日本の「電気荒」を体験。役所昼からといって、無条件に消灯関ジャニエアコン

May 05 [Sat], 2012, 14:39

日本で地震発生から3日目を迎えて、東亜(トンア)日報の記者に直接立ち寄っ被災地のインタビューを行った。当時、は、東京をはじめの震源地は大停電になった印象的だった。3ヶ月が過ぎ去った後だった。日本の被灾地の电気もなかった」とし、「緩和することにした。今日本』が再び1ラウンド、前例のない「電気荒」真夏の电気がピークを夢見ていたが、これもとなると、日本国民の前での重要な課題として残されている。

現在、各種の省電力公益広告が満ちて東京の地下鉄だった。東京の地下鉄、庁舎、大手企業は一貫して、政府の構想で始めた電力削減しなければならない。東京の街を少なくない景観灯晩に衝突したこと偽ブランド
もあって、本来の彩り豊かで美しい夜景が東京地方の一部では珍しいだろう。

都によると総務局総合防災部防災対策は课长沟口裕昭さんによると、今年の夏の東京の用の電気需要は6000万kwだが、用の電気不足人員は15 %であり、このために今年夏にしなければならない省電力15 %となっている。東京そのためには、政府が企業に電力を強制的に統廃合しなければならない街頭景観の明かりをつけた。東京には記者とのインタビューで、「各政府機関が全ての事務所が未、エアコンをつけて、そして、準政府機関の昼均(电気をつけないで。

6月1日から、东京、各政府機関の公職者たちが出勤する時、必要はありません。ネクタイをネクタイなしにはそんなに热い、機会が減って、電力削減しなければならない。そこで、東京のコピーブランド
地下鉄で、本来のサラリーマンたちの頭蓋骨ほどしっかりネクタイなし(しかし、スーツに「異端児」の一场面だ。

電力会社は記者で東京へ行くとのインタビューで、フル・ほぼ2時間のインタビューは真っ暗な闇の中で行われた。(文章来源:広州日報)



http://yaplog.jp/brand77777777/archive/419
http://yaplog.jp/brand77777777/archive/420
http://brand77777.jugem.jp/?eid=424
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ogimenetg/index1_0.rdf