのオーディションに来て落ちてしまっていたのかもしれないね。
どちらにしろ、縁があって来てくれたのはうれしいことです。
共演者の方々のブログやつぶやきを見ると、そのうちの一片でもいろんな繋がりが滑ヤ見ることが出来ます。
木戸くんには早い完治と復帰を願い、たーわんには応援を投げかけていきたいと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ogvidofmak
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ogvidofmak/index1_0.rdf