ミサトンが岩崎貴文

July 09 [Sat], 2016, 11:24
高齢化が進み、ナースは福祉施設でも需要が増してきているのです。それだけでなく、大企業になると医務室があり、そこにもナースがいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを手がけています。このような時は、この会社の正社員として入社することもあるようです。高校進学時点で衛生看護科に進むと、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、最速でナースになれるでしょう。でも、在学中に進路を変更したくなっても進路を変えるのは簡単なことではありません。それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、短い準備期間のために勉強時間や実習をする時間が足りずに試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。ナースを目指す理由は本当にどんなことをきっかけにしてナースを志望するようになったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。転職の場合の志望動機は今までに培ったスキルを活かしたいより誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。以前の職場への批判などは言わないようにしましょう。日本全国のナースの年収は平均して437万円くらいです。ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いているナースは、公務員としての勤務であるので、年収は平均して593万円くらいになるのです。公務員ナースは給料のアップ率も民間より高く、福利厚生の点でも充実しているのです。準ナースの場合だと、ナースよりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。ナースの資格を手にするには、何通りかのパターンがあるでしょう。ナース免許を手にするためには、国家試験を受ける必要がありますが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。試験を受けるためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護について勉強することが必要です。ナース国家試験に受かるよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいと思う人も多いといわれています。看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートが遅れてしまったり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年してしまうようです。それほど厳しい学校を卒業し、国家試験もパスした方には、ぜひナースの職に就いてほしいですね。ナースの国家試験は、年に1度催されます。ナースの人数の不足が問題となっているわが国にとっては良いことに、ここ数年におけるナース資格の合格率は約90%と非常に高い水準を保っています。ナース資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超過できれば合格を勝ち取ることのできる試験です。ナースの求人はいくらでもありますが、希望と一致する条件の求人があることは少ないでしょう。ナース資格を持つ方で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤がない場所で働きたいと思う方が多いです。望み通りのところに転職するには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウト
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ogetoxiedftalr/index1_0.rdf