クスサンの窓際

July 09 [Sat], 2016, 13:26
働き方の違いで、介護士であっても収入に差が出ます。

正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。では、パート介護士の時給はいくらくらいか見てみると日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺がパート介護士の時給としての相場です。
これを単純にパートの時給とみると高い時給だと一見思えるかもしれませんが、人の命に関わる責任の重さや心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、つくづく安い値段ではないでしょうか。



介護士の資格を取得するにはよく知られている、二つの方法があります。それは、看護専門学校に行く方法と看護大学に行く方法です。
カリキュラムの内容に大きな違いはありませんが生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。その一方で、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、実習時間が多く設けられているため、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。



たくさんの人と出会える街コンですが街コンへの参加を決める介護士というのは、実は少なからずいるのです。


女の職場なので、男性との出会いのチャンスがなくて、新しい出会いを求めて、介護士がエントリーするのです。街コンの場面でも、介護士は人気があります。

ですが、せっかくいい相手が見つかっても、後々になって仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、上手くいくケースばかりではないのが現実です。


私がなぜ介護士になりたいと思ったのかというと、中学校の授業の一環で仕事を体験するという時間があったのですが、体験先の介護施設の介護士の方に心を動かされたのが契機となりました。

将来は、こういった職業で働いていきたいと考えたことが端緒となり高校卒業後、看護学校を経て今は介護士です。大変なこともあるのですが、充実した日々を過ごしています。
ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。

社会が高齢化していることもあり、ここ数年でどんどん介護的な処置を必要とする人々が増えてます。



なので、介護施設で勤務する介護士についてもさらに多く必要とされていますが、現在、介護機関はどこでも人手不足のようです。
しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、それによって求人も多くなりますから、介護士にとっては、転職がやりやすいといった大きなメリットもあります。
介護士の仕事は他職種と比較して高いお給料をもらえます。



だから、というわけではないかもしれませんが、おしゃれな人が多くいるように感じられます。そうはいっても、介護士の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。


介護施設にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、お金を使う時間がなく貯まるばかりと耳にすることがあります。
給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのが最高でしょう。交代制勤務や夜勤の仕事、煩雑な業務に外見のチェックまで介護士の仕事は大変ハードでも、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。



入院している患者に関する情報をしっかり覚え、しっかりと次の担当介護士がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。簡単な伝言で済むレベルのものも多いとはいうものの、症状に対する重要な処置の方法などに関しては間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。

介護士が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。働く介護士が不足している介護施設などいくらでもあって、ですから、求人だってもちろん多いです。例えば今現在、勤め先で扱われ方が酷くて、まったくやりがいを感じられないとか、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、単に給料や労働条件だけを見ないで、その職場が働いている人にどう評されているかといった、口コミなどがわかると良いでしょう。普通、介護士としてキャリアを積んでいくと昇進します。

具体的には、婦長と聞けば誰でも知っている役職ですが、他にも階級ごとにいくつかの役職があります。昨今の介護士不足の影響で、看護学生やパートの介護士も珍しくなくなってきましたから、国家資格を持った正介護士の立場では役職的には上の立場に立っているという訳です。
収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。

介護士は、他業種と比べても給金は良い方ですが、それでも、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。
Wワークに向いた仕事も様々で、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。



ただ、本業の介護機関において副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。そして、その前に本業での介護士の仕事自体が、相当ハードなものとあって、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。数年前までは介護士というのは女性の職業と思われがちでしたが、ここ数年の間に男性が介護士として働くケースも珍しくなくなってきました。
実際の看護の現場では、患者を移動させる時や入浴介助の場面など、案外力仕事も要求されますから、男性介護士の存在は有難がられることも多いです。女性と年収に関しては同じですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでより多くの経験を積むことが出来ます。

一口に介護士といっても、その職場は多種多様で、様々な科を併設した総合介護施設から町医者までかなり違いがあります。介護施設に限らず、保育園や介護施設といった場所も介護士の勤務先です。会社によって給料が変わるもので、当然ながら、介護士の場合も同じでしょう。総合介護施設と町医者とでは給料も変わってくるでしょう。

これらの事を考慮すると、介護士として働く人の平均年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。現在、私は介護施設事務として働いています。普通は仕事中に介護士さんとの接点はありませんが、どの方もいつもせわしなく働かれています。夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。しかし、案外、忘年会の時に、うまく対処されているなと感じたのが、介護士さんの中で、子連れで来ている方が結構たくさんいたんですよ。

先生方も笑顔で、和やかで楽しい会となりました。


業務を交代制で進めていく中での極めて大事な仕事の一つとして、申し送りを行なうことにしている介護施設は多いです。

患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、その他報告しておくべきいくつかの事項を口頭で直接、次の人に説明を行います。申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に話すことが大事です。業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量も当たり前のように期待されます。


若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の介護士はほとんどが女性の職業でした。

しかし今日では介護士という名前も定着して、男性の介護士も多いです。



介護士に相応しい性格や能力をみても、介護士に関する変化は、時代の流れとして自然なものだと言えます。母性的な優しさだけでなく、緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力も介護士にとって大事なポイントになっています。仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、介護士の世界にもそれはたくさんあり、例としてエッセンなる言葉があるのですが、ご存知でしょうか。食事をとってきます、と仲間うちだけに伝わるようにしたもので日常的に使用されています。そもそもエッセンとは、というと、デタラメでも略語でもなく「食べる」のドイツ語です。

介護の現場においては、介護先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、それが今まで細々と生き残ってよく使われ、親しまれている用語です。

介護士が活躍できる場所は、介護施設以外にもあります。
それはどこかというと、介護施設です。

そのうちのグループホームでも介護士の活躍が期待されています。グループホームの入所条件にあてはまる方というのが、認知症患者の方であるため、気を付けて接する必要があります。介護の分野に関心があるという介護士は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのも視野に入れてみてください。
今日のところ、日本ではインドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、外国人介護士候補生の受け入れを行っています。しかしながら、日本語で出題される介護士の国家試験に3年間のうちに合格し、晴れて介護士、とならなかった場合には自分の国に帰らなければなりません。就労と日本語の勉強と国家試験に受かり介護士となるために勉強までしなければならないということで、かなり過酷な条件であると言えるでしょう。

介護施設に初めて介護士が就職を果たした時、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、ほぼ希望を通してくれるケースも多いですが、人事担当者の考え次第で決められてしまうこともあるでしょう。全く意外なところに配属されたら慌てますが、しかしそれも、その場所にその人が最適だという判定から、検討された結果であることがほとんどでしょう。

でももし、その配置に不満がやまないのなら指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。
すでに超高齢化社会となった日本ですが、病気のリスクを抱える高齢者の増加で、介護機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、介護士はさらに忙しくなっていきます。お世辞にも良いとは言えない労働環境で、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、過労死という痛ましい結果になった介護士もいます。では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、介護施設を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、そこでも高齢者人数の増加によって、さらに介護士の需要は高まっており、介護士は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。病棟に勤める介護士は、夜間も常に患者のケアにあたるためほぼ確実に夜勤があります。具体的な勤務時間でいうと、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。
普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。

一方の3交代勤務では休みと出勤が8時間で区切られるため、家に帰っても十分に休めない事もあります。


希望する介護施設がどのような勤務形態なのか調べておきましょう。一般的に見て、介護士の給料というものは良いですが、詳しく見てみると夜勤の手当に依るところが大きいことによって稼げる金額が多くなっているのが実情です。



ですからより高い給与を介護士の仕事で得たいのならば、職場選びの際、日勤だけではなく夜勤で働けるところにしましょう。

当然ですが、夜勤の時間帯の勤務の有無によって給料の額は違ってきます。

日々、介護士の激務に追われて働き続けていくと、つらいこと、大変なこともあります。
そうなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。



全体的に見て、比較的忙しくない診療科としては、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。
ところが、専門性の高さですとか、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、仕事内容がきついかどうかは、変わってくるでしょう。そもそも介護士といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。そして、介護や介護など、様々な場面で求められています。



その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、丁寧に探してみれば、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。

最近スマホやPCで閲覧可能となっている介護士を対象とした転職、求人を扱うサイトなども増えてきていますから、上手にそういうものも使ってぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。

社会に出たばかりの新卒介護士や、転職によって新しく働きだした介護士に、間違いなく残業をしているのに、相当する手当が出ないという職場があるといいます。ただ働きで残業をさせるのは、労働者が新人かどうかは別の話で法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。
就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、こなした分はしっかり、働いた人に支給されるべきでしょう。
一般的に、介護士という職業は比較的高給のイメージがあります。


介護現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的など大変な仕事ですが、給料で見れば平均して高水準を続けられることが目立ちます。

景気に左右されないのも強みでしょう。高給が約束された安定した業種としては介護士はメリットの多い職業だと言えます。

公務員介護士になるには、勤務先を国公立の介護施設にすることです。


介護士は専門職で長く勤務することが出来る安定した職種の一つであるとして人気なのですが、さらに公務員の待遇が付加することでもっと安定性が高まりますよね。
給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのは魅力的なメリットです。一般的な認識では介護士は給料が安定している仕事だと位置づけられていますから借り入れをしようとしている場合にも大体の場合、スムーズに審査を通ります。

けれども、介護士の中でも非常勤の場合など、多少安定していないというケースでは注意する必要も出てくるでしょう。スムーズにローンを組むことが出来るのはどういった場合かというと正規の職員として雇用されている介護士のように、安定している場合なので、非正規雇用の介護士についてはローンを組むことが困難なことがあります。


看護のスペシャリスト、介護士になろうとする場合、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。この国家試験については毎年、受験者の約90パーセントが合格していて、まじめに勉強していた学生にしてみると、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。

介護士の養成を目的とした、専門の教育機関は看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。よく言われることですが、介護士という仕事から得られる充実感は大きいものです。しかし、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。


することは多く、責任は重く、実働時間の長さに加え、その不規則さも特筆するべきレベルですし、なにしろ介護に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。



ハードさを充分納得しつつ、介護士のお仕事を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、難点を補って余りある長所も多いということに他なりません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:日菜
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/og22oes2sgnuya/index1_0.rdf