赤羽でエリル

July 09 [Sat], 2016, 9:22
「介護士」という書き方と、「看護士」という書き方があります。



双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。漢字で表現した場合、この二つになります。過去には男性のことを表すのは看護士、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。法の改正があった2001年をきっかけとして、男女とも使える介護士の呼び名にひとくくりにされることになったのです。初めて介護士として働こうと思っても、就職先が見つからず、上手くいかない場合は、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。求人広告や求人サイトには特に年齢制限の記載がなくても、介護施設が裏で採用に関する制限を設定していることもあります。特に未経験で30歳以上の方が条件の良い働き口を見付けるには、厳しいケースが多いです。


仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、介護士で多いものは、職場での人間関係の難しさや勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。介護士には女性も多いので、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところも実は多いのです。


他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。辛い職場に身を置いて精神をすり減らすよりも、転職して人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのもひとつの選択として、覚えておきましょう。



女性に人気の高い職業の一つ、介護士になるためには、看護学校か短大、大学など専門の学校で勉強してから、その上で国家試験を受け、合格してやっと介護士になれます。試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、授業にまじめに参加して勉強さえしていれば、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。
介護士の養成を目的とした、専門の教育機関は看護専門学校や短大など、いくつかありますが、この数年の様子をみると、看護学校よりも学ぶ範囲が広く、保健師や助産師といった資格取得にも役立つ看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。
パートや派遣といった形で、夜勤を避けたりなどの働き方もできる介護士業ですけれど、大半の介護士は介護施設で働いています。


しかしながら、介護施設における看護業務の他にも、意外と介護士でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、保育園、幼稚園の保健室、企業内の医務室、介護施設や保健センターなどで、こうしたところで働く人はじわじわ増えています。
つまり介護士であれば、介護施設ではなくても介護士として仕事ができる場所はたくさん有ります。自身の生活が変わっていくのに合わせてその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。

普通のサラリーマンやOLと違い、介護士の仕事時間は交代制で夜勤があります。

規定通りの休みをとることはもちろんできるのですが、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人は大変多いようです。結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、安心して託児ができる施設などがなければそもそも夜勤などはできないものです。けれども、ここ何年かのことですが、育児を終えて再び介護士として働きだすようになる人もいて、そんな例が増えてきており、大きな戦力となっています。業務を交代制で進めていく中での極めて大事な仕事の一つとして、勤務内容の引き継ぎがあり、これは申し送りと呼ばれています。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項を次に勤務を始める介護士に口頭で話します。
伝え忘れなどミスのないようにし、また、相手がきちんと理解できるようになるべく簡素に話すようにします。
あまり時間をかけず、要領よくこなすということもとても大事なことです。


介護士は給料が良いことで知られているものの、実はその金額はどこで働いているかによって、大きく額が異なります。個人介護施設、大学介護施設、公立介護施設など勤め先はいろいろあります。退職する時に出る手当である、退職金については、都道府県や市町村などによる公立介護施設や、あるいは国立の介護施設なら、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。

個人介護施設はどうなっているかというと、介護施設にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、介護施設のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。

勤め先が公立介護施設の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は介護施設次第ということです。いま日本においては、EPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の来日した人々を外国人介護士候補生として受け入れるということを行っているのです。ですが、日本語を使った介護士国家試験に3年間の滞在期間中に介護士資格の取得ができなかった場合には帰国しなければならないと決まっています。


就労中に日本語を学び、また、国家試験に受かり介護士となるために勉強までしなければならないということで、大変シビアであるようです。入院設備のある介護施設に介護士として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、子持ちの介護士からすると大変な懸念事項となっています。


未就学児であれば、24時間いつでも預かってくれるような保育所を探したり、介護施設に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。


それでも、小学生以降は、夜間面倒を見てくれる場所というのがほとんどないというのが今の現状なのです。


ですから、介護士の中でもパートの勤務に変えていくという方も多くいるということです。

介護士は煙草を吸う人が少ない気がしますが、いかにもその通りで、介護士の喫煙率は平均を下回っているそうです。


病気の患者と接する職業上、煙草を吸って臭いが身体に残らないように意識している介護士が多い状況だと分かるのではないでしょうか。

昔から介護士さんになるのが夢でした。ですが、家庭の事情があって会社勤めをしていました。ですが、OLをしている間も介護士になりたいという思いが消える事がありませんでした。転職して、無資格で介護関係の仕事に就くという事も選択肢の一つでしたが、やはり介護士の資格が欲しいと悩んでいたところ、介護の現場で看護助手としての仕事をしながら介護士の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。


子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。



夜勤を含めた交代勤務が必須など大変な仕事を抱える介護士ですが、特に油断できない仕事が申し送りです。入院患者の健康状態や薬の管理までをすべて理解し、その情報を申し送りをする介護士に引き継がなくてはいけません。

伝言程度で終わるケースもよくありますが、病状や処置に関する情報については安易な気持ちで申し送りできないものです。

介護士に階級があるのをご存知ですか?高い階級から言うと、もちろん、それぞれの介護施設によっても異なりますが、一般的には看護部長や総介護士長がトップにあたります。具体的に、どのように階級が上がるのかというと、長い間同じ介護施設に勤めて実績を残しておき、周囲から信頼されるような人材になることが重要でしょう。
もちろん、階級が上がればその分、高い収入を見込めます。
介護士という仕事は「特殊な仕事だ」と考えられる方もいらっしゃいますが、他の仕事と同様に、労働者の権利を訴えるような組織がなければきちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。


ストライキを起こそうにも介護士という仕事では難しいため、雇用する側が、考慮することが大事なことだと思います。シフト勤務で働く介護士にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事でどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤のみという条件で転職するのも間違いではありません。

でも、忘れてはいけないのが、勤務時間が少なくなったり夜勤手当がなくなりますから、夜勤で働く介護士と比べて収入が少なくなることがほとんどです。

今の収入を減らしてでも、転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。大変な激務と世間一般に認識されている介護士というお仕事の、その中身を少し見てみます。
病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、もし容態が急に変わったら大事になりますし、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったことも介護士が行います。予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、人手の少ない夜間に限って幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、めまぐるしくてんやわんやと忙しいこともあったりします。思い返してみると、私が介護士になりたいと思ったのは中学校の授業の一環で仕事を体験するという時間があったのですが、介護施設に行ったのですが、そこの介護士さんに感銘を受けたのがきっかけとなりました。
将来的にはああいう風になりたいと思ったことをきっかけに高校卒業後、看護学校を経て今は介護士です。


大変なこともあるのですが、おおむね満足した日々を過ごしています。
介護士は、他業種と比べても給金は良い方ですが、それでも、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。一般的なほかの職業とは違って、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、その日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。
ですが、本業で勤めている介護施設で介護士のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、その前に本業での介護士の仕事自体が、相当ハードなものとあって、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。

もし、介護士が外科を勤務先として選択した場合の良い部分と、悪い部分について理解しておきましょう。まず第一に、術前の患者や術後の患者のケアを行うことにより、とても勉強になります。短所は何かというと、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長期に渡って落ち着いて患者との関係を構築していくということが難しい点があります。


最近多い二交代制や三交代制などの勤務形態、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、介護士を挙げることが出来ます。

外来の介護士であれば日勤のみということもありますが、一般的には病棟の方が必要な介護士も多いので、まだ勤務年数が短いうちはシフト勤務は避けて通れないと思います。実際に、私の妻も介護士としてシフトを組んで仕事をしていましたから、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって苦労した覚えがあります。友人は介護士として介護施設に勤めていたのですが、病気を治療するためしばらく介護士を辞めていました。しかし、完治させた後は、すぐに現場に戻り、今も介護士の職についています。



数か月間、仕事から離れていても、資格を持っていたらそこまで苦労なく復帰できますね。
私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。


一般的な認識では介護士は給料が安定している仕事だと位置づけられていますからもし、ローンを組もうとすることがあったとしても、比較的審査が通りやすいと言えます。ただ、非常勤勤務である場合等、非正規雇用の場合の介護士だと注意しなければなりません。



ローンを組むことが容易なのは正規の職員として雇用されている介護士については言えることなのですが、介護士であっても勤務形態が非常勤となると、ローンを組む際にスムーズにはいかないことがあります。

職場で担当する業務により、作業の内容がまったく変わってくるのが介護士です。


なので、病棟勤務の経験しかないのであれば、次の職場でも病棟勤務、というのはよくある話です。それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。そうすることで、その技能を一番発揮できる職場配置となるはずです。なので、夜勤を希望したいと言っておけば、まず間違いなく、病棟で働くことになります。大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、やりようによっては、土日に休むことも可能です。



交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、基本的に土日は休みになります。

まったく予想外の呼び出しによる出勤や、休日診療の当番が回ってくることもありますが、土日は休める、と考えてもよさそうです。
他には、個人の介護施設で入院施設がなければ、そういうところでは大体は土日は休みでしょう。収入の話になりますが、介護士という職業は、女性が一般の仕事でもらえる額と比較して、相当高めの給料をもらうことできます。介護施設という介護施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、どうしても回ってくる夜勤や、否応なしの残業に対する手当がしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。
他の人より夜勤をたくさんこなしていたり勤務終了でクタクタのところ更に残業をする人の給料をみると、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。
平均的に離職者の多い介護士という職業は、転職率も同じように高い傾向があります。

こうした流れを受けて、介護士専用の転職サイトが多種多様に存在しています。介護士の求人に特化した転職サイトであれば、さらに効率よく自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、十分な時間を取れない現役の介護士に最適です。



それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを併用すると、さらに有利に転職を進めることが出来ます。
世間から見ると、介護士は比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。場合によっては人の一生を左右する責任の重い仕事ですし、夜勤等、辛いことも多いですが、別の業種の給料と比較してみると平均的に高水準を維持できることが介護士の特徴だと言えるでしょう。

また、景気や経済に左右されにくいことも、介護士の安定性に一役買っています。


これらの高給や安定性を重視するならば魅力のある職業だと言えます。介護士が活躍できる場所は、介護施設だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。「グループホーム」という介護施設の分類があるのですが、その様な場所においても介護士の活躍が期待されています。



こういったグループホームに入所している方は、認知症患者の方であるため、十分留意したうえで関わらなければなりません。介護方面に興味のある介護士は勤務先にグループホームを選択することも考えてみると良いでしょう。

法律において、介護士というものはどういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。



介護士が介護行為を行うということは、今のところ認められていないのですが、例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。しかしながら、患者さんの容体が突然変わってしまったり、一刻一秒を争うような事態になった時には、経験豊富な介護士であれば、それなりの介護行為も認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カズマ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる