アロマオイルは認知症に効果がある!?

December 12 [Fri], 2014, 2:46
人間の脳には中心部の記憶をつかさどる海馬という部位があります。
認知症を発症すると海馬がダメージを受けると考えられていたそうです。

しかし、海馬に直接つながっている嗅神経が最初にダメージを受けることがわかってきました。



この嗅神経にこそ認知症の予防のカギが隠されているそうです。
香りにより嗅神経を刺激することで、その機能を再生させ、そこにつながった海馬も活性化させ認知症の予防・改善ができるのではと考えられています。

認知症によいといわれているアロマは
ローズマリー・レモン・ラベンダー・オレンジです。

使い方は昼と夜で違います。
効果的な使い方を説明します。

・【昼用(日中用)】は集中力が高まるローズマリー・高揚効果があるレモン
をブレンド(活性系のアロマオイル)

・【夜用】は安眠効果のラベンダー・リラックス効果のオレンジをブレンド
 (鎮静化系のアロマオイル)

・アロマオイルの配合比率は
 【昼用】ローズマリー2滴 レモン1滴
 【夜用】ラベンダー2滴 オレンジ1滴

これをアロマペンダントなどに入れて使用します。


ただし、認知症に効果があるアロマは天然成分100%のエッセンシャルオイル(精油)だけです。
科学合成で作られたものには効果がありません。
天然の植物由来のものを使う必要があります。

精油は植物から大変な手間をかけてて抽出されています。
ラベンダーなら10mlを抽出するのに、約200本の花穂が必要で、
ローズはトラック1台分のバラが必要だそうです。

精油はとても高価なものですが、1回の使用量は僅かです。
使い方によっては経済的なものとなるでしょう。


100%オーガニックオイルが低価格で買えるお店はこちらです。
↓↓↓




天然アロマ低価格で販売中♪