図書館司書から作業療法士へ転職

March 30 [Fri], 2012, 0:11
図書館司書から作業療法士へ転職しました。今月で半年になります。作業療法士と患者は長く付き合うことになりますので、信頼関係を築くことが重要になります。図書館司書の資格は、図書館司書資格だけの単独ではなく、他の資格と一緒に取ることで非常に活躍の場が広がるといわれています。大学を卒業した場合は、短大などより初任給が5,000円から10,000円程度高めの場合が多いようです。「心理学」や「人間学」などに関する「人間と生活」をテーマに、幅広い教育を学びます。図書館司書は、養成校でしっかりと必要な知識や技能を身につけていれば、合格できると思われ、合格率は、だいたい90%前後と高めになっています。一般問題としては、解剖学、運動学、生理学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学、リハビリテーション概論、臨床医学大要、人間発達学、作業療法とリハビリテーションから出題されます。作業療法士は、単独で資格を取得するよりも、理学療法士や介護福祉士、社会福祉士など、他の資格を合わせて取得することで、より仕事の幅をひろげることができ、実際に複数の資格をとっている人が増えているということです。
前の図書館の職場に今だなごりはありますが、今はとても毎日が充実しているので頑張っていきたいと思います。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ようた52
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ognrt5ji/index1_0.rdf