お風呂上がりのカサカサ肌を簡単に防げる対策

October 01 [Thu], 2015, 1:28
・肌がカサカサして困る。
・入浴後は、肌が乾燥して痒い。
・化粧水をつけるとヒリヒリする。

毎日、お風呂に入るのは清潔で良いことですが、間違った入浴の仕方や洗い方をすると、
肌が乾燥しやすくなってしまいます。

熱いお湯に長時間浸かるのは健康的だと思われがちですが、肌にダメージを与えてしまいます。

肌には、細胞を外部の刺激から守ろうとするバリア機能があります。
このバリア機能は、熱いお湯に弱いので、肌の中にある保湿因子(NMF)を流れ落としてしまいます。

保湿成分がないと、肌の水分がどんどん奪われてしまい、乾燥肌の原因になります。

また、体を洗う時、ナイロンタオルや硬いボディブラシを使うのもNGです。
熱いお湯と同じく体を保湿してくれるNMFを洗い流し、カサカサな肌になってしまいます。

肌を今以上に乾燥させたくない方は、「入浴はぬるめのお湯に浸かる」「柔らかい素材のタオルで洗う」ことをお勧めします。

入浴時に保湿効果のある入浴剤を使うのも乾燥を防ぐ方法です。

保湿できる入浴剤は様々な商品がありますが、私が調べた中で特に評判が良いのは、
「みんなの肌潤糖風呂」です。

ビート由来の砂糖成分や潤い保湿成分が含まれているので、肌の内側まで保湿しつつ、
浸透した水分が逃げないように働きかけてくれます。

「自分に合うかどうか不安」という方もいると思いますが、
25日間の全額返金保証もついているので、気軽に試してみると良いですよ。