VIXX豊橋でのファンミ〜豊橋ブラボー〜大阪で「お嬢さん」&「コクソン」鑑賞レポ

March 18 [Sat], 2017, 14:53
3月12日〜

出雲縁結び空港から名古屋空港へ、1時間ちょっとでもう名古屋〜空港バスで、めいえき=名古屋駅〜名古屋からJRで、1時間くらい。遠っ。豊橋につきましたー。
VIXXのファンミーティングが、アイプラザ豊橋でありましたの。うふふ。
まあ、ファンミは、前半、クイズやゲームで、メンバーのわちゃわちゃ、いえっぽシーンをみせつけられ〜
後半、かっこいいライブをみてー。やはり、Depend on me(日本オリジナル)は、かっけーとか。
久しぶりに、「らっきょばれ」で楽しかったとか。「たちる」は鉄板だなーとか。
日本語の「ラブレター」は、本人たちの手書き日本語歌詞に感動しつつ。
なんて、いいコたちなのー。また、応援するからねー。と思わせるものでした。
はやく、ライブがみたいぞー。
で、ハイタッチは、誰にあたるかわからない、6人中3人が二手にわかれて・・・
私は、レオ、ヒョギ、ケンちゃんでしたー。
通路がハイタ会場になってるわけだけど。しっかり、ライトピカってなってて、アイドル美しい、尊い・・・と思わずにはいられないハイタッチ。。。すばらしいわ。VIXX!!(えねねんのうちわが売り切れてて残念だったけど。)

また、日本語上達したなーとか。
えねねんのご機嫌はよさそうだなとか。
そんなほっこりした思いで、アイプラザ豊橋をあとに。。。

で。愛知県在住の韓流大好き仲間(元はイ・ビョンホンファンクラブ仲間からの、CNBLUEファンクラブ仲間からの韓流大好き仲間のつながりでお友達の輪〜♫)が駅まで迎えに来てくれて、会場まで送迎してくれて、宴会も盛り上がりました!

なんか、癒される。笑うってすてき。いいよねーって語り合うの、すてき。
全国にこういう仲間がたくさんできてるってのも、韓流好きがつながり続けてるってこと。
ほんと、ビョンホンには、感謝してますっ!(≧∀≦)

で、豊橋のお友達のお家に泊めてもらい、せっかくだからと、静岡の浜名湖まで、ドライブを。ま、どこの湖だか、わからん写真だけど(笑)

もうちょっといくと、井伊直虎ゆかりのお寺とかあるらしいですが。そこまで行く時間がなく。
で、人気の蜂蜜屋さん〜長坂養蜂場へ。テイスティングとか、できて。いろいろ蜂蜜グッズがー。そして、蜂蜜ぶんぶんコロッケ。ほの甘く、美味しいコロッケでした。

そして!どうしても豊橋でこれは食べておかないと♫豊橋市名物、豊橋カレーうどん!カレーうどんの奥には、とろろと、ご飯が忍び込んでおりますっ!

なんていうか、カレーうどんととろろと融合がまろやかで幸せな味だったわ。
そして、名鉄で名古屋〜近鉄で大阪難波へ

夕方から、大阪へ。
♫道頓堀まで歩きましょうか〜♫歌うよね。
いや、心斎橋まで歩いて、シネマート心斎橋へ。
どうしても大阪で観ておきたかった韓国映画「お嬢さん」(R18)サイコエロティックスリラー映画〜なんと、メンズデー!まわりがみんなおじさんでっ!
すごい雰囲気の中、中身も凄かった!(*≧∀≦*)(放送禁止用語とか、バキバキ出てくるしー。でも、そこまでいやらしくないのよ。女性は美しいし。)

韓国映画「お嬢さん(アガシ)」は、1930年代日本統治時代の朝鮮を背景に、莫大な財産を相続することになった
貴族のアガシ(お嬢さん)と、お嬢さんの財産を狙う伯爵、伯爵に取引の提案を受けた下女(メイド)と、そしてお嬢さんの後見人の4人の人物がお金と心を奪い取るために騙しあうストーリー。。。。
日本のシーンも、日本語のシーンもたくさん出てくるので、そのへんもお楽しみに。


そして、大阪のお友達と合流して、メキシカンロック♫違う〜メキシカン料理のお店へー。トルティーヤに巻いて食べますっ!まいうー。メキシカンロック♫やっぱり歌うよね〜(≧∀≦)
てなわけで、大阪のお友だち宅(定宿)に、泊まり。

大阪では、もろもろお仕事関係でうろうろしつつ。
おお!通天閣みえるじゃん!と通天閣をバックに記念撮影を。(中には入ってないけど、大阪来たっぽい写真撮りたくて〜w)

んで、大阪の地下鉄で、PASMO使えるんだねー。良かったわー(ICOCAとPASMO、持ってくるのを間違えたのに、大阪でも使えるって初めてわかった)。
そして、地下鉄のドアがヒョウ柄模様で、さすが大阪やわーっ!ステキやわーってなりました(*≧∀≦*)

それから、牛カツの「京都勝牛」の心斎橋のお店(京都ではいつも行列のお店だそうな)で、牛カツっ!この赤身がソフトで、まいうっ!なんか、しつこくなく、さらっとしてるのね。牛カツって。うふふ。

そして、韓国映画をとにかく観たい私は、シネマート心斎橋で、話題の映画『哭声/コクソン』(Tジョイ出雲では、5/13から上映)鑑賞。もうね。すげーわ。ある意味。

クァク・ドウォン、國村隼、ファン・ジョンミン出演・・・

國村隼さん出演の韓国映画ってことで話題の。
韓国でも各有名映画賞等受賞されたってことで、話題の。
國村さんが、ふんどしとかで話題の。
迫真の演技で話題の。
で・・・・・・・・・・・・・あいごーっ!(とにかく、叫びたくなるのよ)
恐怖、闇、悪魔、そんな簡単な単語では表せないわ。
何を信じたらいいの、とにかく私たちを翻弄し続ける韓国映画Σ(-᷅_-᷄๑)。まさしくそれだわ。てな映画でした。
この『コクソン』があまりにも、いろんな意味で衝撃だったので(小泉今日子さんなんて、ひゃーっ!恐ろしいっ!と評されておりました。)
シネマート心斎橋の中にある「アシュラ」のパネル遊び写真を。わたしが、ファン・ジョンミンになってみた(笑)お面の目は、ちゃんとくりぬいてあるので、目は私の目がのぞいてます。(笑)

もうね。この痛々しいというか、救われないというか、後味の悪さというか、さすがの韓国映画たち。参ったわー、なので、ぜひ^^

とにかく、今回もお友達のおかげで、楽しい愛知&大阪でした!
みんな、ありがとねー。
また、遊ぼうねー。
うりびくす〜さらんへー。
てなわけで、ためまくったレポ、終わります^^

ソウル2日目〜その4〜デジタルメディアシティへ。

March 18 [Sat], 2017, 12:31
2017年2月1日〜ソウル2日目、デジタルメディアシティへ。

坡州市で、地方っぽさと寒さを満喫したあとは、一気に近代的なスポット、「デジタルメディアシティ(DMC)」へ。なんか、写真が一気にカラフル(笑)

IT企業やSBS、YTN、CJ E&Mなど各放送局ビルなども立ち並び、まさしくデジタルなビル街。

そして、MBC放送局のテーマパーク「MBC WORLD」へ。

MBCの人気番組に入り込める仕掛けがたくさんっ!めちゃ楽しい…とネットにあがってて。来てみた。


ここさー。MBCビルが二つあって、二つのビルを行ったりきたりするわけだけど。まず、入場券買うところがわからない。

んで、受付の女子に聞いても「ここじゃないです(ここはテレビ局用よっ!といった雰囲気)」と。それ以上、教えてくれんしー。
別の入口みたいなとこで聞いたら、「あっちのビル」って。だからー。あっちのビルもさっき通ったけど、入口もいっぱいあるしーって。人はいっぱい立ってるのに、みんな不親切。(テレビ局だろー。しかも、テーマパークだろー)
何回か行ったりきたりしてやっと、入場券購入場所へ。
そしたらさっきの無愛想だった女子がいきなり「MBCWORLDへようこそ〜っ!(営業スマイル)」っなって。え。えっ。えっっ!ってなった。か、韓国っぽい。。。
入場券買った人にはいきなり優しくなってて、このあまりの変わりように、むしろワロた(笑)
基本的に、ほとんどバイトの学生ちゃん?!たちだった。
明らかに、放送局側ではないっぽいコたちに、マニュアルどおりに案内されるのだ。なんかさー。マニュアルどおりに説明され、どんどん進められる〜パリパリ(早く早くーって感じ)って。もうちょっと説明読んだり、こういう番組なのかーって納得させてからにしてほしいのに。はい、次!次って。(平日だから、そんな混んでるわけじゃないのによ)各番組の世界に入るわけだけど、全部知ってる番組じゃないわけだし。韓国っぽいー。
でもま。
面白いわー。

晴れて入場〜入場料は、18000ウォン(およそ1800円くらい)なのだけど。


いろんな番組体験ができます〜G-DRAGONにプロデュースしてもらったり。

パクさんもめちゃテンションあがってたし。

ドラマや人気バラエティ番組のワンシーンに入り込んだり。

滑川康男(カンナム)がいたり。

オ・ミンソクと2ショットできたり^^

これは大人も子供も楽しめるー。








テレビニュースを読んでアナウンサー体験も^^

SHINeeのミノくんに、サインいただいたり♪


こんな,むふふ写真とかww

とにかく、テンションあがるわー。

わーい。

いぇーい。

うふふ。

でも、案内のヤング女子もいたけど、ヤング男子くんもいてね。このコはめちゃいいコだったー。
あっちは、行かれましたかー?こっちがどうですかー?って。
にこにこしてて、優しかった。

MBCの実際の報道局の様子もみれますしー。


実際、今、MBCで収録してる様子も上からみることができますー。



基本、MBC WORLDに入ってしまえば、優しい空間だった(笑)
あとは、入場券買うところをもっと丁寧に教えてくれさえすれば。
基本、だいたい日本語対応してくれます。

庭には、キム・スヒョンさまとチャンミンさまも鎮座しておいでです^^


MBCの隣には、韓国映画博物館もあります。

韓国映画の歴史にも思いを馳せました。

おのデジタルメディアシティには各放送局があり、それぞれゆっくりまわりたかったけどもう、時間がないわー。
おされなお店もいっぱいあったから、ショッピングもゆっくりしたかったー。


夜は、ソウル在住のお友達・KBS WORLD RADIO でおしゃべりしている中枝紫織さんと弘大の「ザ・モムチャン チュクミ」へ。

人気のチュクミ(イイダコのピリ辛炒め)をいただきました!
ここのは比較的マイルドな辛さだそう。と言ってもめちゃハフハフ辛いーっと言いながら食べるのですが。チーズチュクミを頼んだのに、つきだしがピザ〜ハチミツ付。もうこの徹底的感が、ソウルって感じ。

弘大のカフェで、ソウル事情をあれこれ聞いて〜楽しかったー。
まぁとにかく、時間がないのでよく動いた〜あっという間の、ソウルでしたー。


今回もお友達の皆さんによくしていただき、感謝感謝ですっ!
寒いから着込んできてねーと言われるんだけど、ヒートテックとか2枚重ねとかしても、室内や電車内はめちゃめちゃ暑いので。今度は汗かくのでー。んで、外は、マイナス6度とか、風が痛いほど冷たい・・・なので。中は薄着で、ダウンとマフラーとかで防寒着をしっかりがいいんだよねー。と思いました。

てなわけで、2017年1月末のソウルのレポでしたー。
さむさはむにだ^^

韓国2日目、その2〜 ソウル北西部坡州市の「ヘイリ芸術村」へ。

March 18 [Sat], 2017, 12:04
2017年2月1日、韓国2日目、その2〜
ソウル北西部坡州市の「ヘイリ芸術村」へ。

冬のヘイリ芸術村は、静かに何かを主張していた。雪が、というか、凍り方が日本と違うキンキン感。乾燥と痛いくらいの冷たい風がむしろ心地よい…わけもなく、やはり、耳が痛かった。静かに物思いに耽りたくなるヘイリ芸術村。

ていうか、平日は閑散としていて、閉まっているところも多く、大丈夫か?ここ。的な侘しさのある場所。

でも、芸術村と言いながら、古いレトログッズ博物館とか、雑多感が、韓国らしくて。

こんな薄寄れたスヌーピーが堂々とお出迎えしてるカフェとか。


なぜか、カフェの横にこのように適当に並べられてる人形?たち。
ウルトラマンとスパイダーマンと・・・映画「チング」の皆さん。チャン・ドンゴンさんやユ・オソンさんたち。私もチングの一員に加わってみました・・・・(笑)


エルビス(プレスリー)博物館らしいです。
休みでした。(残念)


おしゃれ(ぽい)カフェ。実は、お店のあじゅんまたちが、お客さんそっちのけで、ずっとおしゃべりしてた(笑)


そのさわがしいカフェで、ゆず茶とか。(店内ずっと騒がしい^^)


昔のレトロ文化博物館みたいなとこで。

とにかく、昔の風景が再現してありましたー。

昔の方々と交流の写真^^


とにかく、きんきんと冷え冷えとしたヘイリ芸術村。おしゃれな独特な建物、いっぱいあったんだけど。
寒い冬に、歩いてまわるのは、無理でしたー。広すぎてー。


なんだっけ。。。


とにかく、いろんな面白いところあった。


エルビスミュージアムのうしろ。

捨ててあるのか並べてあるのかわからないが、宇宙人とかいろんなものがおった(笑)


なんか、味のあるもの、ありすぎましたww





なんか、カブが植えてあったけど、こちらも、ぼろぼろ^^;;


アフリカグッズショップみたいなとこあったけど。


だーれも人がいなくて。お店の人さえも。しずかにこのアフリカグッズたちが、たたずんでいて、、、、コワかった;;


なんか、アフリカっぽいものだらけでした。
そして、誰もいなかった。。。。;;

もっと、あたたかい時に来たいわー。ヘイリ芸術村。

ソウル2日目、その3〜デジタルメディアシティへ、つづく。

韓国レポ2日目パート1〜坡州市・オドゥサン展望台へ。

March 18 [Sat], 2017, 11:24
わー。前回の韓国レポ、1日目、あげてから、こんなに時が流れ。。。。
おかげさまで、「おがっちの韓国さらん公開講座」は今年度、すべて終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました。今後とも、私のペースで韓国のことを文化を通じて学ぶ講座は続けていきますねー。
なんといっても、なにがあっても、韓国エンタメは、大好きだからー。
そのためにも、韓国のいろんなことを私目線で学んでいきたいのでー。

さて、、、、このブログ〜すっかり更新できてませんでしたー。
やばいー。
また、明日から韓国行くのに(笑)
てなわけで、Facebookと、韓国さらん講座であげてた、写真とレポをがーっとこちらにも書き留めておきますね。

2017年2月1日〜DMZツアーや板門店ツアーなどは、予め、申込が必要だったり、写真なども制限されたりするのですが、ここは、韓国の方も外国人もパスポート提示もなく、自由に行けるのです。
こういう場所に行ってみるのもいいと思います。
ソウル二日目。ていうか、三日目は、早朝から仁川空港に行かねばならないので、二日目しかフルに満喫できない。というわけで、ちょっと郊外へ。黒田福美さんの「韓国ぐるぐる」を読んで、とても行きたくなった、ソウル北西部にある坡州市へ。

パクさんのお友達アジョシ(おじさん)の車に乗せてもらう。めっちゃ、照れ屋の無口なアジョシで、私が韓国語で質問したら、パクさんの方みて、同じ質問をパクさんがするっていう(なんでだね〜笑)で。

職業きいたら、弁護士ニムだった!

以前、板門店に行った時にここは通り抜けたのだけど。やはり、ソウルから北へ行くと、北朝鮮に近くなるので、道路沿いには、有刺鉄線と、見張所の建物が。



そしてまだ、雪の残る「烏頭山(オドゥサン)統一展望台」へ。
雪道をあがっていくと、オドゥサン統一展望台がある。


オドゥサン展望台前に、憲兵さんのマスコットが。ネットでみた時は、建物の中にあったのに。今は、外に出てた。

漢江(ハンガン)と臨津江(イムジンガン)が合流する地点。

すぐそこに、北朝鮮がみえる場所。
2キロ先には北朝鮮。。。説明図。

風の冷たさと、歴史の重さ。そして、ここの場所の空気の澄んだ感じ。なんか、考えさせられた場所。

しかし、ネットでみた様子と全然違う。なんか、人がいない。殺風景。平日はこんな感じなのか。
映像で、日本語案内もあるとか書いてあったけど、誰もいないし(笑)


映像ルームでの映像。この映像は、今、日本で公開されてる北朝鮮のドキュメンタリー映画「太陽の下で 真実の北朝鮮」だわ・・・と思いつつ、ゆっくり見ようとしたら、すぐに上映が終わった。。。。

この看板も切ない。

「平和」「統一」

ソウル〜ピョンヤン〜パリへ、KTXがこのルートを走る日はくるのだろうか。。。


道路の雪かきアジョシと、売店の「おでん」「営業中」という日本語ちょうちんをこの場所で見るという、なんだかほんのりした感じが。重くて切ない気持ちに、あたたかさを感じたよ。

DMZツアーや板門店ツアーなどは、予め、申込が必要だったり、写真なども制限されたりするのですが、ここは、韓国の方も外国人もパスポート提示もなく、自由に行けるのです。
こういう場所に行ってみるのもいいと思います。



独立運動家のチョ・マンシクさんの像だそうです。


入場料は、3名で、9000ウォン。(だいたい、900円くらい)


展示スペースでは、作家さんの作品が展示されてました








DMZツアーや板門店ツアーなどは、予め、申込が必要だったり、写真なども制限されたりするのですが、ここは、韓国の方も外国人もパスポート提示もなく、自由に行けるのです。
こういう場所に行ってみるのもいいと思います。

そして、パジュの食堂街へ。

パジュは、豆腐が名物だそうですー。

そして、坡州市名物、豆腐料理〜コンビジチゲを、いただきました。「コンビジというのは、豆腐を絞ったカスです」って、パクさんの説明。
え、つまり。おからだよね。おから鍋ってこと。

豆腐とおからでヘルシーなご飯でしたー。そんなに辛くもないしー。

あと、大豆の炒ったの(節分食べるあの豆風味)も出てきたー。

韓国で節分感まで味わいましたー。

おまけコーナー。
弘大入口駅のところにいらした、ジェジュンさま^^


韓国レポ2日目パート2へ、つづく。。。

ソウル1日目〜ミュージカル「インザハイツ」、チャ・ハギョン(VIXX N)に感涙;;

February 05 [Sun], 2017, 16:56

あっという間の2月〜暦の上では、春ですねー。
まだまだ、寒いですがー。「おがっちの韓国さらん公開講座」ゲストの黒田福美さんの貴重なお話をたくさんきいて、また韓国を旅してきました。
2017年1月31日(火)
今回は、広島空港からエアソウルを利用して。。。(生放送があるのでスケジュール的に、米子ソウル便が利用できなくて^^^;)
松江道からの〜広島空港は、2時間半ほどですよー。近くなりましたねー。
島根出る時ははめちゃ寒かったのに。
松江道の峠は結構雪があったのに。
広島はめちゃいい天気でしたー。

この日は満席、周りは韓国の方ばかり。すでに韓国来たみたいに韓国語だらけ。旧正月、日本で過ごした方も多いんですねぇ。

エアソウルはといいますと、まったく米子から乗ったのと雰囲気も変わらず〜
広島から仁川空港へは、午前11時30分発。仁川空港へは、13時10分着。所要時間もほぼ同じくらいですー。
広島空港は、台北や北京への便もありますが、そんなに広いわけでもないので、米子空港よりは広いけど、国際線もわかりやすいですー。

仁川着〜いい天気ー。

ピョンチャンオリンピックのマスコットちゃん〜なにちゃんだっけ?が、おでむかえー。
あ。白虎の「スホラン」とツキノワグマの「バンダビ」ちゃんでしたね。

空港鉄道で、ホテルのある弘大入口駅へ。

駅名が、韓国語、中国語、英語、日本語で紹介されるのって、いいわね。昔は、駅名を聞きとるしかなかったので、いつも、緊張しながら電車に乗ったもんだわー。

今回のホテルは、駅のめちゃ近くです。
すぐに、松江ラーメンのパクさんと待ち合わせ。
ミュージカルの前に、ご飯たべましょう!ってことで。

で、松江ラーメンの朴さんと呉さんとテジカルビをいただきましたー。

柔らかくてめちゃ、美味しいっ!

呉さん〜ありがとうございます^^

パクさん〜ありがとー♪

弘大あたりは、おされなカフェがたくさんでー。

このカフェも、イケメンのお兄さんなマスターだった。
「The BLACK TOP」ってカフェです。

そして、一人で、パクさんたちと別れて、江南にある芸術の殿堂トウォル劇場でミュージカル「インザハイツ」鑑賞。
南部トミノル(ターミナル)駅から徒歩15分。風がどんどん冷たくなっていくー。寒すぎ痛いけど。
もうすぐ、えねねんに会える!!!ふぁいてぃん!!

このあたりは、雪もまだ残ってるし、凍ってる!
歩くの気を付けてー!といった感じで。
ついたー。
芸術の殿堂!ほんと、殿堂っぽい立派な建物ー。

オペラ劇場とかもあるので、たくさんの人がいましたー。
奥のトウォル劇場へ。

ミュージカル「インザハイツ(인더하이츠)」!!(2月12日まで)
今回、どうしてもこれが見たかったのは、、、、
私の大好きなVIXXのチャ・ハギョン(N、えねねん)くんが出ているのです。
しかも、ハギョンは、初主役級のベニー役!!
これは、ファンとしてはしっかり目に焼き付けておかないと!ってことで。
「インザハイツ」は、ブロードウェイの傑作ミュージカルで、韓国でも日本でも公演されてるのだけど。
日本版「インザハイツ」では、

ベニー役をあの、松下優也(べっぴんさんの、栄輔さん役の)がやってましたー。

実は、このミュージカル、私は見るのが、2回目。前回は一昨年、ベニー役が、EXOのチェンでしたー。

こちらは、2015年の「インザハイツ」のキャスト。
チェンのベニーもよかったなー。これみて、チェンのファンになったくらい、このベニーは、かっこいいのです。

こちらも、2015年のもの。SHINeeのキーくんも「ウスナビ」役も長いですねー。
その他、INFINITEのメンバードンウやソンギュも出演してましたねー。

そんな思い入れのあるベニーをついに、2017年!うりハギョンが!!もう、もう、ああ、はぎょなー、ふぁいてぃん!

おお、柱とかにもいちいち、感動。

SHINeeのキーくんも「ウスナビ」キャストなのですが、この日のウスナビは、ヤン・ドングンさんです。

おお!TODAYS CASTの看板をみるだけでも、胸が熱くなる;;

こんな大きい写真で;;
大御所ヤン・ドングンさんと肩を並べて;;
ハギョン〜よかったね;;
で、並んで写真とりたいけど・・・周りに日本人がいないわー。
ヤング女子ちゃんは、みんな自撮りが上手。人に、撮ってくださいとお願いするのは、あじゅんま(おばちゃん)だけ(笑)
かろじて、韓国あじゅんまをみつけて、「写真、ちごじゅせよー(撮ってください)」
私が、この年齢なので、ヤンン・ドングンさんのファンだと思われたようですが。

「あにえよ。チャ・ハギョンぺにえよ。VIXXぺにえよ。いるぼねそ、わっそよ(いいえ、チャ・ハギョンのファンです。VIXXファンです。日本から来ました)」韓国あじゅんま「おも!ヤンドングンぺん、あにえよ?びくす?ちゃ・はぎょん?あいごー。」(えー、ヤンドングンファンじゃないのー。若いびくすのふぁん?まーなんてことー)
とか驚かれつつ。

韓国では、やはり、私たちの年代が、こんな20台アイドルのファンになることはまだまだ珍しいことのようでー。(日本じゃあ当たり前だけどねー)

20時から始まりました。

座席は、前から6列目、中央。
ベニー(ハギョン)が、中央で演技すると、まるで私にむかって、私に視線をくれてるような、すばらしい席でした!(ミュージカルは、できるだけ、中央でみるのがいいよねー)

ニュース映像より。

かっこいいベニー@チャ・ハギョンでしたー!!
あっという間の2時間40分でした;;

なんていうか、品のいいベニーでした。まあ、もともとイケメンがやる役なんだけどね。
飛んでいくとことかのしぐさが、えねねんだわーとか。
あのポーズ、えねねんだわーとか。
細かい演技もがんばってました。
そして、何より、ダンスをしてる時のしあわせな表情;;
周りのキャストの皆さんは、ダイナミックなアクロバティックなダンスが多いんだけど。
ハギョンのダンスは、しなやかなの。やわらかい繊細なダンスなのー;;ああ、そこしっかりわかったからね!

ベテランのミュージカル俳優さんたちの中では、まだまだハギョンの声量は足りないけれど。
品のある、オーラはしっかり放っていました。
必死にがんばってるパワーは感じました。
そして、歌って踊ることがもともと大好きなので。デビュー前にミュージカル出てたことはあったけど。
デビューしてから、ここまでの大役は初めてなのでー。
ミュージカルが楽しいっ!って思いながら、やってたんだと思います。
ほんとに、やりたかったことができてよかったねーと、頭なでなでしてあげたいくらいでした。
ニーナ役の女優さんとポッポシーンもあるのですが。しっかりがんばってました!!!!

ブラボー!チャ・ハギョン!ベニー!!!
カーテンコールになったら、いつもの、VIXXのえねねんになってて、ファンのコたちに、「いいね」ポーズをしていて、ファンの方たちも、「いいね」ポーズ返しをしていました。

よくやった!はぎょん!!!これしか、言えないくらい感無量;;(少々、声量が・・・・というのは、これからの伸びしろに期待!!)
練習生としてがんばって、やっとデビューして、アイドルとしてがんばって、やっとやりたかったミュージカル;;しかも、主役;;うう;;泣けるわー。

そして、劇場出る時は、みんなが出待ちをしています。
このトウォル劇場が、楽屋から駐車場まで通路が長いので、ファンの方たちはしっかり花道作って。
ほとんどが、ハギョンのペンたち。
次々とキャストの方々が出ていきます。
大御所・ヤン・ドングンさんが、大御所感たっぷりに出てこられましたー^^

そして、お友達のお友達で、この「インザハイツ」の重要キャスト・サニー役のユク・ヒョンウクさんにご挨拶させていただきました。
ユク・ヒョンウクさんは、たくさんのミュージカルに出演してらして、もう、その存在感はすごかったです。体もばっきばきに鍛えてらして、アクロバティックな動きやダンスもぱきぱきのキレの良さ。すばらしいミュージカル俳優さんです。この「インザハイツ」も何公演も出演されてますし、日本公演もユク・ヒョンウクさんでした。ユックンと呼びます。

この赤い帽子とタンクトップの方が、ユックンです。ナイスな二の腕です^^
そんな大先輩とハギョンが絡むシーンもたくさんあってー。こういう先輩のいいところをたくさん吸収してほしいわ^^
で、とても優しいユックン(ユク・ヒョンウクさん)と、ツーショットを撮ってもらいましたー。
こういう時、ミュージカル俳優さんは、優しく、サインや写真に応じてくれます。

ゆっくん。めちゃ優しかったー。日本語でいろいろお話もできましたー。ありがとうございました^^

で、最後にやっと、はぎょんが出てきましたー。

今まで、VIXXには、仁川空港や大阪やいろんなところで、偶然遭遇したりもしていますが。

こんなにゆっくりはぎょんをみれたこと。
そして、写真も撮ることができたことも、初めてでしたー。
(だいたい、VIXXのまわりは・・・基本、マネージャーがピリピリしていて、写真あんでーと言われるのだけど)
このミュージカルの出待ちだけは、めちゃおっけーでした。そしてこの劇場の通路がゆったりしてるし、他のお客さんとかもう通らないので、ほぼ、ハギョンとファンだけの空間になり。
ハギョンも本当に、一人ずつしっかり目をみて挨拶してくれました。
ほんとうに、しっかりと^^^
車に乗ってからもしっかり窓をあけて、挨拶挨拶。
充実したいい笑顔で帰っていきました。
ほんと、自分の推しのコのこんなに満足した顔を間近で見られるって嬉しいことでした。
ミュージカル、ブラボー!
チャ・ハギョン〜ブラボー!

で、トウォル劇場から帰る時、めちゃ遅くなり、午後10時半頃に公演が終わり、出待ち終わったら、11時半くらい・・・そして、南部ターミナル駅まで、さらに凍った冷え切った道をころばないように歩く。。。

え、もう最終?って感じになって。。。。なんと地下鉄がホテルの最寄り駅にたどり着く前に終わってしまい、ここはどこ?ってとこでおろされました(笑)

トイレに行きたいけど、地下鉄のホームにあと120mとか書かれてると、遠い、まいっか〜ってなるっていう。(遠いのか、近いのかって感じだけどー)

すぐに、タクシーをひろえましたがー。
テクシアジョシ(タクシー運転手さん)に「ほんでいっくよく(弘大入口駅)」が、通じなくて(笑)
「ホンデユニバーシティステーション?」って、アジョシに言い直される(笑)
さらに、「イーボンチュルグ(2番出口)」と言ってるのに、「ナンバートゥーゲート?おっけー」と言われて(笑)
通じないんかいっ?!ってなった。
とにかく、無事にホテルまでたどりつきましたー。
一日目、幸せに終了ですー。

おまけコーナー
「インザハイツ」チャ・ハギョンのニュース映像です♪ああ、感動が蘇ります;;
広告
http://yaplog.jp/ogatch/index1_0.rdf
プロフィール
  • ニックネーム:おがっち
読者になる
おがたえつこ/DJネームは「おがっち」。エフエム山陰「おがっちのレトロ本舗」メインパーソナリティ。 2001年、韓国映画を観て、韓国に興味を持ち始める。映画、ドラマ、K-POPに惹かれ続けて、10年。ハングル検定4級。最近は、地方にも魅力を感じ、浦項市ではホームステイを続けている。韓国大好き仲間の交流の場「おがたえつこの韓国さらん」を主催し、芸能だけでなく、歴史や文化を学び、より韓国を理解しようと活動を続けている。 【メールアドレス】 krsarang@backfire.cc
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31