おっさんになって思う「いのちの三原則」は、実にシンプルなもの

May 13 [Sun], 2018, 17:40
シンプルいのちの三原則

1.自ら命を絶たないこと

2.親より先に死なないよう日頃から心がけること

3.老いた命はより若い命を守ること


画:こころ画伯

もっとも怖い歯医者の話し

May 12 [Sat], 2018, 18:42
奥歯の左右とも大きな穴が空いていて、いよいよ歯がしみるようになったので、とうとう歯医者に行く決心をした。

アパートの近所で、土曜日やっているところをネット検索してみつかった1つに電話をしてみた。翌日の土曜日に予約が取れるか心配だったが、受付の女性は、「歯がしみるなら、早く対処した方がいい。昨日の今日の飛び入り予約だから、長い時間待つことになるかもしれないが、それでも構わないか?」という返事だった。

翌日の土曜日、予約の時間にその歯医者を訪れ待合室に入ってみると、そこには若者がひとりだけ??6〜7人座れる長椅子には誰も座っていない。

えっ、土曜日って混雑してるんじゃないの?電話予約した時も、混雑してそうな雰囲気だったのに・・・・さては・・・やられた。

でも今さら別の歯医者に変更することもできず、この歯医者に身を委ねるしかない、と諦めた土曜の昼であった。


画:こころ画伯 @tadano_sora


GWは家族と過ごす

May 07 [Mon], 2018, 18:19
GWの後半家族とともに過ごした。子どもたちはいつのまにか22歳と18歳になる。実年齢では大人だが、見た目はまだまだ二人とも15歳くらいか。

今回はじめて娘が、自分の抱える問題を話してくれた。なんと、パニック障害とのこと。子どもの頃から感受性が強すぎて、世間一般の刺激になかなか慣れないという性質は理解していたが、いざパニック障害という病名がつくと認識を新たにせざるおえない。

学校へ通う途中、電車が地下に潜ると電車に乗ってられなくなるということで、学校の心療内科の先生に相談したのがきっかけで、診断されたらしい。でも薬を処方してもらって、それを飲んでいれば地下鉄も大丈夫ということで、今は平気だよ、と告白してくれた。

このGW期間中、娘のリクエストで国立博物館へ家族みんなで出かけた。いつもならいっしょに行動しない息子も珍しくいっしょに行くと言い出し嬉しかったが、そろそろ家族でいっしょに何かするのも最後なのかな、と察知して息子が言い出したのだと感じた。

ちなみに国立博物館でGW期間中に展示物を覆うガラスケースに激しくオデコをぶつけたおっさんは私です。だってガラスが見えなかっただもん、お皿の模様を上から覗きたかったんだもん。

息子については、身長が止まったかと思っていたら、そのあと1cm伸びたらしく、とうとう我が家で一番の背の高さとなった。我が家は皆チビなので、息子だけは伸びて欲しいと願っていたが、期待も虚しくやっぱりチビの領域だが、それでも一番になったことはめでたくてよかった

GWを終えて単身赴任先へ立つとき母ちゃんに
「父ちゃん、単身赴任先へ帰らにゃきゃと思うと胃がキリキリし出したよ。家族とずっと生活したい。このままここにおったらあかんか?」

と言うと母ちゃんはすかさず
「えーーやめてよぉ。父ちゃんが胃が痛いか、母ちゃんや子どもたちが胃が痛いかのどちらかやから、父ちゃんが我慢してっ♡」

だってよ(^_^;)







TOKIOって1つの家族みたいなもんでしょ?

May 03 [Thu], 2018, 8:55
有名人のスキャンダルを煽るメディアにはうんざり、というのが第一印象だが、山口くんにについてまた別の思いがある。

もともと鉄腕ダッシュという番組をときどき見ることがあって、民放ならではの面白いドキュメンタリーとして楽しめてよかった。TOKIOのメンバーの個性のぶつかり合いが楽しかったり、彼らのバイタリティに感心させられることもしばしば。

山口くんは器用で物知りな頼られキャラとして一役を担っており、実際の山口君もそうなんだろうと感じさせた。個人的には飾らない性格に好感をもっていた。バラエティ番組の中で安心感を与える存在が山口くんだった。

今回の報道された事実だけを見ると、大人としては反省すべき行為であったとは思うが、メディアや周りが過剰反応し、おおごとにしてしまった感じがしてならない。少し前の、横綱日馬富士が引退に追いやらた事と重なる。事の重さに応じた適切な扱いができないのが、今のメディアであり、なんでも煽ればいいというスタイルが、福島のことでもずっと続いている。

そのおかげで貴重な才能がまたひとつ消されてしまうのだろうか。

山口くんが「またTOKIOに戻りたい」と言ったことに対して、他のメンバーが「何を甘いことを言っているのだ」と会見したらしいが、このことに違和感しか覚えなかった。TOKIOって家族みたいなものじゃないの?

家族が迷惑をかけたら、いっしょに謝罪してまわり、最善の策をともに考える。世間からの過剰バッシングに対しては精神的に守ってあげるものだと思っていたのに・・・

一度犯した罪を許さない社会ってどうよ。人間なんて誰だって多かれ少なかれ罪を犯しているはず。罪を犯したものに対して反省を促すと同時に、社会復帰の道を閉ざさないというのが良い社会のはず。TOKIOへの復帰以外にも社会復帰はあるとは思うが、TOKIOが1つの家族のように思えるからこそ1つの家族として再出発してもらいたい。







さよならエレジーを歌う女性ボーカル

April 29 [Sun], 2018, 10:26
菅田将暉「さよならエレジー」(2018年/作詞曲:石崎ひゅーい)をひょんなことから聴いた。哀愁漂うメロディが昭和チックで耳馴染みがよい曲。ドラマの主題歌だったらしく若い人がたくさんカバーしてた。

-Miho Ishikawa

-sae

-ひろみ

-コバソロ & 春茶


「トリーチャーコリンズ症候群に生まれて」を見て思うこと

April 22 [Sun], 2018, 13:17
NNNドキュメント「5万人に1人の私〜トリーチャーコリンズ症候群に生まれて〜」をyoutubeで見た。

はじめから差別や偏見のない社会などなくて、知らず知らずのうちに誰もが偏見を抱いてしまっている。自分だって知らず知らずのうちに人を傷つけているに違いない。

「せっかくこの病気に生まれたんだったら、じゃあ、自分のことをもっと知ってもらおう。自分が伝えていかなきゃいけない。」

「怖がっていたら何も進められないので、嫌な思いもするけど、それを乗り越えたらきっといいことがあると思う。」

と語る記代香さんの姿に感動した。一見、可愛らしくてどちらかというと自分を主張するような性格ではなさそうなのに、このような前向きな行動を取れた勇気に、ただただ感心するばかり。それに、記代香さんのような頑張る人のおかげで、周りの家族や友人はたくさんの幸せを感じることができるわけで、素晴らしいことだと思う。泣く必要はないのにこのドキュメンタリーを見て涙が止まらない。

これまで、小人症やダウン症の人は自分の周りで見かけることはあったし、子どもの頃にいっしょに遊んだりもしていたので、偏見は全くない。でも、トリーチャーコリンズ症候群のことは何年も前に、海外のドキュメンタリー番組で見ただけで、てっきり数億人にひとりいるかいないかくらいの珍しい病気だと思っていた。でも、今回の番組で5万人にひとりという割合と紹介されていたので、それなら日本だけでも2千人もいるってことでしょ?なのにこれまで見かけないってことは、患者さんは隠れて行動することを余儀なくされてるってことなんだと思う。それではダメでしょ。あたりまえに気にせず生活できるような社会にならなきゃ。

物理的バリアフリー化はお金がかかって、予算の問題があるけど、こっちの心のバリアフリー化は、教育や報道で解決できるもの。

最後に、前にも書いたことがあったけど、大事なことなので繰り返したい。

「障害を持っていて不便なことはあっても、決して不幸じゃない」

今回の記代香さんも、自分は幸せだと宣言していた。周りの家族や友人も、記代香さんに出会えてきっと幸せに違いない。







若い女性に叱られたい

April 22 [Sun], 2018, 7:30
中年以降になると、若い女性に叱られたい願望があることに気づいた。一般的には社会的地位が上がると、周りは誰も本音で物を語ってくれなくなるから、世間慣れしていない素直な女性に、おかしなことを指摘してもらいたい、というのがあるのだろうと思っていた。

しか〜し私の場合、歳はとっても社会的地位は末端なので、そんな状況ではない。それなのに若い女性に叱られたい、というのは人は皆、根がMなのかもしれない。

というわけで、このような心理を逆手にとった面白い番組がNHKでやっていた。そうです「チコちゃんに叱られる」。雑学クイズに答えられないと、5歳の少女チコちゃんに、「ぼ〜っと生きてんじゃねーよッ!!」と叱られるのだ。このとき、自分も叱られてる気分になって、これは爽快でよかった

民放出身のプロデューサーが制作のようで、とてもうまくできている番組。ちなみに英訳すると「Don’t sleep through life!」だそう。





やなわらばー「いちごいちえ」をハモる女性デュオ

April 18 [Wed], 2018, 20:32
軽快なリズムで、聴くと気分が晴れる曲「いちごいちえ」(作詞:Ryoji. 作曲:RYOJI・NAOKI-T. 2007年)。やなわらばーの石垣優さんは好きな女性ボーカルのひとり。楽しげにハモる動画がたくさんあったので、集めてみた。やっぱ女性ボーカルはよかった

-カラオケサークル?
 
-安藤舞子

-JK

-水谷沙織




Deaperadoを歌う日本人女性ボーカル

April 16 [Mon], 2018, 7:00
ツイキャスのピアノ演奏を聴いていたら、なぜがふと、あるメロディが頭を巡った。がしかしそれが何の曲だったか思い出せな~い。3時間ほど格闘した末、あ、desperadoだ、、、、歳はとりたくないもんだ、とこんなときは思う。・・・というわけでそのあと、素敵な日本人女性ボーカルの歌をたくさん聴きました。

- 宮原良仕子

- 広島綾子 和訳のdesperado

- Kokia

- Superfly





餃子を食べて歯が欠ける

April 11 [Wed], 2018, 23:24
数ヶ月前に右奥の上の歯の詰め物が取れて、そのまま放置してある。痛くないし穴が開いたままだが、今では慣れて気にならなくてよかった

なのに今日、餃子を食べてただけなのに左奥の上の歯が欠けた。尖った歯の先端が口内に当たって痛いわ、血がでるわ。歯がもろくなってる?もしかしてステロイドの副作用?と思って調べてみたらそうではないようだ。

できるだけ歯医者には行きたくないんだよね。一度歯医者にかかると長いから。痛くなければそのまま放置したい。でも元ヤンキーみたいな歯科助手さんに会えるなら歯医者に行ってもいいかな。これ以上医療費をかけたくないし、やっぱりしばらくは様子見だな。


画:こころ画伯 @tadano_sora



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:おじんちょ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 趣味:
    ・将棋観戦
    ・苦労
    ・転職
読者になる
現在、単身赴任中。家族を養うための出稼ぎです。年に3、4回しか家族に会えないので、さみしーーーーーいっ!
2018年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像おじんちょ
» もっとも怖い歯医者の話し (2018年05月13日)
アイコン画像ひいろ
» もっとも怖い歯医者の話し (2018年05月12日)
アイコン画像おじんちょ
» さよならエレジーを歌う女性ボーカル (2018年04月30日)
アイコン画像ひいろ
» さよならエレジーを歌う女性ボーカル (2018年04月29日)
アイコン画像おじんちょ
» 我が良き友よ替え歌(世界の俳優編) (2018年03月17日)
アイコン画像ひいろ
» 我が良き友よ替え歌(世界の俳優編) (2018年03月17日)
アイコン画像おじんちょ
» 母ちゃん、罪を重ねる (2018年02月23日)
アイコン画像ひいろ
» 母ちゃん、罪を重ねる (2018年02月21日)
アイコン画像おじんちょ
» うんkまみれの人生だった (2018年01月14日)
アイコン画像ひいろ
» うんkまみれの人生だった (2018年01月13日)
ヤプミー!一覧
読者になる